初心者・未経験でも在宅で始めやすいイラスト副業の種類とその受け方

初心者・未経験者でも請けられるイラストの仕事ってあるの?

在宅で絵の仕事や副業をしたい、でもどこでどうやって請ければいいの?

な人向け【初心者・未経験の場合、クラウドソーシングサービスやコミッションサービスに登録してイラストの仕事を請けるのが早くて安心。Adobeソフトが使えると有利かも】という記事。

「イラストの仕事って美術・デザイン系の学校出た人じゃないとできないんでしょ? もしくはデザイン系の会社に勤務経験があるとかじゃないと難しいよね?」と思われがちだけどそうではない。

もちろん初心者・未経験からいきなりプロのアニメーターになるとかは無理だけど、クラウドソーシング系のサービスを利用すれば初心者でも初心者なりに請けやすい仕事というのもあるし、未経験でも仕事を請ける方法がある。そこから実績を積み重ねていくこともできるわけです。

自分も普通の大学しか出てないしデザイン系の業務経験も全く無し状態から、SNSをきっかけに10年ほどデザインのお仕事をさせていただいた経験がある。

この記事では、

  • 初心者でも請けやすいイラスト仕事の種類、いろいろある
  • 未経験で仕事を請けるにはクラウドソーシング系のサービスを利用する
  • そのために身につけておくと有利かもしれないスキル

この3点について自分の経験をもとに書いている。

※イラストが初心者レベルだとさすがに難しいけど、この記事を読んでいる人は「ある程度ソフトなどのスキルもあってそこそこイラストを描けるけど仕事としては未経験」という方々だと思うのでその前提で書いていきます。

初心者でもネットで請けやすいイラストの仕事

今はオンラインで完結することも多いので、初心者だろうが経験者だろうがネットで請けてネットで納品することがほとんどだと思う。自分も対面で会って仕事の打ち合わせをしたのは今まで一度しかない。

ネットで請けられるイラストの仕事、特にクラウドソーシング系のサービスでよく依頼される案件はこんな感じ。

webサイト用イラスト

まず企業や個人のwebサイトで使われる、挿し絵的なイラストレーション。

たとえば化粧品系の企業なら「化粧品の使い方や手順を説明する、手描き風ナチュラルテイストなイラストを○点お願いします」みたいな案件。

当たり前だけど、こういったイラストも誰かがどこかで請けて描いているのだ。

商品のLP広告用マンガやイラスト

商品をアピールするための宣伝用ページで【LP広告】というのがある。広告をクリックするとマンガで商品の説明があるページに飛んで、スクロールしていくと申し込みフォームがあるアレ。

ああいった原稿も企業内にマンガを描く人がいるわけではなくて(いる場合もあるかもしれないけど)、外注のことが多い。

企業から必要なラフを渡されて、それをマンガに仕上げるといった仕事。

ロゴマークデザイン

一般企業のほか、飲食店、小売店などのロゴマーク作成もよく見かける案件。

クラウドソーシング系のサービスだとコンペ形式で複数のデザインを募って、そこから最もイメージに合うデザインやクリエイターが採用されるという感じのことが多い。

マスコットキャラデザイン

ロゴマークの延長のようなもの。企業の他にも、飲食店や小売店、病院などもマスコットキャラを発注しているのを見かける。

YouTube用マンガ原稿

これもよく見かける、YouTubeマンガの原稿。「スカッとした話」とか「泣ける話」みたいなのを漫画から動画にするというもの。個人で動画制作をしている人からの依頼が多い。

ラフや絵コンテを渡されてマンガに仕上げるパターンや、シナリオだけ決まっていてある程度お任せのようなパターンもある。

TRPGキャラの立ち絵・背景・素材作成

最近ブームが再燃しているTRPGの素材作成。

ユーザーに若い世代が多いせいか、好みの絵を描けるクリエイターなら実績にこだわらないクライアントも多い印象がある。

電子書籍の表紙・挿絵

今は個人で気軽に電子書籍を出版できるので、その表紙や挿絵を発注する人もいる。

同人誌や同人CDの表紙・ジャケット・ロゴデザイン

同人誌のタイトルロゴ、またデザイン的な要素が強めになるけど装丁など。

漫画を描くのが得意でもデザインが苦手な人も多いので、外部に発注するケースもよくある。

※ただし「お金をもらって既存のキャラのイラストを描く」というのは二次創作ガイドラインに抵触する場合があるので案件によっては注意が必要。

個人アフィリエイト用のマンガ・イラスト

個人でアフィリエイトをしている人もまだまだ多いので、「運営するブログのイラスト素材や広告用マンガを描いてほしい」という案件もある。

似顔絵系

似顔絵と言っても一昔前のようなプレゼント用イラストは減ってきているかも。多いのはSNSアイコンやプロフィール用などの似顔絵。

主なクライアントはSNSを使って営業するフリーランスや個人事業主、YouTuberなど。「顔出しはしたくないけど顔は知られたい、親しみは持ってほしい」みたいな人たちのニーズに合う。

在宅でイラストの仕事を請けるには

そういった仕事をどこで請けられるのかというと、

クラウドソーシングサービス

クラウドワークス 』『 ランサーズ 』など。

コミッションサービス

ココナラ 』や『SKIMA 』『Skeb』など。

自分から提案するクラウドソーシング(企業からの案件多め)

クラウドソーシングというのは最近よく聞く業務形態で、

個人や企業が「こういう業務を○○○○円でお願いしたいです。」と案件を出してくる

それに対してクリエイターたちが自分のアイデアやイラストを提案

採用された人が仕事を請ける

こんな感じのコンペ形式が一般的。人気のコンペは難易度が高いけど、初心者でも十分挑戦できる案件も多い。もちろん自分から出品したり、実績を積んでスカウトを待ったりする使い方もできる。

自分の感じているメリットはこんな感じ。

  • 先方が料金を提示してくれるので安心。料金相場も肌で感じることができる
  • 企業案件など、普通にしていたら知り得ないような仕事を請けることもできる
  • 他クリエイターの仕事ぶりやスキルを見ることができる
クラウドソーシングについて詳しくはこちらにも書いています

有名どころのクラウドソーシングサービスはこの二つ。自分もこの二つに登録しています。

CrowdWorks(クラウドワークス)

Lancers(ランサーズ)  

受け身で待つコミッションサービス(個人からの案件多め)

もう一つ、コミッションサービスというタイプもある。コミッションというのはもともと海外の「絵が描ける人にお金を出して、自分の描いて欲しい絵を依頼する」という文化なのだそうだ。

※「絵を描いてもらうのにお金を払うのは当たり前では???」と思うけど、日本だと「絵が得意なんでしょ? タダで描いてよ……えっお金取るの!? 信じられない!」になるほうが多い。そこの不利益を解消してくれるサービスでもある。

なので「イラストの仕事を受注する」というよりは「有料でイラストをお願いされて描く」みたいなニュアンスが強い。

「いきなり仕事でイラストを描くなんて不安だよ……」という人には、まずこういう形式で試しにチャレンジしてみるほうがとっつきやすいかもしれない。

有名なところではスキルのフリマ【ココナラ】 個人間イラストオーダーメイドサービス【SKIMA】

【ココナラ】で詳しく見る

【SKIMA】で詳しく見る

SNSを併用することでさらに流れを良くする

SNSだけでイラストの仕事を募集している人もけっこういるけど、それだとなかなか苦労するかもしれない。仕事を発注したい人にしてみれば、SNSで探すよりクラウドソーシングなどクリエイターの素性がはっきりしているところで探した方が効率がいいし安心だから。

クリエイターにとっても、SNSでイラストの仕事を募集しても依頼が集まりにくいばかりか「納品したのに依頼人が音信不通」とか「料金を踏み倒された」みたいなことも起こりうる。またお金のやり取りのためには個人情報も渡さねばならず、そのへんも不安。

クラウドソーシングやコミッションサービスはクリエイターの代わりに請求業務をしてくれる(料金から手数料を引いた分がクリエイターに振り込まれる)ので、よけいないざこざに悩まされず業務に専念できる。

もちろんユーザーの多いTwitterで自分のイラストを広く見てもらうのは宣伝効果が高いので、「Twitterで知ってもらって、依頼してもらうときは『ココナラ』から」みたいに流れを作ると、お互いに個人情報も渡らないのでクリエイターも依頼人も安心。

※『ココナラ』の場合、逆はできないみたいです。『ココナラ』で目をつけたクリエイターさんと『ココナラ』外で連絡をとって依頼をするみたいなのはNGなもよう。そりゃそうですね、手数料取れなくなっちゃう。

身につけておくと有利かもしれないスキル

今はイラストの仕事を請ける場合ほとんどがデジタル。結婚式のウェルカムボードとかおじいちゃんおばあちゃんへの似顔絵プレゼントなど「どうしてもアナログで描いてほしい」という案件も無くはないけど、ほとんどの場合デジタルイラストが描けないことには仕事は請けられない。

たとえ「手描き風ナチュラルテイスト」のイラストであっても、デジタルデータとして納品しないとwebサイトにも電子書籍の表紙にも使えないわけで。

クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)

とにかく早さが要求されるので、仕事でマンガを描くならおなじみのクリスタ。

同じレベルのクリエイターなら、クオリティが安定していて手が早い方が良いに決まっているし、そもそもクリスタデータでの納品を要求されることもある。

ただ、基本が使えれば必要に応じて随時調べながらでも十分作業できるので、完璧に使いこなせる必要はない。

ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

書籍も多く、独学にも苦労しない。

イラレとフォトショ(Adobe IllustratorとPhotoshop)

また、Adobe IllustratorやPhotoshopのスキルがあるとなお有利。自分はたまたまIllustratorが使えたためにデザインの仕事を請けることができたけど、Illustratorが使えなければ請けられなかった。

クラウドソーシングで実際の案件を見ると分かる通り、ロゴデザインやジャケットデザインなどAdobeソフトを使うような業務はとても多い。Adobeソフトが使えれば請けられる業務がかなり増える、アドバンテージになる、ということでもある。

書籍を利用して独学で習得する(時間がある人向け)

特にイラレは多少クセがあるものの独学でも時間をかければ十分習得できる。自分もすべて独学で習得している。趣味に絡めて実際に何か〆切に追われながらデータを作って覚えるのが早いです。同人誌の表紙など。

初心者向け

初心者〜中級者向け

オンライン講座で習得する(早く身につけたい&Adobe CC代を節約したい人向け)

ただ、Adobe CCのコンプリートプランは月額5,680円。1年分だと68,160円(価格は変動があるので要確認)。この価格がネックで手を出せていないという人も多いんじゃないかと思う。

Adobe CC代を節約するには、Adobe認定パートナーのスクールを受講すること。一般向け価格ではなく、学生向け価格で使えるようになる。

たとえばデジハリオンラインスクールのAdobeマスター講座だと、3ヶ月の講座+Adobe CC1年分込み39,980円。かなりお得な講座、というかむしろAdobeCCがお得に使える裏技とも言える。

デジタルハリウッドのAdobeマスター講座

イラストの仕事は意外と間口が広い

自分も全くの未経験状態からデザインの仕事をさせてもらった身なので、「未経験でイラストの仕事なんかできないでしょ?」と不安になる気持ちがよく分かる。

でもクラウドソーシングに登録してざっと眺めて見るだけでも、「イラストを描いてほしい発注者ってこんなにたくさんいるのか!」とか「イラストの仕事ってこんなにバリエーションがあるんだ!」ということが分かる。経験者やプロでなくてもできる仕事や、とっかかりとして始めやすい仕事もある。サービスによっては、初心者限定で初心者に実績を積ませることを目的とした案件を出してくれることもある。

イラストの仕事ってたぶん一般的に考えられているより間口が広いので、迷っているようなら副業からでも気軽に試してみるのがいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました