イラストを売ってみたい人向け、コミッションサービス【SKIMA】

「自分のイラストを売ってみたい」

「絵を仕事にするまでは考えてないけど、有料で絵を描いてみたい」

と思っている人向け、【それならコミッションサービス『SKIMA』を使うのがおすすめです】という記事。

絵を仕事にしたいってほどではないけど、得意な絵でお金をもらいたいという絵師は多いんじゃないかと思う。

日本ってなんか知らんけど「絵が描ける人は世のため人のために無料で描くべき」って考え方が根強い。

Twitterに「有料でイラスト描きます」なんて書いた日にゃ、「たかが絵でお金を取るなんて!」「素人のくせに絵を描いて金を稼ぐなんて何様?」みたいに反感を抱かれがち。

なので絵師さんには【SKIMA】というサービスをおすすめしたい。

イラストを売ってみたい人向け、コミッションサービス【SKIMA】

海外にはコミッションサービスという文化がある

日本では絵が描けない人が絵師に対して「絵を描いてよ」って気軽に言うわりに、お金を要求するとブチ切れるというなんともおかしな風潮がある。

それに対して海外では、「お金払うから絵を描いて!」という感覚が一般的。(というかそれが当たり前だよね)

これが【コミッション】(注文、依頼、頼みごと、みたいな意味)という文化。

日本でも、スキルがある人にお金を払って依頼する文化が一般化すればいいよね、ということで作られたのが【SKIMA】というサービスなのだ。

依頼から納品までの流れ

まず【SKIMA】に登録して、"出品"する。(出品ジャンルを登録してサンプル画像をアップする。)

自分のイラストはもちろん、同人誌のロゴデザイン、オリジナルのキャラクター、オーダー小説なども出品することが可能。

購入者さんから"購入申請"が来て"承認"すればお仕事開始。(このとき"拒否"もできる。

制作にあたって、確認事項やラフなどは"トークルーム"で個人情報を晒さずに行える。

期日までに納品する。

売り上げが反映されるので、振込申請をする。

こんな感じで、けっこう気軽にイラストを売ることができてしまう。

個人情報は安心なのか気になるよね

Twitterで仕事を募集すると、メールアドレスや銀行口座などを相手に伝えなきゃいけないのが不安……という人も多いんじゃないだろうか。

【SKIMA】みたいに仲介サービスをはさむことで、個人情報は依頼人には渡さなくてすむ。

また、"トークルーム"というチャットシステムがあるのでラフや確認事項もそこで済ませることができる。

支払いが滞ることもない

また、個人で仕事をしていていちばん大きな問題なのが"未払い"。

私自身も、以前はこの未払い問題にめちゃくちゃ悩まされていた。

3回くらい督促メールを出して、「明日払います!」と言ってそれっきりとか。

規定以上の直しに対応したため追加料金を請求したけど無視されたとか。

イラストのギャランティーってびっくりするほど踏み倒されるので、個人対個人で仕事を受けない方がいい。

その点こういったサービスが仲介に入っていると、未払い問題も起こりにくい。(【SKIMA】さんが自分の代わりに督促してくれるので)

「あ、この程度でもいいのか」って思えるよ

【SKIMA】に登録してまわりの出品者さんを見てみると、悪い意味ではなく「これくらいのレベルでもお金を取っていいんだ」と思えるのもメリット。

もちろんめちゃくちゃ上手い人もいるけど、そういう人はやっぱり分かっているので価格設定も高め。

逆にめちゃくちゃ上手いわけじゃない人も、価格設定を下げることで常連さんが付いてくれたりしている。

絵描きって「すっごく上手くなきゃ絵でお金なんかもらっちゃだめ」と思い込みがあるけど、実は世間はそこまでのクオリティを期待していない。

自分から見たらまだまだなレベルでも、欲しがってくれる人は意外といるので。

そこらへんの市場感覚をぜひ感じてみてほしい。

フリーマーケット感覚でイラストを売ってみよう

「イラストを仕事にする」というと「そんなの自分には無理かも……」「初心者だしやり方わかんないし……」とおじけづいてしまうけど、コミッションサービスというのはまた別モノ。

そもそもは海外の文化なので、

「この絵柄、超クール! お金払うからアイコン描いてほしい!」

「いいよ! 2000円ね。ラフはこんな感じでどう? 何色が好き?」

「最高! それでお願い! 背景は青系がいいな」

「了解! じゃ青系に仕上げるね。1週間後に納品します!」

まあなんかこんな海外ドラマみたいなノリで始めてしまえばよい。(口調はアレだけどあくまでもノリの話)

みんなイラストの仕事に壁を感じすぎていると思う。

絵描きみんなコミッションを経験してみて、「イラストでお金をもらうって別に特別なことじゃないんだな」と感じてほしい。

そうしたら「イラストでお金もらうの楽しいな、仕事にしてみよう」とか「副業で絵の仕事やってみよう」ってもっと気軽に思えるはずなので。

【SKIMA】をくわしく見る

タイトルとURLをコピーしました