【Twitter】二次創作ハッシュタグを使うとき注意すべきマナー

「Twitterで二次創作をしてるんだけど、ハッシュタグを使って同じ趣味の人と繋がりたい」

「でも二次創作ってグレーゾーンだし、ハッシュタグってホイホイ使ってもいいのかな…?」

という人向け【二次創作のハッシュタグを使うときの注意点】について。

今はSNSでごく普通に二次創作を目にすることも増え、感覚が鈍くなっている人もいるかもしれない。

もちろん自分も、二次創作というものに対する感覚がマヒしてるなと感じることがある。

大前提として、

  1. 二次創作は法律的にグレーゾーンである。
  2. 二次創作を嫌う人もいる。
  3. 表現がどぎつい作品は、オリジナル・二次創作に関わらずTwitterにアップしてはダメ。(以下のリンクを参照)
センシティブなメディアに関するポリシー
ツイートするメディアをセンシティブな内容として設定する方法など、Twitterにメディアを投稿する際のガイドラインについて説明します。

という3点があると思う。

「そんなの全部当たり前じゃん」って感じなんだけど、自分は普段、つい忘れがちになってしまう。

あと、「二次創作って言っても、どぎついBLじゃないし公式タグ付けてもいいでしょ? 二次創作が苦手な人もこれくらいなら平気でしょ?」という考え方もちょっとどうなんだろうと思うときがある。

既存のキャラを使って原作にないことを描く(・書く)ことは全て二次創作なわけだから、ファンアートを描いてTwitterにアップすることも厳密に言うなら二次創作になるわけで。

(いにしえのオタクなので考え方が古いのかもしれませんが、ご容赦ください)

上の3点を踏まえた上でそれでもTwitter上で二次創作をするなら、どんなことに気をつけたらいいのだろうか。自分も含めて悩んでいる人って多いんじゃないだろうか。

この記事では"二次創作のハッシュタグを使うときの注意点"について、"自分が"心がけていることについて書いている。

※SNSでの二次創作に慣れていらっしゃる方にとっては当たり前なことばかりです。

【Twitter】二次創作ハッシュタグを使うとき注意すべきマナー

このブログでは何度も書いていることだけど、固定のマナーなんてものはないし「絶対にこうすべき」というルールもない。

ジャンルにもよるし、ジャンルの中でもその界隈のマナーやルールというものもあるだろうし、さらに時代によって"常識"はどんどん変わりゆくものだからだ。

ただ「今までのSNSと二次創作の歴史でこういうイザコザが起こったりしてきたから、こういう点に注意すると波風が立ちにくいかも」と自分は考えている、という話です。

作品名のタグやキャラ名のタグは使わない

まず、上で書いたように、二次創作というのはおおっぴらに堂々とやるものではない。

なので二次創作のイラストを投稿するのに、公式の作品名やキャラ名のハッシュタグを使うことは避けたほうがいいんじゃないか、という考え方もある。

というのは、タイトルやキャラのフルネームそのままのハッシュタグをつけると、二次創作が苦手な人の目にも入ってしまうから。

公式の情報を求めて公式の作品名タグで検索してきた人が、どぎつい二次創作イラストを見てしまって嫌な思いをする、ということが起こりうる。

起こりうるというか、こちら側の目に入っていないだけで日々起こっているはず。

だからこそ「二次創作うざい、きもい、違法のくせに」と定期的にもめごとになってしまうのだと思う。

あとはCP名も。「二次創作をしないファンもけっこう普通に略称として使っているので、SNSに二次創作絵をアップするときハッシュタグで使わないで!」という声もたまに見かける。

難しいことなんだけど、2020年10月現在においては"ジャンル内でメジャーな二次創作用のハッシュタグがあるなら、それを使う"というのがベストなんじゃないかと個人的には考えている。(「#○○ファンアート」とか。)

これはそれぞれの界隈で違うので(また変わっていくものなので)、ジャンルのまわりの様子は最小限うかがっておくようにはしている。

また、こういった二次創作用のハッシュタグをつけることで、二次創作が苦手な人はそのタグごとワードミュートするという使い方もできる。

こうしてミュートしておけば、もしフォローしている誰かがRTしてもいいねしても自分のTLには現れない。

二次創作固有のハッシュタグをつけるのは同好の士のためにもなるし、逆に「二次創作は見たくない」という人のためにもなるのだ。

pixivなど他創作系SNSから誘導するのがおすすめ

「自分のジャンルにはそういう二次創作用のハッシュタグがないんだけど……」という場合もあると思う。

それでも同好の士と積極的につながりたいというときは、pixivなどの他創作系SNSから誘導するという方法が取れる。

pixivでは二次創作を見たくて検索する人が多いんじゃないだろうか。少なくとも、公式の情報を求めて検索する人はいない(と思う。)

さらに、一般のタグといわゆる腐タグが分かれていたりと、タグがかなり細分化されている。

Twitterよりはまだ"ファンアートが見たい人"と"CPのある作品が見たい人"が棲み分けできているので、嫌な思いをしたりさせたりすることも起きにくい。

また、適切なタグをつけることで特定のキャラやCPが好きな人にも見つけてもらいやすいし、逆にこちらからも見つけやすい。もちろん苦手な要素のあるタグを見ないという使い方もできる。

それに、pixivなどの創作系SNSには「とにかくいっぱい二次創作を見たい・読みたい」という目的の人が多いので、そういうフォロワーさんをTwitterに誘導することで熱心に絵も見てもらえる。

この場合、フォロワーさんは全てpixivから来てもらうようにして、Twitterは非公開アカウントにしてしまうという運用もできる。

非公開アカウントにしてしまえば"二次創作が苦手な人の目に触れてしまい、嫌な思いをさせてしまう"というリスクがかなり減らせる。

世のため人のためとかではなく、私は自分自身が気を揉みたくないからという理由で非公開アカウントにしています。

いまさらSNS時代は止まらないので

正直今さら、ここまでSNSや二次創作文化が発達してしまった時代において「Twitterで二次創作は一切禁止! じゃあ今からやめましょう!」みたいなわけにはいかないと思う。

そうなると、Twitterで最低限の配慮(作品名やキャラ名をそのまま使わないとか、ミュートしやすいように二次創作用のハッシュタグをつけるとか)をしながら作品をアップしたり、非公開アカウントにしたり、また二次創作が嫌いな人はハッシュタグをミュートしたりと、お互いに工夫して、お互いに快適にSNSを使っていく必要がある。

二次創作が嫌いな側からすると「そもそも二次創作やってる奴らが違法なのに、なんで私たちが自衛ミュートしなきゃいけないの!」となると思う。

けどこれは二次創作だけの話ではなくて"見たくないものは自分でミュートする"というSNSの使い方をしていきたい時代なのかな、という気がするのです。

特に我々二次創作をする側の人は「そもそも法律的にグレーなんだ」「二次創作を見たくない人もいるんだ」ということを定期的に思い出さねばな……と感じている。

※pixivの他、pictBLandなどの二次創作しやすいSNSを併用するのもいいかも。

イラスト・小説SNS pictBLand
pictBLandはイラスト・小説の投稿や閲覧が気軽にできるBLが好きな人のためのイラスト・小説コミュニケーションサービスです。イラスト・小説を書きたい!他の人の作品を見てみたい!そんな方にオススメするサービスです。
タイトルとURLをコピーしました