初心者ほどクラウドソーシングがおすすめな理由。メリットしかない。

「イラストの仕事をしたいけど、クラウドソーシングってどうなの?」

「クラウドソーシングってメリットあるの?」

と悩んでいる人向け、【初心者・未経験者ほどクラウドソーシングがおすすめ】という記事。

まずクラウドソーシングというのは、クラウド(群衆)にソーシング(業務委託)すること。

「こういうイラストが欲しいんだけど描いてくれる人ー?」と企業や個人が案件を出し、それに我々イラストを描く者たちが「はいはーい!」と手を挙げて、その中からいちばん条件に合うイラストレーターが選ばれて仕事をもらうシステム。

たとえイラストの仕事が未経験でも参入しやすい、実力主義の場だ。

そのほかにも初心者にとってメリットがたくさんあるので、初心者の人にほどクラウドソーシングをおすすめしたい。

初心者ほどクラウドソーシングがおすすめな理由。メリットしかない。

初心者でも実績が積める

イラストの仕事をするときに「でも私は初心者だから」「未経験者だし……」と気後れしてしまう人、多いんじゃないだろうか。

でも「未経験者だからイラストの仕事はできない」と言っていたら一生できない。

クラウドソーシングならコネも経験もなくても案件を請けることができるし、それが実績になっていく。

実績が大切なのは「私はこんなすごい企業とお仕事してまーす!」と自慢するためではなく、「私は案件を誠実にこなせる人間ですよ、過去にもきちんとお仕事をしていますよ」と安心させるため。

クラウドソーシングで実績を作り、自分というブランドの信頼度を上げることができるのだ。

そうすれば、SNSで声をかけてもらったりだとかクラウドソーシング以外にも仕事の場を増やしていきやすい。

イラストの相場が分かる

まず一つ、クラウドソーシングでいくつかイラストの業務をこなすうち、だいたいの価格相場が分かってくること。

日本だと特に、自分の絵に価格をつけるのが苦手な人が多い。このブログでも「イラスト 相場」「イラスト いくら」などの検索ワードが目立つ。

私も一応イラストの料金について記事にしているけど、決め方くらいしか解説できていない。

価格相場って一概に言えるものではなくて、データ込みで渡せばいくらとか、この大きさだったらいくらだとか、何点描けばいくらだとか、もちろんクライアントによって違うし、なんというか肌感覚によるものが大きいからだ。

(検索してもハッキリ明言している人が見つけにくいのはそのせいだと思う)

その肌感覚を身につけるためには、たくさんの業務をしてみて、実際にお金をもらってみるしかない。

業務のバリエーションも多くたくさんのクライアントと仕事ができるクラウドソーシングは、価格相場を肌で感じる絶好の場なのだ。

どんなジャンルの仕事が多いかが分かり、スキルを磨ける

「イラストを仕事にしたい」と思っている人の中で、「じゃあ今どんなジャンルの仕事が多いのか」ということを把握している人はどれくらいいるだろう。

なんとなく絵が得意だから、とか、可愛い女の子を描くのが好きだから、ではイラストの仕事はできない。

例えば企業のロゴマークやお店の看板などはコンスタントに見られる案件だけど、今ならYouTube動画用のマンガや企業の広告マンガ、Vtuberのキャラデザインなどが目につく。

となると、「マンガの仕事を請けるためにCLIP STUDIOを本格的にマスターしとこう」「VtuberのキャラデザインをするためにLive2Dを使えるようになろう」などと必要なスキルを磨いていくこともできる。

他の人の仕事のやり方が見える

フリーランスのイラストレーターやデザイナーというのは情報交換がしにくく、「こういうときってどうしたらいいの……?」と一人で悩んでしまいがち。(私もフリーだったので、分からないことだらけでいつも不安だった)

でもクラウドソーシングなら他のイラストレーターやデザイナーの仕事ぶりも身近に見ることができる。

例えばプロフィールページを見れば料金設定をどうしているかとか、クライアントのやりとりの頻度なども分かる。

「メールは原則24時間以内に返信します」と問い合わせページに書いていたり、「当方はこういった要望にはお応えしておりません」など事前にNGを明示していたり、「あ、これいいな、私も真似しよう」と思えるようなビジネス小技もたくさん盗める。

言わばまわりは同業者や先輩だらけなので、クラウドソーシングに登録するだけでもかなり勉強になる。

イラストでお金をもらう経験をするので、自信がつく

趣味で描いているとイラストの価値ってすごく難しくて、それこそいいねの数くらいでしか判断できない。

でも、お金をもらって描くことで、自分の絵にハッキリとした価値を見出すことができる。

「自分のイラストでお金をもらっているんだ」という自信とともに、仕事としてイラストを描くという責任感も身につく。

「やってみて楽しければ続けよう」くらいのノリで

「イラストを仕事にしたい、けど自分にできるか分からない」と悩んでしまう人は、とりあえず副業としてクラウドソーシングに登録してみる、やってみる。

やってみて楽しければ続けてみよう、もっと欲が出たらスキルを磨いてみよう、やってみたけど「やっぱイラストは仕事にしなくていいや、趣味で描こう……」と思えばそれもよし。

そのとっかかりとして、クラウドソーシングは良い場だと思う。

初心者の人ほど、ぜひお試しで体験してみてほしい。

おすすめクラウドソーシングサービス

大手の有名どころはこの二つ。

ちょっと小規模だけど使いやすい。

案件の量や質が自分に合うかどうかとか、インターフェースが好きか嫌いかとかもあるので、複数登録して自分に合ったサービスをメインにしていくと良いかも。

タイトルとURLをコピーしました