イラスト描くならデジタルとアナログ、どっちが有利?

紙と鉛筆で描くイラストには独特の味や良さがあるが、主流はデジタルイラストになってきている。

「うーん私もそろそろデジタルで描いた方が良いのかな?」

「時代に取り残されてしまうのでは?」

とモヤモヤしているアナログ絵描きさんもいるのではないだろうか。

アナログイラストとデジタルイラスト、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみた。

アナログイラストのいいところ

いつでもどこでも電源不要で描ける

紙と鉛筆、それからペンやコピックを使う人もいるだろう。

こんな感じの、小さな水彩絵の具セットを持ち歩いている人もいる。

電源不要でいつでも描ける、これは意外と便利なことだ。

「締め切りまぎわにPCや周辺機器の調子が悪くなって新刊落とした!」とか、「絵を描きたいのに停電になって何もできない!」なんてこともない。

また紙相手だと目が疲れにくい。

液晶タブレットを使っている人などは特に近くで眩しい画面を見るので、眼精疲労が紙の比ではない。

アナログでイラストを描くことは(比較的)目に優しく、また自然に優しい。

アナログにしかない味、価値がある

今はデジタルイラストでも、かなりアナログで描いた雰囲気が出せる。

ぱっと見「紙とペンで描いたのかな」と思っても、紙っぽいテクスチャやアナログタッチのペンツールだった、なんてことも。アナログにしか見えないような、水彩タッチのブラシツールもある。

だけど、「アナログイラストの方が価値がある」と考えている人は年齢問わずけっこう多くて、

「デジタルだと温かみがないから自筆で描いて欲しい」

「友人へのプレゼントだからPCじゃなく手で描いて欲しい」

と言ってこられることもある。

「デジタルでも心を込めて手で描いてるし、自筆なんだけど……」とは思うけど、それだけアナログには「特別感」があるのだろう。

世界に一枚だけ、というのもありがたみがあるのかもしれない。

アナログイラストの不便なところ

作品としてSNSにアップすると汚く見えやすい

スケッチブックやクロッキー帳に描くだけなら問題ないが、SNSに「作品」としてアップする場合、どうしても汚く見えやすい。

今はスマホで写真を撮ってpixivやTwitterにアップできてしまう。

スマホの画像調整はPhotoshopなどほど高機能ではないので、影が入ったり、「ゴミ」(絵に関係のない汚れのこと)がそのままだったりする。

そうするとやはりイラスト全体が暗ぼったく、グレーがかって、雑・拙い作品に見えがち。

だからと言ってスマホで明度を調整して白く飛ばすと、タッチの良さなども全部飛んでしまう。

あと斜めから(使用画材を添えたりして)撮ったりする人もいるけど、それだとイラストが歪んでしまって、これも見る人の視覚的ストレスになる。

人によっては、アナログをスマホで撮ってアップした作品は目がすべって飛ばしてしまう、ということも。

pixivやTwitterで「いいね」がつかないという人は、こういうパターンもあるかもしれない。

仕事を請けるのに不利になる

「アナログイラストしか描けない、描かない」という場合、どうしても受けられる仕事の範囲が制限される。(もちろん、大御所イラストレーターのような人は別として。)

最近ネットで請け負うような仕事は、ほとんどデジタルイラストが求められる。

ブログ用イラストやYouTube用の広告漫画、お店や企業のロゴ作成、Vtuberのキャラデザなどなど、加工されることが前提なので、データがデジタルでないと話にならない。

逆に、アナログが喜ばれるイラストの仕事というと、結婚式のウェルカムボードとかプレゼント用の似顔絵。

「温かさ」「手作り感」が大きな付加価値になるジャンルだから、手描きイラストの人気は根強いのだ。

しかし、仕事の間口が狭くなることは否めない。

デジタルイラストのいいところ

紙がなくても描けて、紙ゴミが残らない

たくさん描く人、長年描いている人は、描いたものの処分に困ったことがあると思う。

全部取っておくわけにはいかないし、処分するのも恥ずかしいし。

もちろん全部大切に取ってある人もいるのかもしれないけど、自分の場合は、オールデジタルで描くようになって紙を使わなくなったのはかなり助かった。

紙に描けば電源不要で自然に優しいが、デジタルで描けば紙不要で自然に優しい。

ソフトのいろいろな効果を使うことができる

CLIP STUDIOやSAI、Photoshopなど、優れた機能のあるソフトがたくさんある。

最近よく見るものだと、線画の色を塗りに馴染むよう変えたり(色トレス)、人物が光を浴びているように仕上げたり(グロー効果)と、プロっぽい感じ、アニメの画面っぽい感じなどいろいろできる。

普通の手描き技術ではできないような効果を付与できるので、上手く使えば作品の質も高まる。描いていてワクワクするし、モチベーションにもつながる。

デジタルイラストの不便なところ

楽を覚えてしまいがち

デジタルイラストを描くようになって、自分は紙にペンで一発描きができなくなった。

デジタルにはUndoがあるので、一本の線を何度も描き直せる。それで楽を覚えてしまったなと思っている。

あと、デジタルは反転できるので、簡単に歪みをチェック、直しができてしまう。

昔は紙を裏から見て、歪んでたら一から描き直し……をするしかなかった。このへんも楽を覚えてしまったなと感じる。

楽が悪いとか、楽すると下手になるというわけではなくて、Undoや反転に慣れてしまうとアナログで描かなきゃいけないときに苦労するかも、ということ。

自分の絵が上手い気がしてしまう

ソフトによっていろいろな便利な効果もあるし、絶妙な「入り」のペンツールもあるし、つい自分の絵が上手く見えてしまう。

それがワクワクやモチベーションにつながるのはいいのだけど、自分の絵のアラが見えなくなってしまう可能性もある。

自分の絵のアラが見えなくなると、「こんなに上手く描けてるのに評価されない」と不満に感じたり、何ヶ月かあとに見返したらデッサン狂いまくりで上手いと思ってた落差で恥ずかしくて全消し、なんて事態にも陥る。

ソフトの便利さや効果が楽しい分、自分の絵に対しては一層自覚的でいる必要があると思う。

アナログでもデジタルでも結局は自力で描くしかない

ハイスペックのPCを買ってPhotoshopやCLIP STUDIOをインストールしてもそれで絵が描けるわけではないし、上手くなるわけではない。

たまに「PCじゃなくて手で描いて」と言われるけど、PCだって手で描くしかないのだ。結局はその人の力量が問われる。

アナログで上手い人はデジタルでも上手いし、アナログで描けない人はデジタルでも描けない。

(デジタルで上手くてもアナログだとイマイチ、という人はいる。)

「デジタルとアナログ、どっちが有利か?」ということならば、上に述べてきた通りだ。

ただ、

「どっちが上手く見えるか?」ということならば、

デジタルは「小手先の加工でごまかして一瞬上手く見せる」くらいはできるかもしれないが、それだけ。(しかもごまかせるのは主に自分だけ。)

「ちょっとでも自分の絵を上手く見せたい」という目的なら、デジタルに移行してもがっかりするだけだろう。

だから「仕事を請け負うわけじゃないし、絵を描くためだけにPCやタブレットを買いたくない」というなら紙に描いても全然いい。

SNSにも、ほどよい画面のきれいさでアップすることを心がければ、上手い絵ならきちんと目を惹く。

それぞれに良さがあるので、必要に応じて使い分けられれば理想だと思う。

タイトルとURLをコピーしました