動きのある絵はアクションだけじゃない。その考え方と練習方法について

「もっと動きのある絵を描きたいけど、どうやったら描けるようになるの?

「よく動きがあるイラストが上手いって言われるけど、別にアクションを描きたいわけじゃないんだよな……」

という人向け、【動きのあるイラストにもいろいろあるよ。その描き方や練習方法】についてまとめている。

動きのあるイラスト、というと、アクロバティックなポーズや効果線がたくさん入ったマンガ的な表現を思い浮かべるかもしれない。

でも、例えば読書をしている女の子を描くだけでも、動きのあるイラストとそうでないものははっきり分かれる。

当然、動きのないイラストはつまらないし、動きのあるイラストは生き生きして魅力的。

この記事では【動きのあるイラスト】って結局どういうことなのか、そしてその描き方、練習法についても提案する。

動きのあるイラストってどういうこと?

「動きのあるイラストを描けるようになろう」みたいなことよく言われるけど「動きのある」ってどういうこと? どういう意味?

たいていの人は、動きがある=アクロバティック(曲芸的な)、アスレチック(運動競技の)、と考えているのではないだろうか。

もちろんそういう要素もあるけどそれ以外にも、動きがある=ビビット(生き生きとした)、ライフライク(生きているような)、という要素が重要だと考えている。

生き生きとしていて、まるで生きているようなイラストを描くこと。

それってどんなイラストなのか、どうやって練習したらいいのかについて書く。

スポーツシーンやアクションのイラスト

スポーツやアクションシーンは、動きのあるイラストの王道。

説明するまでもない。動きがあるのは当たり前。

でも、「スポーツやアクションシーンを描きたいわけじゃないんだよなあ」という人も多いと思う。

そういう人は、以下に挙げることも参考にしてみてほしい。

何をしている途中か分かるイラスト

激しいアクションをしていなくても、何をしている途中なのか分かるイラストは、動きを感じられる。

ジャージのジッパーを留めようとして裾を合わせているとか、映画を観て涙をこらえティッシュに手を伸ばしているとか。

ポーズとしてはなんてことない瞬間でも、「人物が生きてるみたいだな」と感じるのではないだろうか。

逆に「動きがあるイラストを描きたい!」とみょうちくりんなポーズを描いてみたはいいが「これ何してんの?」「何このポーズ」ってキャプションに書きたくなったことはないだろうか。(私はある。)

これは動きがあるイラストなんかではなく「みょうちくりんなポーズを決めている人」を描いているだけだ。

例えばクロッキーモデルみたいなのは、動きがあるんじゃなく謎ポーズなだけ。

Art Model Images – Figure Drawing Reference Images (NON-NUDE SERIES DLDS #14) in 4K

(ちなみにこれはクロッキーモデルの動画集。人体を描く練習におすすめ。)

前後が想像できるイラスト

動きというのはその一瞬だけじゃなく、もっと長い一連のシーンの場合もある。

つまり、前後の文脈が想像できるようなイラストだ。

例えば"ソファで寝転がって雑誌を読んでいる女の子"みたいなモチーフ。

"その女の子が雑誌に夢中になっていて窓の外が暗くなっている"とかなら、目を近づけて読みながら、無意識で爪を噛んでいたり髪を触っていたりするかもしれない。

"その女の子が誰かを待っていて暇つぶしに雑誌を読んでいる"とかなら、ページをめくるのもおざなりで、片手にスマホを持っていじっているかもしれない。

派手なアクションをしていなくても、これも広い意味で【動きのある絵】だと言えると思う。

共通して言えるのは、"言葉で詳しく説明できるイラスト"ということ。

動きのある絵を描きたいと思うなら、そのキャラが今どんな気持ちで何をしている途中なのか、というのをきちんと設定してから描くと伝わりやすいはず。

思いつきやなりゆきで描いても、動きのある絵にはならない。

動きのあるイラストの練習方法

個人的には、自分はポーズ集みたいなのはあまり参考にならないと考えている。

単にビシッとポーズを決めているだけのモデルを見て描いても、当然「ポーズを決めているだけの絵」になってしまうからだ。

ポーズを決めているモデルではなく、動きの途中で止まった瞬間を切り取って描くのが最大のポイントになると思う。

話題のクイックスケッチで練習する

その点、立中順平氏の『たてなか流クイックスケッチ』は、スポーツやアクションなど実際に動いているモデルを描いたもの。

生き生きとしたスケッチ集になっているのでおすすめ。

この書籍に限らず、スケッチ集は見るだけではなくて模写していくことで初めて勉強になる。

クイックスケッチについてはこちらに詳しく書いた。

動画を一時停止して描く

実際のモデルに動いてもらい瞬間を切り取って描く、というのはスケッチ会にでも行かない限り難しいので、動画を使ってもいい。

例えば、男子のポーズを動画と静画で提供してくれているサイトがある。

http://boyspose.manpakudou.com

男子高校生がだら〜っと教室で過ごす自然な姿の動画なんかがあったりして、一時停止してスケッチできる。しかも全部トレスOK。

自然な動き動画で見られるという点でかなり画期的。

ただ、このサイトはたぶん腐女子の需要を想定しているんだろう、若い男性以外のモデルがいない。

若い男性以外を描きたい人は、自分の好きなテレビ番組や動画を一時停止したりして描くのもいいかも。(ただし著作権があるのでSNSのアップには気をつけて)

"動きのある絵"にもいろいろある

この記事では、動きにもいろいろあるということについてまとめてきた。

「動きがあるイラストが上手いって言われるけど、アクションを描きたいわけじゃないんだよな」とか、「スポーツ選手を描いてるわけじゃないし、動きとか関係ないよ」と思っていた人もけっこう多いんじゃないだろうか。

でも"動き"ってそればっかりじゃなくて、たとえじっと座って読書をしている人を描くのにも必要なこと。

普段のイラストに、動きを取り込むヒントになればと思っている。

タイトルとURLをコピーしました