【イラストの価格設定】修正・差分の追加料金、みんなどうしてる?

「仕事でイラストを描きたいけど、料金ってどうやって決めたらいいんだろう?」

「イラストの修正や表情差分は追加料金を設定するべき? みんなどうしてるんだろう?」

という初心者さん向け【仕事でイラストを描く場合の、追加料金を設定するコツ】についての記事。

イラストの価格の決まり方はこの二通り。

  • 相場を見て自分で決める
  • クライアントから「○○○円でお願いできますか?」と提示される

自分の場合は企業との業務提携だったので先方から提示されることがほとんどだったけど、SNSやココナラなどで自分のイラストを出品するような場合は相場を見て自分で決めることが多い。

自分で料金を決める場合、つい相場ばかりに気をとられがちだけど、修正が発生したときの追加料金や差分をつける場合の追加料金も設定しておくといい。

仕事も進めやすくなり、手間に見合った報酬を受け取ることができるからだ。

これはうまいこと決めておかないと、「無料で何度も修正させられて時間が取られ、新規の仕事が受けられなかった」「追加料金で表情差分をつけるサービスを始めたのに、売れ行きが悪い」みたいなことも起こりうる。

この記事では【修正・差分など、イラストの追加料金をなるべくうまいこと設定するコツ】について書いている。

【イラストの価格設定】修正・差分の追加料金、みんなどうしてる?

まずは相場の料金を把握

一言でイラストと言っても、サイズや用途、相手が個人か企業か、あとはデータの形式などによっても相場もまちまち。

まずは自分のやりたい業務の相場価格をリサーチしておきたい

昔と違って今は簡単に相場をリサーチすることができる。

『ココナラ』で相場を調べる

スキルのフリーマーケット『ココナラ 』には、たくさんの人が自分のスキルに価格をつけて出品している。

自分のやりたい業務を検索してみると、他のクリエイターさんたちがどんな価格設定をしているかの相場が分かる。

例えば"個人相手に似顔絵のSNSアイコンを描く業務をしたい"なら、 SNS アイコン でクリエイターを何人か検索して、どれくらいの価格を提示しているかがだいたい見えてくるだろう。

『クラウドソーシング』で相場を調べる

また各種クラウドソーシングサービス(『クラウドワークス 』や『 ランサーズ 』)では、参考価格が業種ごと業務ごとに提示されている。

また、その参考価格をもとに企業が「こういう業務を○○○○円でお願いしたいです」と具体的な案件を提示している。全部あけっぴろげで筒抜けです。

実際に仕事を請けるかどうかは別として、まず相場リサーチのためにいくつか登録してみるのもいいと思う。

※「自分のやりたい業務が分からない」「イラストの仕事ってどんな業務があるの?」という人はそこからのリサーチを。

イラストの価格を決めるときのヒント

相場はだいたい分かったけど、自分のイラストの価格を決めるのは迷ってしまう……という人もいるかもしれない。

「このクリエイターさんはSNSアイコン用の似顔絵一つ15,000円! 高い! でも上手いしこれくらい取れるんだろうな……一方こっちの人は3000円か。まああんまり上手くないし、それくらいが妥当かもね。うーん、じゃあ、私の絵ってどれくらいの値段をつければいいんだろう? 私の絵ってどれくらい上手いの?」

みたいな感じで。

上手い下手を客観的に判断して料金をするのは難しいので、そういうときはランク(キャリア)とスキルで見てみるといいかも。

ランクに合わせた料金設定にしてみる

クリエイターにはたいていランクがついていて、たくさんの依頼をこなしていい評価を得ていればランクが上がる。

例えば『ココナラ』だとこんな感じにランクのバッジが付いている。

ココナラHPより引用画像

クライアントもランクを見て相場を判断するので、まずは同ランクの人に合わせた価格設定にするのが無難。

「このクリエイター、レギュラーランクなのにやけに価格が高いな、信用ならん……」と感じられてしまうと、候補から外れてしまうことも。

実績を積んでランクが上がれば、それに応じて料金を上げていくというやり方ができる。

所持スキルに合わせた料金設定にしてみる

「ここでは初出品だけど今まで他のところで実績を積んでいる。ソフトもいろいろ使いこなせるからそれに見合った報酬が欲しい」みたいな場合は、所持スキルが同じレベルの人に合わせてみてもいいと思う。

Adobeソフトやクリップスタジオなど"使用歴が何年で、どれくらい使いこなせているか"というスキルの習熟度も、クラウドソーシングのプロフィールにはたいてい掲載されている。

ランサーズHPより、筆者のスキルページ

オプション料金を設定する

基本料金の相場を参考に自分のイラストの価格を決めたら、そこからオプション料金を設定をしていく。

オプション料金を設定するメリットとしては、

  • 手間に見合った料金を受け取れて、無理なく仕事を続けていける
  • 見積書のかわりになる

ということ。

例えば「イラスト一枚10,000円です」だと「高い! なんでそんな値段なの?」とぼったくり感を感じるクライアントもいるかもしれない。

でも「イラスト一枚、基本料金は3,000円。修正回数が2回以上の場合には1回につき1,000円の追加料金、凝った背景の場合は追加料金です」ということであれば内訳がはっきりするので、見積書がわりになる。

双方、料金に納得した上で仕事を始めることができるのだ。

極端な例です

自分の業務やスタイルに合わせて追加料金を決めておくことがポイント。

修正料金の決め方

まず修正料金は必ず提示しておくことをおすすめしたい。

仕事でイラストを描く場合、最も精神的にくるのが修正作業だと思うので。

無料で何度も修正をしているとその間は別の仕事も請けられなくなるし、クライアントのほうも正解がわからなくなってきて「あー……ごめんなさいやっぱいちばん最初ので(笑)!」みたいなことも起こる。

時間の無駄になるばかりか、とても精神的によろしくない。

修正の追加料金についてもプロフィールやサービス内容に明記しているクリエイターが多いので、相場とともにチェックしてみよう。

「○回までは無料で修正対応します」

よくある設定方法は「○回までは無料で修正、それ以降は一回につきいくら」みたいなもの。

ヒアリングの行き違いというのはどうしても起こりうるし、有無を言わさず「修正は追加料金をいただきます」と言ってしまうとクライアントも腰が引けてしまう。「サービスが悪いクリエイターだ」という印象も与えてしまいかねない。

もちろんクリエイターの中には「修正回数は無制限、納得いくまで無料で対応します!」みたいな人もいるのだけど、作業の許容量には個人差がある。

自分が無理なく対応できる範囲で設定しておきたい。

「無制限で修正します」というサービスを売りにするのもいいけど、作業に入る前のヒアリングを工夫することで修正回数を抑えるというやり方もできる。

修正の規模によってさらに追加料金を取ることも

場合によっては、「大規模な修正は(さらに)追加料金」という設定をしておくこともできる。

例えばラフでOKが出てデータを作成したのに「やっぱり顔の向きを変えてください」みたいな場合、"最初から描き直し"に近い手間がかかり、オプション料金で対応するのでは割に合わない。

「ポーズや顔の向きは変更できませんよ、変更するなら大規模な変更になるのでさらに追加料金がかかりますよ」ということもきちんとプロフィールやサービス内容に書いておく。

差分料金の決め方

最近当たり前のようにサービスとしてついてくる"差分"。

こちらも追加料金を設定するかどうか悩むところだけど、用途によっても決め方が違ってくる。

差分の種類としては、こういったものがある。

  • 表情の差分
  • 手の差分
  • 小物の差分
  • 文字入れの差分

※差分はデジタルなら簡単につけられるので人気のサービスだけど、もしアナログで仕事をしたい人の場合は手間がかかりすぎるので、どうしても差分サービスをつけたいなら労力と相談して決める。

最初から何点かセットにしておく方法

まず、最初から何点か差分をセットにして、それ込みの料金にしておく方法。

VtuberのキャラクターデザインやTRPGのキャラクター絵など差分ありきのものの場合、こういったセット販売はクライアントにとってもお得感があって嬉しい。

前もってたくさん差分を用意しておき(困り顔、笑顔、怒り顔、呆れ顔、ゲス顔などなど)、「この中からよりどり2点、お好きな差分データをお付けします」みたいな販売方法も。

これならまるまる描き下ろしではないのでクリエイターの負担も少なく、スムーズに仕事を進めることができる。

必要な場合だけ追加料金で提供する方法

逆に、SNSアイコンなど基本的に表情差分は要らないものもある。

無理にセットにしても割高感が出てしまうので、必要な人にだけ追加料金でといった形になるだろう。

「表情差分は要らないけど、ゲーム実況用チャンネルのアイコンとお絵描きチャンネル用のアイコンで小物差分が欲しい」というような需要はあるかもしれない。

用途に合わせて、クライアントの利便性を考えた上で、差分サービスを考えていくことになる。

その他、追加料金を決めておくといいもの

描く人数によって追加料金

当然だけど、人間を一人描くより複数人描く方が手間がかかる。

でも絵を描かない人の中には「せっかくだから複数人描いて。一枚の中に描いてもらうんだから料金は同じでしょ?」みたいな、詰め放題感覚の人もいる。

そこで「複数人だと追加料金になりますけど」と言うと「えー!! そうなの!? 何で!? ガッカリなんだけどー!」みたいになってしまう。

最初からしっかりと"人数を増やす場合は追加料金"を明言しておく。

追加の人間は別の絵として考えて、単純に倍の料金にしてもいいし、二人目からは8割の料金、とかでもいい。(まとめ買いだとちょっとお得システム)

背景の有無によって追加料金

これも当然だけど、背景を描くとなるとかかる労力がすごい。

けど「背景は城をドーンと描いてください」みたいな人もいる。

"背景を描く場合は追加料金""複雑な背景ならさらに追加料金"でもいい。

これも、"背景は別の絵だから、別に料金をもらう"と考えるといい。

複数な背景オプション(城とか?)には人物の倍以上の料金を提示するクリエイターもいる。

あとは、"一つの依頼に時間をとられてしまうので"、"自分の絵柄には合わないので"などと理由を述べた上で「背景は一切描きません」と最初からお断りしているクリエイターもいる。

印刷用データの有無で追加料金

例えばSNSアイコンを描くのでも、名刺にも印刷できる解像度の高いデータを含めてお渡しするとなると、かかる手間や経費は違ってくる。

もともと印刷用前提で描いているのか、印刷用データのためにわざわざIllustratorやPhotoshopに変換するのかによっても手間は変わるので、自分の環境に応じてオプション料金にする。

権利の譲渡の有無で追加料金

イラストを描いて販売しても、著作権はイラストを描いた人にある。

なのでこのままだと、購入者は二次使用ができない。

例えば結婚式のウェルカムボードで描いてもらったイラストを、グッズやハガキにもしたい、というようなことってあるでしょう。

こういう場合"権利を譲渡する代わりに追加料金"を取ることもある。

敢えてオプション料金という形にせずに、最初から料金に含めて"グッズやハガキへの二次使用もOKですよ"とする人もいる。(ウェルカムボードみたいなものの場合、二次使用を想定しておく方がスマートかもしれない)

※権利を譲渡すると厳密には自分のホームページにもサンプルが載せられなくなってしまうので、"サンプルとしては掲載させてもらいます"と注釈をつけておこう。

こんな場合は値下げ価格にしてもいいかも

追加料金を設定するのも大切だけど"こういう場合は基本料金から値下げします"という値下げ設定をしておくのも有効だと思う。

  • 得意な絵柄は値引きして、そのぶん数をたくさん請ける
  • HPにサンプル掲載許可をもらえる場合は値引きする
  • キャリアが浅いのでお試し期間は値引きする

これも客引きのために無理をして値引きするとかではなく、自分のできる範囲で。

"今"の"主流"のやり方を常にチェックしておく

イラストのような値段がつけにくいものの相場も、今はかなりオープンになっている。

どんどんリサーチしてどんどん真似していきたい。

また、主流のやり方というのはどんどん更新されていくものなので、他クリエイターのやり方が見えるサービスに登録しておき、ときどき覗いてみるといいかもしれない。

<登録しておくと便利そうなサービス>

ココナラ 』……ジャンル雑多なスキルのフリーマーケット。

クラウドワークス 』……大手のクラウドソーシング。

ランサーズ 』……大手のクラウドソーシング。

SKIMA 』……個人からの依頼を受けられるコミッションサービス。

タイトルとURLをコピーしました