「100日後に死ぬワニ」炎上に学ぶTwitterの共感ビジネス

「100日後に死ぬワニ」という漫画作品がTwitterで話題になり、そして炎上した。

最終回に主人公のワニが死んだと同時にグッズや映画化、いきものがかりとのコラボPVなど、メディアミックスが次々と発表され、それを仕掛けていたのが大手広告会社だった、という経緯があったからだ。

この一件は、良くも悪くもTwitterが「共感ビジネス」であることを示しているように思う。

多くの人の共感を得ればバズり、共感を裏切れば炎上する。

Twitterでイラストや漫画を描く人にとって学ぶ点がとても多い。

なぜ「100日後に死ぬワニ」がここまでバズったのか

まず、どうしてこの作品がここまでTwitterで話題になったのか。

見る人の共感を得るポイントが多かった

この作品は、作者の方が亡くなった友人のことを思いながら描いた作品だという。

親しい人の死というのは、人にとって最大の共感ポイントだ。

ペットあるあるや子育てあるあるも共感されやすくバズりやすいけど、世の中にはペットを飼ったことがない人もいるし未婚の人もいる。

その点、ある程度の年齢なら、親しい人を亡くしたことのない人はいないだろう。

つまり、ほぼ100%の人が「わかる!」「私も!」と感じるテーマだということだ。

実際、「自分の亡くなった家族のことを思い出しながら読みました」というリプライも多く見かけた。

「わかる!」「私も!」はTwitterで最も大事な反応で、これがないといいねもRTも伸びないし、当然バズらない。

ということを以前書いた。

ヘタウマな作風は共感されやすい

また、作風がいわゆる「ヘタウマ」だったこともバズるポイントだったと思う。

まあ主人公がワニだし、ほのぼの4コマだし、デフォルメ絵になるのは当然だけど、これがそこそこ画力の高い絵だったらここまでバズらなかったのではないかと思う。

「絵は下手だけどテーマが良いね」とか「絵は下手だけど訴えてくるものがある」とか「絵が下手でもいい漫画ってあるんだね」みたいに、ちょっと上から褒めてあげられるので、共感しやすく嫉妬を抱きにくい。

ヘタウマなデフォルメ絵が結局いちばん売れるのよ、という記事はこちら。

【絵柄】リアルとデフォルメどちらが有利?【決め方】
自分の絵柄はどうやって決めていけばいいの?リアル絵とデフォルメ絵はどちらが有利?などの疑問について自分の考えを書いています。

ある程度流行ると、同調圧力に負ける

フォロワーがこぞって「ワニくんほろっときたー!」「私も死んだおばあちゃん思い出したー(絵文字)」と話題にしていると、自分も読まなきゃいけないような気がしてくる(らしい)。

感動モノを避ける人は冷たいと思われてしまうし、なんとなく違和感を感じつつも周りに流されて読んでいた、という人もそこそこいるようだ。

あとは芸能人がTwitterで話題にしていたりして、「とにかく流行ってますよ感」があった。

これが感動要素のないただのギャグ漫画なら「そういうの好きじゃないから」とスルーもできるだろう。

しかし、100日後に死ぬと決まっている主人公に対してそう邪険なことは言いにくい。

大人しくみんなにならって読んでおくのが無難な流れだったと思う。

その他もろもろの要素

また、100日後に主人公が死ぬことがわかっており、「最終回で感動できるはず」という期待があった。

最終回で主人公が死ぬ、という感動(?)が約束されていたわけである。

これが単に「100日連続でワニのほのぼの4コマを掲載しますよ」ということなら、ここまで期待値は高まらなかったはずだ。

あとは、新型コロナウイルスでたくさんの人が暇を持て余しながら家にいた、ということ。

不安な生活の中、毎日のよりどころ、気持ちの支えにしていた人も多いだろう。

必要以上に共感を得てしまった、というのも、のちに炎上がひどくなった原因かもしれない。

・「親しい者の死」は最大の共感ポイント

・誰もが上から褒めやすいヘタウマな作風

・同調圧力に屈して読んでいた人も

・最後に必ず感動できるという保証がある

とにかくバズる要素しかない作品だったのが分かる。

Twitterでマンガやイラストを投稿してもいいねがつかない、という人は、ちょっと参考にしてもいいかもしれない。

ではなぜ、ここまで炎上したのか

しかしこの作品は、Twitterでバズって終わりではなかった。

急激なビジネス展開があったとは言え、ここまで「炎上」してしまったのはなぜなのか。

今まで書いてきた通り、Twitterは「共感ビジネス」だ。

つまり、作者と読者は、「親しいものの死」を共有する対等な立場。

これは大事なことなのだけど、読者はなぜか、作者と対等でいようとする。(なんなら読者はちょっと上から褒めたりする。)

特に、紙の雑誌で連載を持っているようなスター漫画家ではなく、同じTwitterという土俵にいる作者。

そんな彼が日々、亡くした友人を思いながら綴っていた漫画。

これは読者にとってこの上なく「共感できる身近な作品」だった。

「自分は大手メディアに踊らされず、SNSでこういう素敵なものを見つけちゃうんだもんね」という自尊心や、作品に対して「自分が発見した宝物だ」というような気持ちもあったかもしれない。

それが、「実は対等ではなく大手広告会社がついていて、メディア展開も前から決まってました」となると、「ああ、ぜんぜん身近な作品なんかじゃなかったんだ……」と感じてしまうのは無理もない。

どこから広告会社が関わっていたのかは分からないが、「共感ビジネス」でバズらせるまでは大成功だったものの、「共感ビジネス」をしているという自覚が足りず、最後の最後に大失敗してしまった。

「共感ビジネス」で始めたんだから、最後まで「共感ビジネス」を心がければここまで炎上しなかった。

読者やファンも言っていることだけど、例えば初七日までは間を開けるとか、途中でメディアミックスやグッズ化の話が出ていることを少しずつ明かしておくとか。

自分たちは「共感ビジネス」をしているんだ、人々の共感の上にお金を発生させようとしているんだ、という自覚があれば、ここまで炎上しなかっただろうと思う。

クリエイターが金儲けするな、というのは間違い

「クリエイターは金儲けするなっていうのか」「仕込みで何が悪い」という声もある。

いや、クリエイターだって仕事なので、描いたらお金が発生して資金や仕事が回っていくのは当然だ。

絵や漫画だってそもそも「共感ビジネス」で、人の情に訴えてそれを商売にしていく。音楽だってそうだろう。俳優やYouTuberだってそうだ。

しかし、我々はそういう仕組みが分かっているので「あの俳優、いい人の役やって稼いでるけど昔不倫したよね、まあドラマは見るけど」とか「あのミュージシャン、愛とか恋とか歌ってるけど略奪婚じゃん、まあCDは聴くけど」と、日々、清濁合わせ飲んでいる。

ワニの件は、Twitterに潜む共感ビジネスという歴史の浅いシステムを突いてきたため、ビジネス臭を見抜けずに「騙された」と感じる人が多かった。(逆に、ビジネス臭を見抜けていた人は腹も立たないだろう。)

これがもし、最初から「メディアミックスを視野に入れた新しい試み!」などと宣伝していたなら、間違いなく炎上はしなかった。

そのかわり、ここまで共感を呼び、バズることもなかった。

共感ビジネスは、諸刃の剣なのだ。

この大炎上を教訓に、Twitterにおける共感ビジネスのさじ加減はきっちり学んでおくべきかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました