【イラレ】AdobeCCを安く使う方法とおすすめ本【フォトショ】

「仕事で使いたいけど、イラレやフォトショってどうやって身につけたらいいんだろう……」「イラレやフォトショはどれくらいのレベルまで使えればいいの?」

とAdobeソフトを敬遠しちゃってる人向け、【Adobe IllustratorやPhotoshopは基本ができればOK。そのためのおすすめ書籍と、安くAdobeCCを使う方法】について。

イラレとフォトショは基本さえ身につければOK。おすすめ参考書籍

イラレとフォトショってイラストの仕事をするには必須なソフトだけど、「使いにくそうで身につけるのが難しそう」というイメージを持つ人も多いかもしれない。

イラレは特に【ベジェ曲線】というものを使うので、要領を理解するまで思ったような線が描けない。

また、機能が多いために「複雑すぎて把握しきれない! こんなの使いこなせないよ!」と混乱することもあるかもしれない。

でもイラレもフォトショもまずは基本さえ身につければ仕事はできる。

むしろ"基本だけ把握してあとはやりながら随時覚えていく"と割り切るのがいいと思う。

「こういうときどうすればいいんだ?」と思ったら参考書籍を見たりググったりすれば、それほど難しいことはない。

基本が学べるおすすめ書籍『しっかり入門』シリーズ

Adobe Illustratorの関連書籍はいろいろ出ているけど、一冊でOK。

私がおすすめするのはこちら、『Illustratorしっかり入門』。

『しっかり入門』のタイトル通り、超初心者にも分かるようていねいに解説されている。

漠然と読むだけではなく実際にイラレを操作しながら一つ一つやってみると、この本の分かりやすさが身にしみると思う。

『Photoshopしっかり入門』と合わせて手元にあると「こういうときどうすればいいの?」と困ったらすぐに参照できる安心感がすごい。

個人的にもう一冊おすすめなのは『Illustratorジャパンメソッド』。

同じくイラレ初心者向けの書籍だけど、和のモチーフに特化した一冊。

和紋を実際に描きながらイラレの基礎が学べる。

「基礎をちまちまやるだけじゃ退屈!」な人や、「今すぐ使える和柄デザインをしたい」という人に。

印刷についての知識を深められる『入稿データのつくりかた』

イラレやフォトショの使い方が分かっても、それだけでは仕事にならない。

不備のない入稿データを作るには、印刷についてもある程度把握しておく必要がある。

でもこれが印刷会社によって見事にバラバラ。

【特色】が使えるケースと使えないケース、【スミノセ】をどうするか、【トンボ】をどう作るか……など、今まで自分がやってきたのと違うやり方を指定されることも多い。

そこで私が参考にしているのが『入稿データのつくりかた』。

入稿するときの基本的な注意点から、二色刷りのデータや同人グッズの作り方まで解説してくれてある。

全部まるごと覚えようとするのではなく、必要なときに必要な部分を参照する、という使い方がいいと思う。

入稿データってチェックしておくべきポイントが多くて毎回不安になってしまうよね……。

これ一冊手元にあるとかなり心強い。

Adobe CCの費用は通信講座で節約できる

もしかしたら超初心者さんの中には「Adobe CC(Adobeクリエイティブクラウド)自体を使ったことない」という人もいるかもしれない。

昔はイラレもフォトショも買い切りのソフトだったけど、今は月額料金を払うサブスクリプション方式になっている。

ただ毎月となるとやはりお値段が張る。

例えばIllustrator単体だと、1ヶ月2,480円。

コンプリートプラン(Adobeソフト全部セット)だと1か月5,680円。

「イラレの練習のためだけに月額料金を払うってのもなあ……」という人は、通信講座でAdobeソフトを全部まとめて学びつつ、Adobe CC代を節約することができる

例えばデジタルハリウッドの【Adobeマスター講座】だと、3ヶ月のAdobe講座+Adobeコンプリートプラン1年分込みで39,980円。

Adobeコンプリートプラン1年分って単純計算で、

5,680×12ヶ月=68,160円

なので、39,980円はかなりお得。(デジタルハリウッドでは学生向け価格で使えるのでこの安さなんだそうだ。)

3ヶ月の講座でざっくりイラレをマスターしてクラウドソーシングなどで仕事を請け始めれば、1年分の学費をまかなうことも十分可能だ。

Adobe CC代を節約したい人や、「独学じゃ身につくか不安だな」という人には、通信講座もおすすめ。

Adobeマスター講座を詳しく見てみる

イラレとフォトショは使えるようにしておこう

仕事でイラストを描くならイラレとフォトショはどうしても必要になってくる。

「でもAdobeって難しそう……」と敬遠する人も多いので、それゆえにAdobeソフトが使えればかなりのアドバンテージになる

イラストの仕事をしたいなら、ぜひ身につけておきたい。

タイトルとURLをコピーしました