【Twitter】イラストにいいねがつかない理由【pixiv】

「いいねが全然つかない!」

「なんであの人はあんなにいいねがつくの? 私のほうが上手いのに!」

という苦悩を抱いている人向け、【いいねをされにくい理由は、イラスト以外に理由があるかも?】ということについてまとめている。

そもそもいいねってどういう気持ちでつけるのかというと、「分かる〜!」とか「私も同じ!」という"共感"でつけるもの、という記事はこちら。

Twitterでの「いいね」は「上手いね」って意味じゃない!
自分ではそこそこ絵が上手いと思うのにTwitterであまりいいねがつかない、とモヤモヤしている人のために、いいねの正体は絵のうまさではなく"共感"なのではないか、ということについて分析した記事です。

いいねがもらいにくいタイプの絵というのも、やっぱりあるよ、という記事はこちら。

この二つの記事は"イラストそのものに理由がある場合"について書いている。

けど困ってしまうのが、"そこそこ絵が上手いのに、イラストには何も問題がないのに、なぜかいいねがつかない"という場合。

客観的に見ていても、そういう人って確かにいる。

それって、絵ではなくて他に理由があるのかもしれないよ、ということについて書いている。

ネガティブ発言が多い人にいいねはしにくい

普段から「下手ですみません……」「全然上手く描けなくて……」とSNSで言っている人をけっこう見かけるけれど、SNSやイラストに限らず、ネガティブな人はどうしても距離をとられてしまう。

あと学校やリアル友人の愚痴や悪口が多い人も、「関わったら私も悪口言われるかも」と敬遠されやすいと思う。

言い訳を付け足さない

「なんか体のバランス失敗しちゃった、でももったいないから載せたいし、でも体のバランス悪いの指摘されると傷つくなあ……でもせっかく描いたし見てほしい……」

そういうときに「体のバランスおかしくてすみません……」とか「ちょっと体が下手なんですけど……」とか「あーぜんぜん下手だわ……」とか、言い訳キャプションを添えたくなってしまう。

とても分かる。

しかしそれって、受け取る側にしてみれば、

「見て欲しい、あわよくば褒めて欲しいけど、体のバランスにツッコミは入れて欲しくない。悪いところはスルーして、いいところだけ見て欲しい。」ってこと? ということになる。

別にそうは思っていなくても、相手には「うーん、めんどくさいなあ」と伝わってしまうこともある。

あと、「自分で失敗したって言ってるし、いいねするの失礼かな……」とフォロワーさんから思われることもある。(これはけっこうある)

繊細な絵描きさんが「上手くないのわかってるのでいいねしないでください……逆に傷つきます」と言ってるのを見たことがあるけど、そんなこと言われたってまわりは困惑してしまうだろう。

もちろん「満足いくイラスト以外投稿するな」という意味ではない。

ちょっと納得いかなくてもせっかくだからアップしとこ、も全然アリだ。

だけど、

「あわよくば、いいねがほしい」という下心が強いようなら、

「ここを指摘されたら嫌だなあ……」と思ってしまうようなら、

アップするのはやめておきたい。自分がモヤモヤ、ガッカリしないために。

褒めてくれた人を否定しない

そこそこ上手い人に多く見かけるのが、せっかく褒めてくれてるのにそれを否定するおへんじ。

「色使いすてきです!」→「いや、適当だし全然きれいに塗れなくて……」

「とても可愛いイラストですね」→「そんなことないです、ワンパターンな顔しか描けなくて……」

つい謙遜したくなるのは本当によくわかるけど、勇気を出して「あなたの絵が好きです」と言ったのに否定されてしまった側はどう感じるだろう。

「じゃあもういいねつけるのよしたほうがいいのかな……」「コメントすると嫌がられてるみたいだし、関わらんとこ」ってなるのは仕方ない。

絵を描かないROMのみなさんは、絵を描く人を素直に「すごい!」と思っていいねをくれたり、文章をあれこれ練って感想をくれたりすることが多い。

それを全部否定していたら、そりゃ離れていってしまうだろう。

かまってちゃんをしない

Twitterでは「私の絵が好きな人はRT」みたいなハッシュタグが回ってくることがある。

SNSの使い方は人それぞれだし、楽しく使っているならそれで構わないと個人的には考えている。

けど「かまってちゃんみたいで嫌悪感がある」「かまってちゃん系ハッシュタグ使った人はミュートかブロックしちゃう」という層が一定数いることを知っておく方がいいと思う。

「かまってちゃんのつもりで使っているわけじゃないのに!」と思うかもしれないけど、そう受け取られがちだということ。

そもそも「私の絵が好きな人はRT」って、本人は周りのポジティブな反応を見たいだけだし、周りにしてみれば試されている気がして面白くはない。かまってちゃんでなければ何なの? ってことになる。

そもそも、絵を描く人たちはそういうノリが苦手なことも多いと思う。

相互フォローなのにRTしないと、「誰々さんは私の絵が嫌いなんだ……」「誰々さんだけRTしてくれないってことはミュートされてるのかな……悲しい」とか愚痴り出されたり。(あなたも困った経験あるでしょう)

