ジャンル内の苦手な絵師…あなたの本当の望みを知るヒントなのかも。

「ジャンル内に苦手な絵描きがいて、どうしても嫌な気持ちになってしまう」

「どこのジャンルに行っても同じタイプの嫌な絵描きがいて、どこのジャンルでも嫌な思いをするんだよなあ……」(分かる〜!)

そんな絵描きさん向け、【苦手な相手に出会ったら自分のことを省みてみよう】という記事。

モヤモヤが収まって、自分がどんな絵描きになりたいのかも見えてくるかもしれない。

もし当てはまることがあれば、サプリ的にためしてみてください。

ジャンル内の苦手な絵師…あなたの本当の望みを知るヒントなのかも。

そのあなたの苦手な絵描きは、どんなふうに嫌な人なんだろうか。

自分が我慢していることをのうのうとやっているからムカムカする

まず人に対して激しい怒りが湧いてくるのは、【自分が我慢していることを相手がのうのうとやってのけているから腹が立つ】というパターンがある。

「ヘボ絵師のくせに、神絵師に平気で話しかけるから見ててムカムカする」

「下手くそなくせに、ハッシュタグを堂々と使うから腹が立つ」

「私は自分が下手なのが分かっているからサークル参加を諦めたのに、あの人は下手なくせにイベントに出てる」

などなど、どれも大元をたどれば「私は我慢しているのにあの子は我慢してない!」という怒りに通じる。

これは心理学的には【シャドウ】と【ペルソナ】で説明できる。

『ペルソナ』シリーズに触れたことがある人はピンとくるんじゃないだろうか。

【シャドウ】と【ペルソナ】に関しては『4』がいちばん分かりやすいかも。

本当の欲求である【シャドウ】を【ペルソナ】で必死に押さえつけて生きている人は、【シャドウ】丸出しで元気に生きている人を見るとブチ切れるのだ。

「どのジャンルでも同じような嫌なヤツに出会っちゃう!」という場合、あなたの【シャドウ】が反応しているのかもしれない。

自分の【シャドウ】に気づいてあげないと、ずっとこのパターンを繰り返すことになってしまう。

この記事にも詳しく書いている。

画力とか交友関係が「羨ましい」それにひきかえ自分は……

ムカムカではないけど、「羨ましくてつらくなっちゃう」という悩みを持つ人も多い。

「あの人は絵が上手い、それにひきかえ自分は……」

「あの人はお金があるから課金もあんなにできていいなあ、私はお金ないから……」

「あの人はTwitterでも友達が多くて羨ましい。交流も上手いなあ……私は全然だめだ……」

どれもよく目にするお悩みだ。

そしてよく言われるアドバイスが「その人だって見えない努力をしているんだから羨むのは間違い! 自分も努力しよう!」みたいなことだけど、「そんなこと分かってるわ!!!!」だよね。

さて、あなたは【不足】を感じてつらくなっている。

例えば「あの人みたいに絵が上手くなりたいのに、自分はそこまで到達できていない」というとき、その【不足】をさらによく分析してみよう。

この【不足】の内訳をさらに細かく見ていく。

例えば……

「あの人は筋肉を描くのがとても上手い(けど私には不足している)」

「あの人は今風っぽい絵柄でセンスよく見える(けど私には不足している)」

あとまだちょっといろいろあるけど、この二つが解消されれば半分以上クリアになるよね。

そうすると、

"筋肉を描くために美術解剖学の本を模写しよう"

"今風の絵柄っぽさを身につけるために、最近の流行りの作品をインプットしよう"

これだけでだいぶ自分の中の【不足】は解消されることになる。

「タリナイ……タリナイ……」と番町皿屋敷のお菊さんになっている場合ではない。

お菊さんと違って私たちは生きてるんだから、いくらでも行動ができるのだ!

模写をするなら『人物を手早く描く基本 男性編』がおすすめ。

女性モデルのみの同シリーズがこちら。

その他おすすめ書籍に関してはこちらの記事に。

インプットに関してはこちらの記事に書いた。

自分が乗り越えてきたことにつまづいている人を見るとイライラする

あとは、「自分はそれを乗り越えてがんばってるのに、この人そこでまだつまづいてるんだ……」とイライラするというお悩みも聴いた。

自分よりも絵が下手な人に対して、なんか腹が立っちゃうっていう。

こういうときは「自分が乗り越えたんだから誰だってできる。あんたにもできるでしょ!」な思考に入ってしまっているんだけど、それって自分が努力して乗り越えたことを軽く評価しすぎだよ〜!

あなたが努力して頑張ったから乗り越えられたわけで、誰にだってできることじゃない。

つくづく絵描きさんってさ、自分の努力を過小評価しすぎるきらいがあると思うの。

「いや〜、私はすごいな! さすが。スペシャルだわ……」くらい褒めてあげていい。

「そっか私がスペシャルなのか」と分かれば、できないでつまづいている人に腹が立つこともなくなる。

「オタクは人間関係に悩まされる」という思い込みがある

これはおまけだけど、「オタク活動は人間関係に悩まされるものだ」という思い込みが強くて、ついつい嫌な人を探してしまうという人もあるかもしれない。

MA-1(フライトジャケット)が急に流行ったことがあったじゃないですか。

MA-1が流行っていることを知っていてMA-1に詳しい人は「MA-1だらけだな! あいつもこいつも着てやがる!」と感じるけど、流行を知らない人、詳しくない人は「スタンドカラーのジャケットだな」くらいにしか感じなかったと思うの。

「このジャンルにもきっと嫌なヤツがいるはず」という過剰な警戒心が、わざわざ"嫌なヤツ"を探し当ててしまっていることもある。

オタクの世界も新陳代謝が進んでいるので、せっかく新しいジャンルに飛び込むなら"嫌なヤツ探し"ではなく"ステキな人探し"に勤しみましょう。

苦手な人はおいといて「自分はどうなりたいのか」を決めよう。

SNSで絵を描いているとどうしても他人の動向が目に入ってくる。

そういうときにどうするかというと、"じゃあ自分はどうしたいのか"という意識に切り替えていく。

「あの人、神絵師になれなれしくリプしてムカつく!」

では自分はどうしたいのか。

本当は自分も神絵師に話しかけてみたいなら、そうしてみる。

「あの人筋肉描くの上手くて羨ましくてつらい……」

では自分はどうしたいのか。

筋肉を練習してあの人っぽい絵を描きたいのか、別の作風で別の表現を頑張りたいのか、もしくは絵を描くのをやめちゃいたいのか。

「では自分はどうしたいのか?」

と意識を切り替えることで、自分に軸を戻すことができる。

人間は社会性の生き物で、他人と自分を比べて相対的に生きている。

だからこそ、

「苦手! きらい! ブロックしたい!」と感じる相手に出会うのって、自分の本当の望みに気づくきっかけなのです。

タイトルとURLをコピーしました