「いいねの数ってどれくらいが平均?」数じゃなくて割合で見よう。

「イラストへのいいねって平均でどれくらいなの?」

「私がTwitterに上げたイラスト、いいねが◯個。これって多い? 少ない?」

と気になってしまう人向け、【いいねの数は個数じゃなく割合で見るべし。あとアカウントによっても差があるので、私の3つのアカウントで比べてみたよ】という記事。

いいねの数っていくつくらいが平均?

Twitterにイラストをアップしていると、どうしてもいいねの数は気になってしまうと思う。

「いいねが◯個ついたけど、これって平均と比べてどうなんだろう? 多いの? 少ないの?」って。

でもいいねの数はフォロワーの数や性質、ジャンルの規模にもよるし、予期しないバズりや炎上みたいなケースもあるしで、"平均◯個が普通"みたいに言うのは難しい。

平均とか気にしないのがいちばんだけど、どうしても気になってしまうならしかたない。

どうしても数字が気になるなら【ツイートアクティビティ】を確認してみるといいかも。

「いいねが◯個」というような【いいねの数】を見るのではなく、

「何人に見てもらったうち、◯人がいいねしてくれた」

という【いいね率】を計算してみるのだ。

こういう見方をすれば「自分が描くものの中でどんな絵がいいねされやすいか」というデータが取れるので、同じ数を気にするんでも多少は建設的なんじゃないかと思う。

ツイートアクティビティの詳しい見方はこちら。

平均的な【いいね率】ってどれくらい?

「じゃあ、平均的な【いいね率】ってどれくらいなの?」

という疑問が、どうしても湧いてきてしまうと思う。

あくまでも自分の場合だけど、とりあえずこの数字を基準にしてみている。

  • メディアエンゲージメント率:10%
  • いいね率:1%弱

根拠は以下の、「万単位でバズったツイートでも、クリックしてまで画像を見てくれた人は10%程度だった」というツイート。

200万人の目に触れても、クリックしてまで画像を見るのは22万人(10%)だった、という。

当然いいねはそれより少ない。このツイートの場合だと、いいね率は0.7%ということになる。

「クリックしてまで見てくれる率もいいね率も意外と低いんだな……Twitterってそんなもんなんだな」というのがなんだかホッとしたので、まずはこの数字を基準にしてみている。

自分の3つのアカウントでそれぞれ【いいね率】を比べてみた

また、アカウントの性質(ジャンルやフォロワー数、鍵の有無)によっていいね率は変わってくる。

自分はTwitterアカウントを3つ持っているので、

  • このブログの更新お知らせ用アカウント(フォロワー0時点)
  • 二次創作用の鍵アカウント(フォロワー400)
  • ファンアートを描くアカウント(フォロワー20)

それぞれについて【エンゲージメント率(イラストをクリックして見てもらえた率)】と【いいね率】の平均を計算してみた。

アカウントによってこんなにばらつきがあるんだよ、ということを書きたいだけなので、数字は参考程度にとらえてください。

このブログ用に似顔絵を描いているアカウントの場合

まず、このブログ用に似顔絵を描いているアカウントの場合。(@tkhs_bsdz)←ブログ更新お知らせもしています

  • フォロワー:0
  • 記事更新お知らせ用
  • まだほとんど稼働していなかった頃

インプレッション:4316回

エンゲージメント:115回(2.6%)

いいね:38回(0.89%)

※エンゲージメント率=メディアのエンゲージメント数(画像をクリックして見られた数)÷インプレッション数×100

※いいね率=いいねの数÷インプレッション数×100

エンゲージメント(画像をクリックして見てくれた)率は2.6%と目安の10%に比べると低いけど、いいね率は0.89%あるのでまあ妥当かな、というふうに分析できる。

ファンアートを描いているアカウントの場合

こちらは仕事関係なく、趣味でファンアートを描いているアカウント。

フォロワー:20

ハッシュタグを使ってイラストを投稿している

まあまあ流行りのジャンル

今まででいちばんいいねの数が多かったツイートのアクティビティを見てみる。

インプレッション:33,209回

エンゲージメント:6811回(20.5%)

いいね:464回(1.4%)

エンゲージメント率は20%と、目安にしている10%よりも上回っている。

ハッシュタグを使っているので「そのジャンルの絵を見たい」という人にクリックされやすいのかもしれない。

なお、プロフィールをきちんと書いてみたあとの解析がこちら。いいね率が2倍近くになった。

インプレッション:1,770回

エンゲージメント:529回(29.8%)

いいね:47回(2.6%)

いいねは47と前回の10分の1だけど、エンゲージメント率は30%もあるし、いいね率も2.6%。

単にインプレッション(人目に触れた数)が少ないだけの話で、決して「前回よりも下手だから見てもらえなかった・いいねされなかった」とかではないことが分かる。←これが分かるのがいちばんのメリットだと思う。

※プロフィールをきちんと書いたらいいね率が2.6%と2倍近くに増えた……というのは誤差の範囲かもしれないけど、フォロワーも増えた。プロフィールが詳しく書いてあると安心してフォローやいいねができるのかも。

二次創作の鍵付きアカウントの場合

さらに、鍵付きアカウントで二次創作もしている。

フォロワー:400

二次創作を投稿している(そこまで旬のジャンルではない)

フォロワーはほとんどpixivからの誘導

このアカウントでイラストを投稿すると、インプレッションやいいね率は安定して同じくらい。

インプレッション:791回

エンゲージメント:189回(20.5%)

いいね:62回(7.8%)

特筆すべきはいいね率で、7.8%

鍵アカウントなので見てくれる人の数が限られているのと、フォロワーさんはほとんどpixivから流れてきていて「絵を見たい」というハッキリした目的があるからだと思う。

ツイートアクティビティを比べてみて分かったこと
  • エンゲージメント率は2%〜30%
  • いいね率は1%弱〜8%
  • 適切なハッシュタグをつけるとインプレッションが伸びる
  • プロフィール書いたらいいね率とフォロワーが増えてた(誤差?)
  • いいね率の幅は、絵の上手い下手ではなくてアカウントの性質による。

もっといいね率が高い人もいるのかもしれないけど、あくまでも私の3つのアカウントで計算してみたらこんな感じだったという話。

ツイートアクティビティを確認することで、「今回いいねが少なくて心配になったけど、なーんだ、インプレッション自体が少ないんだな」とか「いいね率自体は2.6%あるからクオリティが下がったわけではないだろう」とか、きちんと納得できることも多い。

むだに「なんで今回はこんなにいいねが少ないんだろう? 下手になったのかな? 愚痴多かったからフォロワーにミュートされたのかな?」みたいに悩んでしまうこともない。

「いいねが何%なら平均だから多いとか少ない」とかではなくて、自分のツイートアクティビティをちょいちょい確認して自分なりの目安を見つけておくことで、いいねの数で一喜一憂することもない。

Twitterを始めてすぐに「私っていいねが少ないのでは? どれくらいが平均なんだろう?」とヤキモキするのではなく、ある程度の期間、1年や2年はTwitterを続けてみて、自分なりにデータを取ってみることをおすすめしたい。

データを取るってどうすればいいの? という人は、【SocialDog 】などの無料で使えるTwitter管理ツールを利用するのもおすすめ。(登録なし・Twitter連動ですぐ使えます)

割合を計算してみて、いいね率が低いと感じたら

ただ、「エンゲージメントが20%ある(そこそこいっぱいクリックされている)のにいいねが全然つかない(1%前後もつかない)」という場合。

イラストの質を見直してみる

場合によっては、イラストの質を見直してみるきっかけにもできる。

見たい人を集めて見てもらう

また、単にTLの需要と供給が合っていないということもある。

二次創作目当てのフォロワーがほとんどのアカウントでオリジナルばっかり描いても、当然いいねは少なくなる。

「フォローしてくれるってことは私の絵が好きなんだから、オリジナルを描いてもいいねしてくれるのでは?」というのは経験上なかなか難しい。同様に「別ジャンル描いてもいいねしてくれるのでは?」というのも難しい。

もしいいねの数を気にするならの話だけど、自分の描きたいものに応じて見たい人を集めて見てもらうことがポイントだと思う。

タイトルとURLをコピーしました