お絵描きが苦手な子どもには、どうやって絵の練習をさせたらいいの?

「子どもが、絵が苦手で悩んでいる。どうやって練習させたらいいのかな……?」

「子どもに、絵の苦手意識を持たせたくない。おすすめの練習方法はある?」

と悩んでいる親御さん向けに、【私が小学校の先生だった頃に心がけていたこと】について書いていく。

子どもの頃に「自分は絵が苦手だ」という意識が植え付けられてしまい、大人になってもなかなか苦手意識が払拭できなくていまだにコンプレックスになっている……という人もいるんじゃないだろうか。

私自身は小さい頃に「自分は絵が得意だ」という思い込みを持って、それ以降ずっとそう思い込んで生きてきて、途中でちょっと自信を失うこともあったけど結局デザインやイラストの仕事をするようになった。

根底にある「私は絵が得意なんだ」という意識に支えられたんだと思う。

得意不得意って、子どもの頃に植え付けられた根拠のない思い込みによるものが大きい。

だったら、せっかくなら子どもには「私はお絵描きが得意だ! 楽しい!」と思い込ませてあげられるといい。

そのためにはどういうことを心がけるのがいいか、私が小学校の先生をしていたときの経験や、姪に絵を教えたとき感じたことをもとについて書いていく。

大人にも応用できる部分があると思うので、参考になる部分があればぜひ。

お絵描きが苦手な子どもには、どうやって絵の練習をさせたらいいの?

好きなもの、興味のあるものを描かせる

小学校では1年生を見ていたのだけど、6歳程度ですでにもう「絵が得意」という意識が芽生え始めると思う。(自分自身を振り返っても、幼稚園ですでに「私は絵が得意」という意識を持っていた。)

クラスに一人、絵を描くのが大好きで、休み時間も外へ行かずせっせと絵を描いている男の子がいた。

本当は長い休みには外遊びが原則だったんだけど、自分も外で遊ぶよりお絵描きが好きな子どもだったので、彼が教室に残っていても口を出さずそっと目こぼしをしていた。

彼はとにかくずっとハム太郎の絵を描いていて、「よく飽きないな」とこっちが感心するほど。

ハム太郎の中でも好きなキャラは固定しており、タイショーくん(チョイスがシブいよね)というキャラだけをひたすら描いていた。

タイショーくんのことはお手本を見なくてもスラスラ描くことができて、それが「僕は絵を描くのが好きで、得意なんだ」という意識の強い裏付けになっているように思えた。

あるとき他の先生が「すごーい、上手いじゃん、もっと他のキャラは描けないの?」と口を出して、彼の手が止まってしまったことがある。

私はあわてて「◯◯くんはタイショーくんが好きなんだもんね!」「タイショーくんを描きたいんだもんね!」と取りなしたけど、取りなせたのかどうかは今も分からない。

その先生も悪気はなく、「これだけ描ければもっと他のキャラも描けるだろうに」とか「もっといろいろ描けば画力が伸びそう」と考えたんだと思う。

でも大人が口を出してしまうと、大人に乗せられて描いてみたら別のものは描けなかった……とせっかくのいい思い込みが失われてしまう。

「せっかくこの子は絵が得意なんだからいろいろなものを描かせて伸ばしてあげたい」と大人はウズウズすると思うけど、描きたいもの、好きなものを描かせてあげるだけで十分。

