【pixiv】いいねやブクマを増やすコツはインパクトとタグ付け。

「pixivにイラストを投稿しているけど、いいねやブクマがつかない」

「pixivでもっといいねを増やすには、どうしたらいいんだろう」

と悩んでいるpixiv初心者さん向け、【pixivでいいねを増やすにはコツとポイントがあるよ】という記事。

pixivとTwitter、両方でイラストをアップしている人も多いと思う。

「Twitterではそこそこいいねがつくのに、pixivだといいねもブクマもあまりつかない……」みたいなことはないだろうか。

TwitterとpixivってSNSでも少し性質が違うので、ちょっとしたことに気を使うだけでもっとたくさんの人に見てもらえたりする。

また、pixivでたくさんの人に見てもらうことで、"あなたの絵の熱心なファンがTwitterに流れてきてくれて、Twitterでもいいねをしてくれる"という相乗効果も期待できる。

特に、二次創作やファンアートではこの流入効果が大きい。

この記事では、pixivにイラストをアップするときのポイントとして、

  • タグをつけること
  • サムネで目を惹くこと
  • ネタ的な要素があるといいかも

この3点を提案している。

【pixiv】いいねやブクマを増やすコツはインパクトとタグ付け。

つけられるタグはきちんとつける

まず、pixivはタグをつけられることが最大のポイント。

Twitterでもハッシュタグはあるけど、pixivほど主流ではない。

"こんなイラストが見たい"と明確な意志を持って検索してくる人も多いので、つけられるタグはきちんとつけて、取りこぼさないようにしたい。

二次創作なら作品のタグやキャラ名のタグで検索してくる人も多いし。

二次創作の場合、棲み分けのために作品名のタグとは違うタグが別にあったりする(例えば作品名タグは【鬼滅の刃】だけど二次創作は【腐滅の刃】とか)ので、確認しておくとトラブルになりにくい。

タグをきちんとつけておくと、pixivで検索して見にきてくれた熱心な人がTwitterに流れてくれて、Twitterでもいいねをしてくれるといういい循環も生まれやすい。

フォロワーが多い人や大手さんは「見る人だけ見てくれればいい」みたいな感じでタグなんて付けない人もいるけど(その無欲な感じ憧れるけど)、そうでない人は貪欲にタグをつけていこう。

目を惹くサムネを心がけてみる

pixivのサムネって小さいので、細かい描き込みをしてもあまり目を惹かない。

見てみると分かるけど、パキッとした太い線や鮮やかな色のサムネについ目が行くんじゃないだろうか。

絵柄が繊細(線が細い、色が薄い、ラフ線が多いなど)な場合、小さくなるとその魅力が伝わりにくい。

表紙用に拡大したり、目を惹く絵柄のものを1枚目に持ってきたりして、目に留まりやすいサムネを心がけてみるといいかも。

ネタ的なものでファーストインパクトを

pixivってTwitterと違って拡散されないため、パーッとは盛り上がりにくいSNSだ。

Twitterのいいねって、RTはもちろん「◯◯さんがいいねしました」みたいに他人のいいねが流れてきたりして、"つられいいね"が稼ぎやすい。

pixivにもリコメンド機能(おすすめ機能)はあるけど、Twitterの拡散力ほどではないので、"つられいいね"が起こりにくい。

なので、自力でのファーストインパクトづくりが重要になる。

【サムネバキューム】というタグがあるとおり、pixivは「サムネでついクリックして見てしまった」ということが起こりやすいSNSなのだ。

逆にサムネにインパクトがないと、ただ上手いだけのイラストではスルーされてしまいがち。特に作品数が多いジャンルだとすぐに新着に埋もれてしまう。

ネタ的な一枚を表紙に持ってきたり、「え? なにそれ」と興味を惹くような表紙にしてみるなど、ついクリックしたくなる工夫をしていきたい。

大切なのは、見る人の立場になって投稿すること

自分がpixivで検索するときに、ついクリックしたくなるサムネってあると思う。

投稿するときは毎回

「どんなサムネなら目に留まるかな?」

「このタグもつけたほうが親切かな?」

と、検索する人や新着で見る人の立場に立って工夫してみるのが大切だと思う。

特に、pixivは一回イラストが流れてしまうと埋もれてしまいやすいので、Twitterよりも投稿時の心遣いが必要になる。

「力作のイラストなんだから適当にアップしても見てもらえるだろう」なんて甘く考えずに、マーケティングの精神を持って自分の作品を売り込んであげてほしい。

タイトルとURLをコピーしました