「いいねを増やすには交流が必要」。だけどその意味を誤解してない?

「Twitterでいいねをたくさんもらうには交流が大切って言うけど、別に交流とかしたくない……」

「Twitterで交流って、どんなふうにすればいいのか分からない」

という人向け、【いいねに交流が大切な理由と、じゃあ交流って具体的にどうすればいいのか】について。

「Twitterでいいねがたくさんつく人は交流が上手い」とか「どんどん交流していいねを増やそう!」みたいな説をちょいちょい目にするけど、それは半分正しいけど半分は間違っていると思う。

この記事では、

  • いいねのために交流が大切な、本当の理由
  • 交流って具体的にどんなふうにすればいいのか

ということについて書いている。

交流するといいねが増える、その理由

結論から言えば、交流すればいいねは増える。

でもそれは馴れ合っていいねし合うからじゃなく、自分と自分の絵に興味を持ってもらえるからだ。

少し考えれば分かることだけれど、

興味のない誰かが描いたイラストより、興味のある人間が描いたイラストの方に興味を持つし、好感を抱くし、いいねする。

そもそも、人はそれほど他人に興味なんかない。

よっぽど上手い絵でもない限り、よっぽどその人の好みにドンピシャでもない限り、他人の描いた絵にもたいして興味は持たない。

これは本当に知っておいたほうがいい事実だと思う。

ただ、好きな人が描いた絵なら、そこまで上手くなくてもちょっと興味が湧くことがある。

好きな人ってどんな人かというと、普段交流していて身近に感じている相手だ。

交流って具体的にどうすればいいのか

Twitterで交流っていうと、「おはようございます♪」「体調大丈夫ですか?」みたいな、こまめな絡みが思い浮かぶかもしれない。

そういうのがしたい人はすればいいし、そういうのめんどくさい人はもっとウザくない交流をすればいい。

めんどくさくない、ウザくない交流のしかただってちゃんとあるので、それについて説明していく。

まずはフォロー・フォロワーの増やし方

その前に、大切なのがフォローとフォロワーの増やし方。

ここを焦るとTwitterライフはうっとうしいものになる。

ハッシュタグや手当たり次第でフォローしない

「フォロワーを増やすには、同じジャンルの人や絵を描いている人、つながりたいハッシュタグの人を手当たり次第フォローしましょう!」

……みたいな言説をよく見るけども、正直そんなのうっとうしくてかなわないよね。

有象無象をガバッと増やしても意味がない。

ハッシュタグでガバッと増やしたり手当たり次第フォローしたりすると、必ず合わない人が出てくるし、「あんまりこの人好きじゃないけどフォロワーさんの相互さんだからフォローしなきゃダメかな……」みたいな人付き合いに巻き込まれていく。(これ経験あるでしょう?)

楽しく交流するためには、こういうしがらみ本当にジャマ。

TLは自分の見たいものだけで埋め尽くす、これを意識するのがポイント。

絵が上手くてジャンルの大手でみんなフォローしてる人でも、ふだんグチばっかでうんざりするとか、飼ってるペットの写真ばっか(その動物好きじゃない)とか思ったらフォローしなくていい。

「この人のイラストを見たい!」「この人のつぶやきを見たい!」と思える人だけをフォローして、TLを心地よくすること。

そうすると興味を持ってTLを見られるし、自然にリプやいいねをしたくなる。

交流って結局それだけでいい。

これこそがTwitterの醍醐味、交流の醍醐味だ。

pixivからの流入を意識するといいかも

Twitter上には「とにかくフォロワーの数を増やしたい」みたいな人が多いので、そういうのと相互フォローになっても意味がない。

向こうはあなたを数の一つとしか考えてないので。

多分そんな人とつながってもあなたの絵には興味を持ってくれないし、いいねも最初だけ義理でしてくれるけどあと放置。

「私ってフォロワーの数にたいしていいねが少ないのでは……?」みたいによけい落ち込む。

その点、pixivなど創作系SNSから流入する人の場合は、本当に絵が見たくてフォローしてくれる人がほとんど

なので、ハッシュタグでドバッと増やすより効率は悪いけど、pixivからきちんとTwitterに誘導していくほうがいい、と私は考えている

現に自分の二次創作の鍵アカウントは、ほぼpixivからフォローしてもらった感じなんだけど、ブログ用アカウントに比べて画像クリック率・いいね率ともに10倍と、かなり高割合。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてほしい。

pixivからTwitterへ来てほしいなら、きちんと案内を載せておこう。

  • 検索して見てくれるユーザーのために、投稿には付けられるタグをきちんと付ける
  • プロフィールだけでなく、キャプションにもTwitterアカウントを明記する

pixivのプロフィール設定の〈SNS・連絡先〉という項目にTwitterアカウントを登録しておくのはもちろん、キャプションにも、

「Twitterもやっています。Twitterではほぼ毎日イラストを載せています。あとは日常のつぶやき、ご飯の写真など……」

みたいに自分のTwitterアカウントの紹介を書いておけば、「この人のイラストをもっと見たい」「この人の日常のつぶやきにも興味あるな」と思った人はフォローしてくれる。