「この人のイラスト好きだな」と思っていた人がかまってちゃんハッシュタグを発動した途端「うわ……こういう人だったんだ」と距離を置かれることもある。

自暴自棄になって宣伝をしない

あと、他の方の投稿に「ステキなイラストですね! 私のイラストも見てください!」とURLをバーンと貼ったり、「あなた様のイラストが好きです! フォローしたのでフォローしてください」などとコメントをしたり。

「ああ、この人は宣伝のために私の絵にコメントしたんだな……」と思うと、あまりいい気はしないはず。

まわりから見ても、「うわぁ……この人グイグイ宣伝してる」となってしまう。

いいね欲しさの行動って、どうしてもそのクレクレ根性が相手に伝わってしまう。

あとはヤフー知恵袋に「中2でこの絵って下手ですか?」みたいな投稿も黒歴史になるのでやめた方がよろしい。

いいねをもらいやすい人とは

上に述べてきたように、イラストじゃなくて、その振る舞いでいいねがもらいにくい人がいる。

ということは逆に、イラストのクオリティうんぬんより、その振る舞いでいいねを多くもらいやすい人もいるのだ。

コンスタントに描いて投稿している人

ちょこちょこ描いては上げ描いては上げしていると、当然ながら人の目に留まりやすくなるので、いいねがつきやすい。2、3日に一枚とか、多ければ毎日とか。

一つの絵に数ヶ月かけてじっくり取り組むから投稿は半年に一回、という人もいるかもしれない。

けど、目まぐるしく次々作品が上がっていくSNSにおいてはどうしても不利になる。

あと「半日かけて下書きしたけど気に入らなくて一からやり直してます」とか「色塗りに2週間かかりました」とか言われると、「……うーん、そんなにがんばって描いてるのか〜、すごいですね」と思うけど、だからっていいねにつながるわけではない。

そもそもいいねって軽い行為なので、「1ヶ月かけて描きましたという絵にハートポチッで済ませていいのか……? よし、見なかったことにしよう」となることも。

軽やかに描いて軽やかに投稿されたものには、やはり軽やかにいいねをしやすい。

「あんな落書きにいいねがいっぱいついてるのはどうして!? ムカムカ!」みたいなことがよくあるけれど、落書き=さらっと楽しく軽やかに描いた、いいねしやすいイラスト、ということなのかもしれない。

自己満足ができている人

自己満足っていい意味に使われないことが多いけど、とても大事なこと。

「思いついた絵を描いた〜! 自分が描きたかった感じで描けたぞ、満足! 〜完〜 あ、でもせっかくだからみなさんも見る???じゃあアップしとくね」みたいな、自己満足ができている絵っていいねがたくさんつく。

描いた人が自己満足していることで「チラッチラッ誰か褒めてオーラ」も「下手ですみませんオーラ」も出ていないので、フォロワーさんたちは安心していいねができるのだ。

「そんなことない、ちゃんと自分の絵に満足できてるよ!」と思うかもしれない。

けど、「いいねがつかない……」と悩んでしまっている時点で、正しい「自己満足」ができていないということになる。

共感しやすいキャプションを書く人

同じ絵、例えば気の強そうな女性のイラストを描いたとして、

例1「(キャプション無し)」

例2「気の強そうな女性を描きました。見てください」

例3「こういうハーフアップの女性にグッとくるんです! 仕事できる感じで好きなんですよね〜、まとめそこねた髪がちょっと耳にかかっているのがツボなんです。普段キツイけど本当は寂しがりで、1人になるとぬいぐるみに話しかけたりする子なイメージで描いてみました。」

例3のように具体的にキャプションを書いてあると、「あーわかるわかる!」と共感しやすい。

また、描いた人がどんな気持ちで描いたのか、って見る側にとっては意外と大事だ。

テンション高く描いたならテンション高く反応しようってなるし、何か重くて深い気持ちで描いたなら重々しく反応しなければ、となる。空気読めない人と思われたくないから。

SNSとかコミュニティで「アップされた絵に対して、間違った反応をしちゃいけない」という気持ちが強いんじゃないかなと思う。

まあそんなの気にしなくていいんだけど、「こんな気持ちでこんな設定で描きました」と正解がキャプションに書いてあることで、安心していいねやリプができる、という心理があるようだ。

ほしがるといいねは来ない

まとめると、

  • 上手く描けなくても言い訳をしない
  • 褒められたら素直にありがとう
  • お返し狙いで人を褒めない
  • まずは自分が楽しんでどんどん描く!

まずはいいねにこだわらず、自己満足を追求することが結局はいちばんの近道なのではないか。

幼児が一人で楽しそうに遊んでいると、なぜかまわりに幼児が増えたりする。

行列があると「何だろう?」と思ったり、群衆がどこかを指差していると「何があるのかな?」と興味が出たり。

大人も子どもも、「楽しそうだけど、それなあに?」という好奇心があるものだ。

最終的には、自分が正しく自己満足しながら、楽しくいっぱい絵を描くことが、たくさんのいいねを集める。

タイトルとURLをコピーしました