人の絵の粗探しは損。「良さ探し」をしていくことでメリットたくさん

「人のイラストの粗が目について、ついイライラしてしまう」

「自分より下手な人の絵を見ると、不愉快になったりバカにしたりしてしまう」

という人向け【人の絵の粗探しをすると自分にも損なので、意識して良いところを探すのがおすすめです】という記事。

自分は記事を書くとき"イラストについてGoogleではどんなワードで多く検索されているのか"というのを調べているんだけど、「Twitterに流れてくる絵がヘタクソでイラつく」とか「pixivのヘタクソな絵がウザい」みたいな人がけっこう多い。

他人の下手な絵に対してイラつく、そしてその絵にいいねがついているとさらにイラつく。

(「他人の下手な絵にイラついたこととかないけどな……」っていう人はこの記事を読む必要はないと思います。そのままのあなたでいて……!)

それだとほんとSNSやってるとしんどいし、「あの絵が下手!」「こいつ下手!」って批判的に見ていると自分の絵にも悪影響を及ぼしてしまう。

この記事では、

  • 人の絵を批判的に見ると損する理由
  • 人の絵の"良さ探し"をするコツ

について書いていく。

人の絵の粗探しは損。「良さ探し」をしていくことでメリットたくさん

アラ探しは損をする理由

「人の絵の悪いところを見つければ、自分の絵の改善につながっていくんじゃないの?」と思うかもしれないけど、なかなかそんなに簡単な話ではない。

人のアラを冷静に見て自分の絵に反映できる人は、たぶん「ヘタクソ イラつく」で検索なんかしないし、Yahoo知恵袋に「pixivにヘタクソな絵をアップする人って何様のつもりなんですかね?」とか書き込まないと思うのです。

批判的に考えると自分へのブーメランになってしまう

例えば「この人の絵、手の表情が未熟だな。あんまり手首の関節分かってないんだろうな。ヘタクソ」と批判的な眼差しで見ていると、自分が手を描くときに、その言葉が自分にぶっ刺さる。

私もさんざん自分のブーメランをこの身で受けてきた人間だから分かる。

「自分も偉そうなこと言って手の表情描けてないじゃん……練習しよ」と思えるなら全然いいけど、たいていの人は「やーめた! なんか絵を描くのつまらなくなってきた……私は才能ないんだ……あー画力欲しいーセンスほしいーあー下手でつらいー、あー最近絵を全然描けてないわー」ってなっていく。

他人に対して思った「ヘタクソ」が自分にぶっ刺さるのが痛いので、絵を描けなくなっていく。焦りが募っていく。「絵を描くのやめたい……でも自分の価値は絵だけしかないからやめたら生きてく価値がない……はあ……」ってなっていく。

これは極端な例だとしても、まあまあそこそこ地獄しか待っていない。

新しいものを吸収できなくなってしまう

「あの作品、流行ってるみたいだけど絵柄が嫌い!」「この絵師フォロワー多いけどどこがいいの? デッサンもおかしいし、見たくもない!」とか拒絶してしまうと、そこで吸収が止まってしまう。

私も流行っているものにパッと飛びつけず、いったん止まってしまうタイプなので分かる。

でも流行っている以上、その作品には世間が求めている何かがあるはず。

別になんでもかんでも迎合して真似して取り入れろというわけじゃなく、「世間はこの作品のどこらへんを求めているんだろう」と分析してみることは決して無駄ではないと思うんですけど、どうでしょう。

分析してみることで、どんな新しい発見があるか分からない。

自分の中に悪いイメージができてしまう

あと、電柱にぶつかる自転車理論っていうのもある。(正確な名称はあるのかどうか知らない)

自転車の初心者が「あ、電柱がある、どうしようぶつかるぶつかる……!」と思っているとなぜかぶつかってしまうというやつだ。

自分の中に大きく悪いイメージがあると、なぜかそこに向かって行ってしまうという心理。

ぶつからないまでも「電柱がある、こわい、いやだ、ぶつかりたくない、いやだいやだ……!」と思いながら自転車を漕ぐので、自転車に乗っていること自体に不快感を感じてしまい、乗るのが嫌いになってしまう。

絵の練習で言うと「あの人のあんな絵みたいになりたくない、線が多くてデッサンが狂っててさ、描き込んでる割に目が死んでるの、あーいやだいやだ、ああは描きたくない」と思いながら絵を描くのって全然楽しくないし、ちょっとでも「ヘタクソなあの絵の要素」を自分の絵に見つけてしまったら「ヘタクソ! 自分の絵が嫌い!!」となってしまう。

「良さ探し」をすると、他人のどんなことも全てヒントになる

粗探ししても得がない。

じゃあ常に人の絵の"良いとこ探し"をしていけば、逆の良い効果が現れるんじゃないだろうか。

とは言え、今まで人の絵の粗探しをするクセがついちゃっているとなかなか"良いとこ探し"も難しいかもしれない。

下手だなと思ってるのに嘘でも褒めるとかっていうのは意味がないし。

デッサン狂ってる絵に対して「デッサン狂ってるけどそれが良い! よっナイスアタリ! その狂い方はなかなかできないよ!」とは思えないでしょう。思ってもいいけど。これはこれで楽しいかもしれないけど。

そこで"良いとこ探し"をするコツとしては、

  1. 自分だったらこの発想ができただろうか?
  2. 塗りの手法やソフトの効果など、これは自分にもできることか?
  3. 自分なら、この絵を描くとしたらどう描くか?

こんな視点で見ると良いかもしれない。

一見自分より下手で大したことないように見える絵でも、もし一から自分が描くとしたらこのポーズを描けただろうか、この構図を思いつけただろうか、この表情を描こうと発想できただろうか……などなど。

これは知り合いのCM作ってる人が言ってたことだけど、テレビでCM見ると「俺だったらこのCMを作れただろうか? この発想ができただろうか?」と自問自答するそうです。だからバラエティ番組観て適当に笑っててもCMになると急に真顔で見つめちゃうんだって。

この考え方をしていくと、「これは私にはできなかった発想かもしれないな」とだんだん謙虚になってくる。

塗りの手法や時間のかけ方、ソフトのエフェクトの使い方も、「これは自分にもできることだろうか?」と考えてみる。

そして「私だったらこの絵を描くとき、もっと良くするためにはどう描くか?」と考えてみる。

実際に描かなくても「自分ならどう描くか?」と考えるだけでも効果はある。

新しいもの、知らないものに触れて「自分ならどう描くか」とシミュレーションすることは、センスを磨くコツでもあるのだ。

なんでも"快"が多いほうが捗るんです

「ヘタクソ!」「嫌い!」と思ってしまうと、それはあなたの中で障害物にしかならない。

それこそ電柱みたいに、ぶつかったら不愉快なモノ。ぶつかりたくないモノ。

けど、自分より下手(だと思える)作品も、ただの流行でなんの魅力もない(と思える)作品も、どんなモノもヒントをくれる存在なんだって考えてみると、自由に楽しくぶつかっていける。

当たると痛い電柱なんかじゃなく、フワフワの遊具みたいな存在になる。

当たり前だけど、何かをがんばりたいとき"快"の状態でいたほうが捗るので。

「ヘタクソな絵にイラついてTLやpixiv見るのが苦痛、限界、つらい……」という人は、

"自分だったらこの発想ができただろうか?"と考えてみるの、

もしよかったら試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました