絵師がもらって困る感想や、揉め事になりやすいコメントについて。

「まずい感想を送って、絵師を困らせたくない」

「絵師が言われて嫌がる・困る感想ってどんなの?」

という人向け、【揉め事になりやすい感想やコメント】について。

基本的に「絵師への感想はこう送るべき」「こういうことは絵師に言うべきじゃない」みたいな風潮って、自分も絵を描く人間だけど、イヤだしめんどくさいなと感じてしまう。

でもSNSで議論になったり、絵師 vs ROMみたいな学級会になっているのを見ると、お互いの立場が違うことで誤解が生じているんだと思うのだ。

そこでこの記事では、学級会(SNSで意見をたたかわせる揉め事)になりやすい感想やコメントについてまとめてみた。

絵師がもらって困るコメントとは

「こういうコメントは絶対NG!」という基準なんかは当然なく、人によっては何とも思わないこともある。

困るコメントっていっても「人による」としか言いようがない。

ので、ここでは【SNSで学級会が起こっているのをよく見かける例】を挙げていく。

『絵が上手いですね』

たびたび上がるのが「絵が上手いですね」は失礼かどうかという話題。

まず、純粋に返事に困るんじゃないかなと思う。

「ありがとうございます!」と返事をすると、それを見た他の人たちから「あの人、自分で自分の絵を上手いって思ってるんだ……プークスクス」と思われそうだし、かと言って「そんなことないです」と否定するのも失礼かもだし……と。

「顔かわいいですね」と言われて困っちゃうのと似ているかも。

また、"絵が上手いかどうか"って、自分が何年も絵を描いてだいぶ描けるようになってみてやっと分かってくるような、上手くなればなるほど再び分からなくなるような、かなり難しいこと

それを簡単に言われると、「本当に分かって言ってるの?」みたいな気持ちになるのかもしれない。

自分の場合は、小中学生の頃は「絵が上手いね」と言われると「でしょ(ドヤァ」と思っていた

10代後半、自分の絵がまだまだ全然ダメだと分かってくると、「素人は黙っとれーー」と感じた時期もある。

絵を仕事として経験した今では「この人の中では上手い絵に分類してくれてるんだ、やったぜ!」と素直に嬉しく感じるようになった。

こんな感じで、その人がどう受け取るかは分からないので、乱発しないほうが無難といえば無難かも。

『◯◯描いてください』

それから、いわゆるリクエストの『◯◯描いてください』。

「だって絵を描くのが好きなんでしょ? 黙って喜んで描けばいいじゃん」と思うかもしれないけど、これは人に無償で依頼をしているということ。

極端に言えば、他人の時間を奪おうとしている、ぶしつけな行為だということになる。

ケースによっては、「そのキャラ好きじゃないからこっちのキャラ描いて」と言われてキャラ否定みたいに受け取った、という例もある。

また、リクエストを無視したり断ることで「お高くとまってる」などとクラスタ内で反感を買ったりすることもあって、絵師が理不尽な迷惑をこうむることも。

(※もちろん、リクエストを募集している人にならどんどんコメントしてあげてほしい。)

中には「もらったリクエストにインスピレーションを受けて次に描くイラストのヒントを得ました!」という人が……たぶんいない。

センス磨きをがんばっている人は、常に描きたいものが頭の中でスタンバっている状態だと思うので。

『Twitterアイコンに使っていいですか?』

人それぞれなので「私の絵を自由に使ってください」とアピールしている人もいる。

でもその人が「使っていいですよ」と書いていないなら99.9%ダメと考えておくほうがいい。

また「Twitterアイコンに使っていいですか? ダメならそう言ってください。返事がなければ使います」というコメントをする人がいる

「返事の手間をかけさせないように」とそういう書き方をしているのかもしれないけど、逆に返事を強いることで相手を困らせ、手間をかけさせている

99.9%ダメな理由というのははいろいろあるけど、ここでは書ききれないので割愛。

『自分のスマホの壁紙にしていいですか?』

『スマホの壁紙にしていいですか?』とか『いつでも見られるようダウンロードしていいですか?』とか。

イラストの"使用"についての話をコメント欄ですると、よけいなトラブルの元になりがち。

たまに親切な人が「個人使用の範囲ならOKですよ」と返事をすると、それを見ていた他の人が「へー個人使用OKなんだ。じゃあ私も個人使用の範囲でTwitterに載せよっと」とか「あの人の絵ってフリーらしいよ。自由に使っていいってコメント欄で言ってた」とかやり出す時代だからだ。

個人使用の範囲とは……。

日本人に日本語が通じない時代なので、信じられないようなトラブルが起こる。

「すてきな絵だからスマホの壁紙にしたい」というのは100%好意からのコメントだとは思うんだけど、作者を煩わせる可能性もある。

ジャンル語り・キャラ語りの議論

絵師は自分のジャンル観、キャラ観を作品にして表現している。

そこへ「作品見ました。でも自分のキャラ観はこうです!」と切り込まれると、議論したくない人にとっては「私に言われても……私はそうじゃないって言ってるじゃん……」と迷惑に感じることもあるだろう。

また、コメント欄でジャンル観・キャラ観の議論が巻き起こることで、他の人のいらん反発を買い、巻き込まれ炎上みたいになる例もよく目にする。

その人のコメント欄でその人に言うのではなく、自分でも作品に昇華して発信するといいんじゃないか。

自分語り

自分のことを上手く織り込んだコメントはもらっても楽しいし、それが交流の醍醐味だと思う。

でも過度に自分のことだけを語るコメントは、「それってここで私に言う必要あるの?」と感じさせることも。

「イラスト上手いですね。

私も絵が上手いってよく褒められて、担任にも美大に行けるって勧められたんだけど興味がないので断ってしまいました笑

絵より勉強がしたかったので笑

結局、東京の某大学(まあまあ有名なところです)を卒業して今は一般企業(まあまあ大手です)で働いていますが、高橋さんのイラストを見ると「私もあのとき美術をやればプロになれたかも笑」なんて思ったのでコメントしました♪」

「しらんがな笑」としか言えない。

「今きっとこの人は自尊心を失っていて、過去に褒められたこととかを持ち出して人にマウントをとることで、必死に自尊心を回復させようとしているんだな」としか思わない。(私も意外と真剣に考えてあげている。)

そんな想いこそ作品に昇華して、自分のアカウントで発信すればいいんだと思いますよ。

相手のことや、相手の作品を尊重してみよう

「ああいうコメントはダメってネットに書いてあったから」ではなくて、相手のことや相手の作品を尊重して考えれば、おのずと自然ですてきなコメントができると思う。

逆に絵を描く人も、相手のことを尊重すれば、反感を買わない返信や対応ができると思う。

特に最近は一対一のコミュニケーションではなくSNSでのコミュニケーションなので、すぐに他人を巻き込んでの戦争(学級会)が始まってしまう。

お互いに想像し合うことも大事なんじゃないかな。

「絵を描く人はリクエストに応えてくれたっていいじゃん」ではなくて、「絵を描く手間ってきっとたいへんだろうな。もしリク募集の機会があればお願いしてみよう」とか。

「絵を描かない人がアイコンをクレクレしてきてうざい」ではなくて、「それだけ私の絵を気に入ってくれたってことだろうな」とか。

文字だけでの交流って行き違いが起こりやすいので、お互いにもうちょっとだけ相手のことを考えて、平和で楽しい交流をしていきたい。

タイトルとURLをコピーしました