絵描きがTwitterでネガティブなツイートをすると損する理由。

絵描きがTwitterでネガティブなツイートをすると損する理由。
絵描きがTwitterでネガティブなツイートをすると損する理由。

「ネガティブなツイートしてると、イラストにもいいねされにくいって本当?」

「なんでネガティブなツイートしちゃいけないの? Twitterなんだから自由でしょ?」

という人向け、【別にネガティブなツイートしてもいいけど、敬遠される理由はあるよ】という記事。

「イラストにいいねがつかない……」というとき、大きく分けて理由は"イラスト自体に問題がある場合"と"その人自体に問題がある"ということを以前書いた。

上の記事で「ネガティブなツイートが多いと敬遠されがち」ということを書いているんだけど、

「ネガティブなツイートの何がいけないの? Twitterなんだから何を言おうが自由でしょ」

「作品と人柄は別だと認識すべき。作品さえ良ければ関係ないはず」

と言う人がいる。

でもSNSの時代に、作品と人柄をすっぱり切り離すのはやっぱり難しい。

それにネガティブ言動って、敬遠されるだけの理由がちゃんとある。

意外とその辺を意識していない人って多いんじゃないかな、と感じているので、

この記事では、ネガティブな言動が人にどんな心的影響を与えるかについて書いていく。

絵描きがTwitterでネガティブなツイートをすると損する理由。

ネガティブなツイートばっかりすると「この人のツイート見たくない」と思ってフォローを外されたり、「でもリムると悪口言われそうだからミュートにしとこ」とミュートされたり、最悪の場合はブロックされたり。

こうなると、当然ながら作品を見てもらえない。

作品を見てもらう前に「こいつ無理」と思われてシャッターを閉められてしまうのだ。

SNSではシャッターを閉めるのはとても簡単。

もしあなたが「いいねがもっとほしいな」「もっとたくさんの人に見てほしいな」と思っているならだけど、これはもったいないと思う。(※分かる人だけ分かってくれればいい、という人には当てはまらない。)

今から挙げていく悪口・批判・不機嫌は、自分も過去にやらかしていた自覚があるものばかり。

自戒を込めて。

「私の悪口も言われそう……」

まず、悪口が多い人ってやっぱり敬遠される。

学校や職場への悪口、家族への悪口、電車で見かけたマナーの悪い人への悪口、他の絵師に対しての悪口。

「別にフォロワーの悪口言ってるわけじゃないんだからいいじゃん」

というわけにはいかない。

大して非がないような相手を標的に悪口ばっかり言っている人を見ると、

「うわーこの人悪口ばっかり言ってる、自分が標的になったら嫌だな」と感じて、居心地が悪くなるのだ。

人によっては、他人が悪口を言われているのを見ると自分が言われているように感じる、ということもある。

刺激に対して繊細な人、最近はHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)という言葉もよく目にすると思う。

こういった繊細な人はSNS上にも少なくない(5人に1人はHSPだと言われている)し、誰しもそういった気質は少なからずあるんじゃなかろうか。

「自分の機嫌も取れないなんて未熟そう……」

また、「自分の機嫌は自分でとろう」みたいな言葉を最近よく見かけるようになった。

日本人は特に、"ムスッとしていれば誰かがご機嫌とりをしてくれる"という感覚が強いそうだ。

これではやっぱり「この人いつも不機嫌。精神的に未熟なんだな……関わると損しそう」と思われやすい。

いつもいつもハイテンションで「ヒューーーー今日も推しの顔がイイーーー!!!」とか言ってるのも無理してるっぽいしアレだけど、

「あー頭痛い、気分わる……」とか、

「人身事故うざ……はー。迷惑かけんなよ」とか、

そういうツイートを見かけると、やっぱり心が沈まない?

そういうツイートばっかりだと、ミュートしたくならない?

「トバッチリが来そうだし、機嫌が悪い人のそばにいたくないな」と思っちゃったりしない?

これも、特にHSPの人にとっては苦痛に感じやすい。

「本人は批判のつもりだろうけど、ただの情緒不安定じゃん……」

よく見かけるのが、批判の多い人。

物事に対して疑問を持ったり、自分の意見を言うのはいい。

けど、なんかやたら目につくもの全部批判している"ただの八つ当たり"になっている人もけっこういる。

触るもの皆傷つける、切れたナイフ(©︎出川哲郎)みたいな。

「芸能人の結婚なんか興味ない。そんなのニュースにする必要はない。もっと報道すべきことがあるはず」とツイートしていたのに、自分の推しがYahooニュースに載って「誰こいつ」「知らん」というコメントされたら「そのニュース読みたい人間もいるんだから、興味のない人間は黙っておくべき!」と正反対の主張を繰り出す、みたいな。

ブーメランというかダブルスタンダードというか。

本人は"批判"をしているつもりでも、要するに気分でキレ散らかしている、ただの情緒不安定。

これではいつ矛先がこっちに向くかわからんし、「近寄らんとこ……」と思われてもしかたない。

「私と同じ闇を抱えている人を見つけた……」

ネガティブなことばっかり言っているとまともな人が離れていくばかりではなく、まともじゃない人を引き寄せてしまう。

類は友を呼ぶ、という言葉の通り。だって似たもの同士は居心地がいいからね。

悪口ばっかり言ってる人って、似たような人とつるんでいない?

批判がましい人って、同じく批判がましいフォロワーのツイートを引用RTしてさらに議論したがったりしない? 火に油を注ぎあってるというか、

機嫌悪い人たちって、

「イラつくーーー!」「大丈夫? 話聞くよ?」とか、

「はあ……私の絵ほんとだめだ……」「私は好きだよ? ○○ちゃんはがんばってるよー!」とかTLでお互いに機嫌を取り合ったりしてない?

人は同じ闇を持つ者に引き寄せられていくのだ……。

悪口、批判、不機嫌を日頃から丸出しにしていると、まわりにそんな人しか集まってこない。

まわりにそんな人ばっかだから自分もエスカレートして悪口や批判がヒートアップ。

そうなるとまともな人は「あの集団こわ……」とさらに離れていって、作品を見てもらうどころではなくなる。

"作品と本人の人柄は別"とは言い切れない時代

ここまで書いといてナンだけど、作品がめちゃくちゃ良ければ人柄なんて別として評価されると思う。

手塚治虫も嫉妬深く、才能のある若手漫画家をけなして原稿を破り捨てたとか。人柄的にかなり問題がある。

けどあんなに数々のすごい作品を世に残して、すごい漫画家だと高い評価を受けている。

そりゃ、手塚治虫レベルならね? という話です、結局。

また、手塚治虫の時代はSNSはもちろんネットもなく、一般読者に情報が届かなかったし。

今はそういう時代じゃないし、我々は手塚治虫ではない。ただのTwitterお絵描きマン。

自分の作品は自分でプロデュースしていかなければならない。

「自分の人柄も含め、分かる人だけ見てほしい」というのも自由だし、

売れてから本性を出していってそれが却って支持を集める、ということもある。

だけど、「たくさんの人に絵を見てほしい!!!」と思っているのにネガティブ発言で見てくれる人を遠ざけて、最初から難易度上げちゃってどうすんのよってことです。

タイトルとURLをコピーしました