最初から興味を持って流入してくれるので、最初からイラストに興味を持ってもらえるのが最大のありがたさ。

相手にとっても、Twitterならpixivより早く作品が見られるのはメリットになる。

やっぱWin-Winじゃなきゃダメなので。

あとは自然に交流できるはず

TLが好きな人だらけ、見たいイラストだらけ、となれば、あとは気持ちのままに「いいね」をしたり簡単なリプを送ったりしたくなると思う。

それがTwitterでの交流の全て。

「え、だってそれじゃ私からの一方通行じゃん」と思うかもしれないけど、こちらが相手に興味や好感を持つとそれはやっぱり伝わるので、相性もあるけど、相手も自分に興味や好感を持ってくれることが多い。

その結果として、自分のイラストに興味を持ってもらうきっかけにもなり、いいねをしてもらえるきっかけにもなる。

よく知らんハッシュタグで増産したフォロワーから100のいいねをもらうより、お互いに興味や好意のあるフォロワーさんから50のいいねをもらう方が、きっと一つ一つのいいねに感謝の気持ちが湧いてくるし、満たされると思う。

そもそもフォロワーに愛着がない(フォロワーをいいね要員としか思えてない)からこそ、いいねの数ばっかり気になってしまうんじゃないかな。

反応してもらいやすい絵を描くことも大切

「フォロワーは黙って私の絵を見ていいねしてよ」みたいな態度だとやっぱりそれは相手にも伝わってしまう。

けど自分の愛せるTLができたら、やっぱり投稿するときの意識も変わると思う。

フォロワーさんたちに喜んで欲しいな、と思えば「愚痴は言わないでおくか」と思えるし、投稿するイラストも心を砕いて描くし、なるべく見やすくアップしようと気も配れるようになる。

落描きはただの練習、独り言。一方通行になりがち

線が多くてざかざかっとしたイラストは無駄な情報が多いので、見る人の脳にストレスになる。

単純に「雑だな」という印象も与えやすい。

落描きやクロッキーはやっぱり"練習"。つまり自分のただの独り言で、一方通行になりがち。

自分のSNSだから何をアップしても自由だけど、ざかざか描いた落描きだけアップしていてもやっぱり反応はされにくい。(あなたさまの絵なら落描きでも尊いですぅーレベルの神絵師は別として。)

神じゃない絵師の場合は、丁寧な線できちんと仕上げたイラストをアップすることで、見てくれるほうもきちんと受け取ってくれる。

テーマがある絵を描く

単に思いつくまま描いた絵って、見る方にとっては何が言いたいか分からなくて反応できないこともある。

そこで大切なのが、テーマを決めて描くこと。

テーマというのは、"誰がどんな気持ちで何をしようとしている絵なのか"をハッキリさせること。

これがハッキリしていると受け取り手が「この絵で言いたかったことってこういうことですよね、伝わりましたよ!」と反応しやすい。

無言でイラストをアップするのもいいんだけど、テーマが伝わりづらいかなと思ったら「これこれこういうことを描きたかった絵です」と一言添えてもいいかもしれない。

自分のことを発信すれば、興味を持ってもらいやすい

あとよく言われるのが、「イラストだけじゃなく自分の日常についてのことも発信するといいよ」ということ。

今まで書いてきたように、人は興味がある相手のイラストに興味を持つ。

最初は知らない同士でも、普段のつぶやきを見ていて「この人、なんか面白いな」「気が合いそう」と感じれば、当然イラストにも興味を持ってもらえるということ。

よっぽど上手いとかでない限り、イラストだけを黙々とアップしていてもスルーされてしまうだろうし。

普段から「この人と仲良くなりたいな」と興味を持ってもらえるようなつぶやきをするのがいいんじゃないかな。

まとめ:まずは自分が愛せるTLを作ろう

「いいねがほしい」→「じゃあフォロワー増やせばいいんじゃね?」

で安易に数だけ増やしても、さほどいいねは増えないし人付き合いのしがらみでめんどくさくなるだけ。

SNS疲れなんてほとんどそれが原因だし、疲れるわりにいいねが増えるわけでもないのでよけい疲れる。

疲れるからよけい、いいねが少ないことにイライラする。

もっと楽しくTwitterを使うポイントは、

  • 自分が見たいアカウントだけをフォローし、愛せるTLを作る
  • フォロワーを増やすならpixivなど創作系SNSから誘導
  • 相手に好意を抱きつつ、自然な交流をするだけでいい

いいね要因として躍起になってフォロワーを増やすんじゃなく、まずは自分が愛せるTLづくりを心がけてみてほしい。

TLを見るのが楽しくなるだけじゃなくて、「この人に分かってもらえる絵を描きたいな」とか「あの人これ好きって言ってくれそう」とか、イラストを描くモチベーションも上がる。

身近な人に見てもらうことを意識して描いていると、自然にイラストにテーマも生まれるし、丁寧に描くし、「あの人にはこの手抜きが見破られそうだからもうちょっと描き直そう」とか、技術も向上する。

そうするとイラストの良さがまわりの人にも届くようになって、だんだんいいねの輪が広がっていく。

悠長なやり方に見えるけど、ハッシュタグ増産フォロワー増産よりも結局この方が近道だし、何より楽しいです。

タイトルとURLをコピーしました