大人ができることといえばただ一つだけ、子どもの「自分は絵が得意だ」の芽を摘まないこと。

その子が「このキャラも好きだな、描いてみたい」「もっと他のキャラ描けるようになりたいな」と思えば勝手に描く。

そのためにも、好きなもの・描きたいものを好きに描かせ続けることがポイントなんだと思う。

トレースさせて「自分にも描ける」という気持ちを抱かせる

さて、ほとんどの子どもは前述の彼みたいに「自分は絵が得意だ」という意識がないことも多いと思う。

絵に対する苦手意識も得意意識も特にない、まだ未分化な状態。

私の姪(当時7歳)がそうだった。

二人でお絵描きをしていると、私にばかり「あれ描いて、これ描いて」とリクエストをして、自分では描かない。

これは別にサボっているとかズルしているとかではなく、絵を描いて褒められた経験がない子どもは、「自分にも絵が描ける」という発想がないだけなのだ。

そこで私は「いっしょに描こうよー、あ、そうだ! マリオを写して描こうっと」と、紙を乗せてトレースして見せることに。

姪も真似してトレースでマリオを描き、「すごい! マリオが描けた!」と大興奮していた。

「すごい、私にも絵が描けるなんて思わなかった……絵って描けるんだ……」としみじみ言っていた姪の言葉が忘れられない。

その後ノントレースでピーチ姫やアリエルに挑戦して四苦八苦はしていたけど(そりゃ難しいよ……)、「描けば描けるんだ」という確固たる気持ちは揺らがないようで「描けない」ではなく「ピーチ姫は難しいから今はまだ描けない」と言うようになった。

大人から見れば「トレースなんて絵が描けたことにならないじゃん」と思うかもしれない。

でもトレースって逆上がりの補助板みたいなもので、体の使い方のコツを体で感じるための最初の一歩なのだ。

絵も逆上がりも「できた!」という最初の体験がいちばん大事なんじゃないだろうか。

なるべく小さいうちに成功体験をたくさん与えてあげることで、「自分は絵が描ける」というプラスの思い込みができる。

人と比べない

また大事なのは、他の人と比べないこと。

大人が「ほらみんな見て、◯◯さんの絵は上手いですよ! お手本にしましょう」と言ってしまうと、子どもたちが「それが正解なんだ」と思ってしまう。

他の人の作品を一切シャットアウトしろということではない。

自分は、作品の中の表現方法(大きく描いていて迫力が出ているとか、色使いが独特だとか)を取り上げて、「先生はね、この絵はここがすごいと思った! こんなふうに感じた! みんなはどう?」と共有するようにしていた。

そうすると子どもたちは素直にその表現方法に感銘を受け、真似してみたり取り入れてみたりしてさらなる独自の表現を生み出してくる。

集団で絵の授業をすることの良さっていうのはこれで、うまくやればいいケミストリーが起こる。

学年の写生大会かなんかで「やたらこのクラスの絵はみんなクオリティ高いな」というときってあるでしょう。そういうときはたいていその良いケミストリーが起こせている。

ただ、へたにやれば悪いケミストリーが起こり、本来正解も不正解もないはずの絵を上手い下手で比べてしまって、子どもは正解を探してしまうようになる。

「私の絵って上手いのかな 下手なのかな?」ということにとらわれて、なんとなく自信が持てなくなってしまうのだ。

Yahoo知恵袋などで「私の絵は中2にしては上手いですか? それとも下手ですか?」と聞きたがる子どもたちも、幼い頃から上手い下手で他人と比べる癖がついてしまっているんだと思う。

絵が苦手な子どもだけでなく、大人にも応用できる

ここまで"子どもに絵の苦手意識を持たせないためにどうすればいいか"ということについて述べてきた。

子どもを教える立場だったり、自分の子どもがいるような人の参考になればいいなと思う。

でもこれって大人にも言えること。

絵に苦手意識がある人は、こんなことを意識してみてほしい。

  • まずは描きたいもの、得意なものを描く
  • トレースで「自分にも描けた!」という逆上がり体験をする
  • 上手い下手で比べない

絵なんか描けなくても別に全然生きていける。

ただ日常の些細なこと(仕事で絵入りのメモを書くとか、年賀状に干支のワンポイントを描くとか、本当に些細なこと)において、「私は絵が苦手だからなあ」「絵なんか描いたことないからなあ」と及び腰になってしまうのなら。

本当にちょっとしたことで苦手意識ってなくなるので、大人のみなさんも試してみてほしいなと思う。

大人初心者のみなさんがイラストを練習するならこちらもおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました