「あの人絵が下手なくせにいいねが多いのはなぜ?」と思ってしまったら

Twitterを見ていて、

「なんでこんな下手な絵にいいねがいっぱいついてるの?」

「こんな下手な絵にいいねの数で負けて悔しい!」

と思ってしまう人向け、【ちゃんとTwitterで交流できてる?】ということについてまとめた。

「あの人、下手なくせになんで?」という気持ちを抱いてしまうってこと自体、あまり精神状態が穏やかとは言えないだろう。

結論から言うと、

「Twitterでいいねが多い人は、ちゃんと交流をしている。」

よく言われることだけど、この意味を誤解している人が意外と多い。

交流ってどういうことなのか、なぜ交流が大事なのか

その本当のところについて、まとめてみた。

Twitterでいいねが多い人は交流をしている

Twitterでいいねをたくさんもらう人は、日頃からフォロワーと交流をしている。

なんて言うと、「えー……交流は苦手なんだけど……」とか「それって結局いいね返し狙いでしょ?」とか「そうじゃなくて、私は私の絵で評価されたいんだよ!」と反発を感じる人もいるだろう。

でも、そう感じてしまう人は、もしかしたら"Twitterは自分の作品を見てもらう場"だと勘違いしていないだろうか。

そうじゃなくて、Twitterは相互コミュニケーションをする場、なのだ。

絵を見る人もコミュニケーションをしたい

Twitterはコミュニケーションのツールであって、「自分の絵を発表して、一方的に見てもらって、褒めてもらう場」ではない。

絵を描く人が「自分の絵を見てほしい」と思うと同時に、絵を描かない人も「自分の話を聞いてほしい」と思っている。

※「そんなの分かってるよ」という人は、ここから先は読まなくても大丈夫。

それが分かっていれば、「自分は交流苦手でできない」と思っていても実はきちんとできていると思う。あまり悩まずに画力を高めたり、良いものをインプットする時間に充ててほしい。

絵を描く人はつい、「絵を描かない人は表現したいことや言いたいことが無い人なんだな」と思ってしまいがち(!)だけど、みんな絵を描いていないだけで言いたいことや表現したいことはある。

一方的に「私の絵を見て! そして褒めて!」と思っても、人はこちらを見てはくれない。

Twitterに限らず、自分の話ばっかりしている人は嫌われてしまうよね……。

そうじゃなくて、お互いに話したいことを話し、聞いて、相手の気持ちに共感する。

それが「交流」だ。

(絵を描いて投稿する人から見れば)受け手に見える人たちも、みんな自分の話を聞いてほしい、自分の存在を認識してほしいのだ。

Twitterの交流ってどうすればいいの?

「交流って言われても‥‥ホイホイ絡みにいけたら苦労はしないよ」と思うよね。自分もそうだからよくわかる。

「うざくないかな」「誰こいつと思われたらどうしよう」「わーさっきのリプなれなれしすぎたかな?」「あーやっぱ話しかけない方が良かったかも……」

ってどぎまぎしてしまう。わかりすぎる。

でも、そうじゃなくて。

交流と言っても、何もフォロワーに、

「おはようございます(絵文字)今日もいいお天気でよかった(絵文字)チビちゃんのお熱どうですか?(絵文字)◯◯さんも無理せず今日も前向きに(絵文字)」

みたいなリプを送りつける必要はないと思うのだ。むしろうざい。

いいね返しを狙ってテンション上げて絡みに行きゃいいってものじゃない。むしろうざい。

もっともっと簡単で、シンプルなことだ。

交流とは、誰かの呟きに興味を持つこと。

突き詰めればそれだけだと思う。

何かしら感じるものがあればいいねをしたり。

勇気と元気とタイミングがあるときだけ「あ、それ私も経験あります!(といいねをそっと添える)」なんて簡単なリプをしたりするだけでもりっぱな「交流」。

相手も絵を描く人なら、その絵のいい部分、自分では描けない表現などを見つけてみる。もし勇気と元気とタイミングが合えば、「ここが好きです」とさりげなく伝えてみる。

これは交流でもあるし、自分の絵のスキルにも大きくプラスになる。

つまり、対等な人と人同士として、自然につながっていればそれが「交流」なのだ。

絵を通してコミュニケーションをする

また、いいねの数は「上手いね」の数ではなく、「わかる〜!」の数だ。

だから、見る人が反応しやすいイラストを描くといいねも増える。

例えば、

「犬が雨上がりの畑でゴローンってしちゃった!」というイラストを描く。

それに対して犬飼いさんフォロワーが、「あーうちのもやるやる! それは好きな匂いを体につけているそうですよ」とか「うちの子もドッグランでそれやって、そのまま洗いに行くハメになりましたよ」なんて反応をして、「へえー、そうなんですね、体がかゆいからかと思ってました!」なんて返信したりして、犬飼いさんたちのいいねやRTが増える。新たな犬飼いさんフォロワーも増える。そうするとまたいいねが増える。

そしたら犬以外のイラストも興味を持ってくれたり、「犬の絵であなたを知ったんだけど、あなたの絵どれも好きだなあ」なんて言ってもらえたりする。

いいねをたくさんもらう人は、ごく自然にTwitterで交流をしつつ、イラストを通してもごく自然にコミュニケーションをしている。

逆に、コミュニケーション不全なイラストばかり描く人もいる。

"俺得"なんて言葉があるけど、「描いてて自分だけが楽しい絵です」「他の人には伝わらないでしょうけど」と開き直っていたり、人に見せることを前提としない鉛筆の雑なラフばかりアップしたりというのは、「交流する気はありません。自分は好きに描くので」と言っているようなもの。(と受け取られてしまう。)

当然いいねをもらいにくい。

※俺得イラストが悪いわけではない。絵なんか自分の好きなように描いて好きなようにアップすればいいのだから。ただしいいねを期待するのは的外れということ。

好きな人の描いた絵は感情移入もしやすい

それから、「基本的に、人は他人の絵に興味なんかない」ということも忘れてはいけないことだと思う。

いくら上手くても、絵を描かない人にとっては上手いとか下手とかってあんまり分からないし、どうでもいい。興味がわかないのだ。

「こんなに上手い絵なんだからみんなが振り向くだろう」なんてないない。

何か感想を求められてもスゴイネガンバッテカイタネ(棒読み)しか言いようがない。

だから上手い下手より、好感を抱いている人物が描いた絵かどうか、で判断されるのも当たり前。

自分のかわいい子どもが描いた絵なら隅から隅まで眺めてしまうけど、どこかの知らない子どもが描いた絵なんか全く興味は湧かないのと同じ。

つまり、相互フォローだけど全く交流がなく、「この人ってなんで相互なんだっけ?」みたいな人よりも、日頃からほのかに交流をし「何となく感覚も合う気がするし、何となく好きだな」と感じている相手の絵に興味を持つ。

別に好感度を稼げ、ということではない。

いいねというのはそういうもんだってこと。言い換えればその程度の指標でしかないってことだ。

その絵にはあなたの知らない「上手さ」があるのかも

「こんな下手な絵になんでいいねがいっぱいつくの?」という疑問を持つ時点で、その絵を「下手だ」と判断してしまっているのも問題かも。

絵のうまさというのはひとつではない。

構図、色彩、描きこみの細かさ、その絵が表している世界、人物の表情、光の表現、流行り……絵の要素というのは、それはもう多岐に渡る。

【絵の上手さ】のバリエーションについてはこちらの記事にまとめている。

自分の母親は絵を描かない人だけど、いわゆる【ヘタウマ】でブレイクしているイラストを見ると「どうしてこんな絵が流行っているの?」と疑問に思うようだ。

しかしいわゆる【ヘタウマ】作品というのは「こんな線は技術で狙って描けるもんじゃないよな」とか「このへんを描くのがんばったんだろうな」「ワンパターンだけど、きっとこの色合いが好きなんだろう。この人の味になってる」とか、ハッとさせられることも多い。

あなたが単に「下手くそ」と感じる絵にも、あなたの意識していない「良さ」があるのかもしれない。

絵柄には流行りもあるから、「なんだこれへんちくりんだな」と感じたその絵も、あなたの知らない流行なのかもしれない。(あなたが流行遅れなだけかもしれない。)

絵の良さを正確に語るのは、美大の先生だってできないことだ。

他人の絵を「下手くそ」と決め付けてしまうのは、そもそも無理があると言える。

他人のいいねの数に悔しくなったらすべきこと

「なんであんな下手くそが……」というのは、抱いていてもあんまり快い感情ではないと思う。

もしどうしてもモヤモヤしたら、こんなふうに考えてみてほしい。

  • いいねは「上手いね」ではなく「わかる〜!」
  • 人は、上手い絵ではなく、好きな人が描いた絵にいいねする
  • 自分がその絵の良さを分かっていないだけかも?

Twitterでもっとたくさん自分の絵に興味を持ってほしい、と思うなら、一方的に見てもらいたがっていてはムリ。

他人の呟きに興味を持って、心のつながりを持つこと。

そして、「なんだこのヘタクソ」と思うような絵でも、あなたよりも多くいいねって言われているわけだから、「この絵のいいところってどんな部分なんだろう」と考えてみたり、もし「あ、ここがいいんだな」と発見があれば本人に伝えてみたりする

それが「交流」だ。

そしたら自分の絵にもフィードバックできるし、むやみに相手を憎んでカリカリすることもなくなる。

「いいね」をしてくれる相手は人間で、その人も「自分の話を聞いてほしい」と思っているということを意識すると、SNSでの振る舞い方も変わってくるのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました