pixivやTwitterでイラストの仕事を募集するコツ

pixivやTwitterのプロフィールに、「イラストのお仕事募集中です」と書いている人をよく見かける。

確かにそこそこのイラストが描ける人が多く、本人も「自分のこの自信のイラストを見てもらえば、仕事が来るだろう」と思っているのかもしれない。

しかし、その募集方法ではなかなか仕事の依頼をされることは難しい。

きちんとした企業からきちんとお金が発生する仕事をもらうためには、やはり【信頼】が必要になる。

自分が絵の仕事に向いているかどうかを知りたい人は、こちらの記事も参考になるかも。

SNSでイラストの仕事を募集するならやっておきたいこと

pixivやTwitterのプロフィールのところにこんな感じで、気軽にイラストの仕事を募っている人がほとんどなんじゃないだろうか。

○○(HN)@お仕事募集してます

イラストの傾向はメディア欄参照

問合せはこちら→

oekaki■yahoo.co.jp(■を@に直してください)

※pixivのメッセージやTwitterのDMでも連絡取れます

確かにこれなら気軽に募集できて簡単だけど、これではまともな企業は声をかけない。

「この絵描きが信用できる」という証拠がないからだ。

でも、ちょっとのコツと手間で【信頼】を上げることができる。

独自ドメインのメールアドレスを作っておく

まず、連絡先がフリーメールだけというのが、企業側からすると不安。

しかもこのメールアドレスが生きているかどうかも分からない。コピペしたり■を@に変えるの地味にめんどくさい。

手間をかけてメールを送っても連絡が取れるか定かではない、となると、時間の無駄になってしまう。

できれば仕事用に、独自ドメインのメールアドレスを一つ作っておくといいと思う。

独自ドメインのメールアドレスは「イラストを本格的に仕事としてやっている人なんだな」と信頼されやすい。

独自ドメインというとハードルが一気に上がる気がするけど、今はかなり手軽になってきている。

例えば、ムームードメイン というサービスなら年間600円(1ヶ月50円)程度で作れてしまう。

メールアドレスを公開したくない場合は、メールフォームを作るという手もある。

無料メールフォームサービスはいろいろあるけど、自分はTayoriというサービスのフリープランを使っていた。企業からお声がかかった時点で先方にメールアドレスを伝えて、以降はメールでやり取りする。

ホームページを作っておく

「仕事を募集するならホームページが必須」とよく言われるけど、これには理由がある。

クリエイターの信頼性を高める

企業側、依頼する側の気持ちになって考えてみると分かると思うんだけど、

お金の発生する仕事を依頼するのに、SNSにメールアドレスを載せただけの、素性もわからないような有象無象はリスクが高すぎる。

業務を開始した後で連絡が途絶えたり遅れたり、途中でとんずらされたら、企業側はかなりの損失になる。損害賠償モノだが相手の素性が知れないとなるとそれもできない。

かと言って個人のクリエイターはSNS上で氏名や住所を公開するわけにもいかない。

なのでその分、ある程度時間と費用をかけてホームページという看板を作っておくことで、安易にとんずらしませんよという本気度を示すことができる。

例えば歯医者を探すとき、ホームページが更新されていて今月の営業時間の変更についてもきちんとお知らせされていたりスタッフブログが充実している歯医者と、ホームページが見つからない歯医者ではどっちが安心だろうか。

それから「問い合わせの返信は基本的に24時間以内に行います」など、連絡のつき具合も書いておくことで、依頼側が安心できる。

自分のできる業務をアピールできる

ざっくりと「イラストのお仕事募集中」とだけ書いている人が多いけれど、これでは見る方にとっては何の情報もない。

どんなイラストが描けるかも分からない、いくらで描くかも分からない、そんな人に仕事の依頼はしない。

「イラストって何が描けるんですか」

「えーと、イラスト全般を……」

「お願いしたいのは広告漫画ですがいくらでできますか?」

「えーと、そういうの分からないんで、普通いくらなんですか?」

依頼する方も暇ではないので、こんなやり取りはしてくれない。

「イラストのお仕事募集中、詳しくはメールでお問い合わせください」っていうのも、相手に要らない一手間をかけさせて、しかも問い合わせた上で「あ、そういうのは描けません」となれば企業にとって無駄足になってしまう。

でもホームページがあれば、「広告漫画一枚あたり○○円で描きます」などと、料金やできる仕事のジャンルを明示できる。

ネットでサクッと依頼されるような仕事は、広告漫画、アフィリエイトサイト用イラストのようなものが多い。最近はVtuberのキャラデザイン、YouTube用漫画の需要も増えている。

ぼんやりと「イラスト全般を〜」とか「ほんわかしたイラストが得意です」とかではなく、できる業務について記載しておくほうがより具体的で、依頼側の欲しい情報になる。

また、ホームページがあれば過去の仕事実績を参照いただくこともできる。

別に過去の仕事実績というのは「こんな有名な企業と仕事してます!」というアピールのためではない。

「受けた依頼を問題なく、誠実にこなしていますよ」という信頼性を示すためだ。

基本匿名のネットで仕事を募集するには、とにかく信頼性が大切になる。

依頼する側にとって、絵のうまさは関係ない

自分はイラストを発注する側の業務もしていたことがある。

依頼する側からすると、絵の上手い下手、味があるだのセンスがあるだのはたいして関係ないのだ。

ある程度のクオリティで描けていればそれでいい。

それより大事なのは、きちっと納期を守って、柔軟に直しに対応してくれて、連絡が滞らないこと

「あなたのイラストに惚れ込んで、ぜひあなたにお願いしたいんです! あなたじゃなきゃだめなんです!」なんてことはまず無い。

初心者や駆け出しでも信頼を得ていくには、独自ドメインのメールアドレスやホームページを作っておくという方法もありますよ、ということ。

みんな意外とSNSでのお仕事募集しかしていないので、ホームページを作るだけでかなりのアドバンテージになるのだ。

クラウドソーシングを利用するのもあり

最近ではクラウドソーシングという方法も一般的になっている。仕事をしたい人と、仕事を依頼したい人が登録して、条件に合う相手をマッチングするというもの。

クラウドソーシングの先駆けとして有名なのは『ランサーズ』。



あと、もう少し気軽な感じなら『ココナラ』というサービスも。

クラウドソーシングのメリットは、間に第三者が入るので未払いやトラブルが起きにくいということ。(起きにくい、というだけで起きないわけではないが、個人で取引するのと比べればだんぜん起きにくい)

未払いを防ぐには『freenance(フリーナンス)』などのサービスを併用するのがおすすめ。

404 NOT FOUND | ばしでざ
「顔」について考える似顔絵ブログ。

またこれらのクラウドソーシング・サービスは、依頼者とマッチングしやすいよう、必要事項をきちんと書かされる。

得意な業務、価格設定、使えるソフトウェア、直しに対応するのは何回まで、連絡が取れる時間帯などなど、けっこう根掘り葉掘り書かされる。

プロフィールを作成するだけでも、「なるほど、依頼者はこういう情報を求めているのか」と勉強になるだろう。

今までイラストの仕事をしたことがなく、何を提示すればいいのかわからないという人は、まずクラウドソーシングに登録し、周りを参考にしながらプロフィールを完成させてみるといいかもしれない。

ホームページやブログを作るまでのつなぎとして、SNSのプロフィール欄にクラウドソーシングのマイページのリンクを載せるのも有効だと思う。

タイトルとURLをコピーしました