「絵は上手い下手より性癖で勝負」とは具体的に何をしたらいいのか。

「なかなか絵が上手くならないし、誰にも評価してもらえなくて、創作仲間もできない。上手い下手じゃなく性癖で勝負したいけど、どうすればいいのか分からない」

という人向け【上手い下手じゃなく性癖で勝負するって具体的にどうすればいいのか】という記事。

今はSNSでちょっと検索すれば、絵が上手い人なんて無限にいるし上を見たらキリがない。

プロでさえそう感じているのだから(というか、プロだからこそさらに上の世界を知っているのだとも言える)、一介のインターネットお絵描きマンである我々が"上手さ"で勝負していくのは無謀なんじゃなかろうか。

プロだって単に絵の上手い下手だけではなく、その人にしか描けないもの、その人の強く愛してこだわっているものを貫いているからこそ、たくさんの人に刺さっていくわけだ。

そう、上手い下手ではなく"何を描くか"。つまり性癖で勝負していくことになる。

この記事では、

  • 性癖ってなんなのか
  • 性癖で勝負するって、具体的にどうしたらいいのか
  • 性癖を貫くと絵も上手くなる話

について書いていく。

「絵は上手い下手より性癖で勝負」とは具体的に何をしたらいいのか。

まず、性癖って不健全な意味の言葉じゃないよ

性癖って言うと「私は全年齢対象の健全な絵しか描かないのでそんな下品なことは関係ありません!!」と思ってしまう人もいるかもしれないけど、そもそも【性癖】は不健全な意味の言葉ではない。

性癖(せいへき)とは、人間の心理・行動上に現出する癖や偏り、嗜好、傾向、性格のことである。近年は性的嗜好・性的指向を指す文脈で使われる場合が多い。

その人のパーソナリティに根ざし、生活スタイルを方向づけるような行動傾向を指して用いられるのが本来の用法である。

Wikipedia 【性癖】

つまり、その人がどんな性格で、何を好み、ときにこだわり、それによってどんなふうに行動を起こすか、みたいなことが【性癖】だ。

絵を描くことで言えば"自分の中のもの、自分の好きなものを描く"ひいては"自分の読みたいものを自分で描く"ということになると思う。

例えば私のまわりの絵描きの【性癖】について

「自分の描きたいものを描く」というと途端にボヤッとしてあいまいなきれいごとになるので、例として私のまわりの絵描きの【性癖】について挙げてみようと思う。

「マッチョなキャラが好き。筋肉ってガッチガチだと誤解されるけど、いい筋肉は柔らかいんです! だからいかに筋肉をふっくら描くかなんですよ……。ふっくら柔らかいみっちりした表現を一生追い求めたい、まだできる、筋肉ってもっとふっくら描けるはず……!」

「(二次創作で)この二人が両片思いからお互いの気持ちに気づくまでのことを何通りも何度でも何パターンでも描きたい。あらゆる世界線で出会って恋に落ちてほしい。」

「推しの眉毛が好き。眉頭と眉中と眉尻は流れが違うから色みも微妙に変えます。まなざしよりも眉毛の流れに色気を込めたい……。だって眉毛の一本一本に推しのDNAがあるなんてどんな神秘ですか??? 今の私になら推しのDNAすらも見える気がする、DNAすら絵に描ける気がする。眉毛ってね、そういうパーツなんですよ……。」

「推しキャラの装備、首元と手袋と胸当てが全部違う革だと思うんだよね。これってあの世界ではどんな家畜を飼って、どんなふうに利用していたかってことを想像できるでしょう? だから革って大事だと思うんだよね……革の描きわけを表現する=作品の世界を表現するってことになるじゃない?」(ちなみに幻水のフリック)

自分が何を好きで、何をどう描きたいか、という例としてこんな感じ。

たぶん彼らは「何を描いたらいいねが増えるか」とか「どう描いたらジャンルでウケるか」とかは考えていないと思う。

というかどう見ても考えていない。

そしてみんな絵が上手い。

「自分の【性癖】が分からない……」

「そうか、そういうことを描くのか! 私にもあるぞ!」という人はそれを追求する旅に出ればいいし、「自分にはそういうのってないかも。自分の【性癖】ってなんだろう……?」という人は探せばいい。

この世界には、コミック、映画、アニメ、写真、絵画、建築、ハンドクラフトや雑貨、植物、風景、それはもうありとあらゆる性癖の詰まった宝箱がある。

「私の性癖どこにあるかな?」とあらゆるものに興味を持って触れて開けていきたい。

【性癖】って最初から自分の中にあるものじゃなく、たくさんのものを見聞きして消化して、それの繰り返しで結晶化していくものだと思うので。

だってそうでしょう、人は生まれつき「やわらか筋肉フェチ」なわけでも「眉毛フェチ」なわけでも「革の描き分けフェチ」なわけでもないでしょう。

【性癖】がはっきりとある人はみんな何万回も砂をさらって、その果てにキラッと光る砂金を見つけているはず。

【性癖】を見つけると自然に画力も上がっていく

【性癖】つまり「私はこれを愛している。これを絵にして伝えたい」というものがあると、「そのためには、私にはこの技術が足りないぞ」ということがはっきりしてくる。

例えば「リーマンパロが大好きでどのジャンルでも描き続けているけど、いまいちスーツの構造がわかってないからいつもごまかして描いちゃうんだよな、なんとなくは描けるんだけど……。でももっと自分の性癖に寄り添うようなスーツを描きたいぞ! 何より自分が読みたい!」みたいなことが起こってくる。

そうするともう性癖に駆り立てられちゃってるから、

描かないと死んじゃうくらい取り憑かれてる状態だから、

「描けない……」とか口で言ってる暇もなく先に体が動いてしまう。

手が勝手に動いてAmazonでスーツのポーズ集をポチってしまい、手が勝手に練習してしまう……あ、このシワ描くと一気にスーツっぽい〜! 自分で描いといて性癖にギューン!! いい……! もっともっとスーツを上手く描きたいぞ……! みたいな現象が起きるのだ。

結果として画力が上がらないわけがない。

しかも本人は性癖バフがかかってるから、常にステータスキラキラ状態で疲れもなく効率よくテンション高く機嫌良く描き続けることができる。

そのループに入ってしまえば自動で画力アップしていくことになる。(自動じゃないけど自分で描いてるんだけど、もうこれ実質自動みたいなものでしょう)

まずは「自分の描きたいもの」を見つけること

「描きたいものはいくつかあるけど、そこまでな感じじゃないな……」

「好きなものはあるんだけど、描けないから……」

という場合、それはまだ【性癖】と言えるものではないのかもしれない。

だったらむりやり「私は○○が性癖だからこれをがんばるんだ!」と思わなくていいんじゃないかな……。それはきっと空回りして疲れてしまうので。

インプットを続けていれば誰しも何かのタイミングで「どうしても描きたい!!」に出会ってしまうと思う。

その「描きたい!!」はいくつ出会ってもいいし、途中で変わってもいい。

【性癖】はいくつあってもいい。

今「何を描きたいか分からない」「何を描いても上手く描けなくていやになり、中途半端で諦めちゃう」という感じなら、性癖バフが切れているのかもしれない。

そういうときはもう一度「描きたい!!」に出会うために、【性癖に出会う旅〜とにかくなんでも吸収していくキャンペーン〜】を開催するのもいいかもしれないです。

タイトルとURLをコピーしました