絵が上手い神絵師への嫉妬が苦しい…負のループを抜け出す方法

絵が上手い人に対して嫉妬する気持ち。

つらいし、しんどい。自分も経験があるから、思い出すだけでしんどくなる。

でも嫉妬は自分の本当の望みを知るための、だいじなコンパスのようなものだ。

この記事では、嫉妬を正しく利用して、負のループから抜け出す方法をまとめている。

嫉妬というのは人間の最も根深い負の感情だ。

どんなに励まされても慰められても、まず解決しない。(でしょ?)

でも論理的に考えれば、嫉妬のループを抜け出すのは、実はとても簡単なのだ。

何に対して嫉妬してるのかを分析しよう

「神絵師」の絵は上手くて、色もセンスが良くて、いいねがいっぱいついて、みんなが「上手い上手い」って言って、書籍化が決まったりして、あのアーティストとPVでコラボしたりして、あの有名人からもTwitterをフォローされてたりして。

確かにいろいろ羨ましいけれど。

さあ、あなたは、本当はどこに嫉妬しているのだろうか。

羨ましいのは本当に「画力」なのか

自分の心に聞いておきたいのは、羨ましいのは本当にその人の「絵の上手さ」なのか、ということ。

もしかしたら、その人がたくさんの人に認められているから、羨ましいのかもしれない。

みんなに「上手い上手い」と言われてチヤホヤされたり、スカウトされてプロで仕事を始めてたり、有名なイラストレーターと相互フォローだったりするから羨ましいのではないだろうか?

人間は、自分よりはるか上の人には嫉妬を感じないはず

そもそも人間は、自分よりはるか上の人には嫉妬を感じない。

例えばイチローの年俸に嫉妬なんかしないでしょう。

つまり、あなたが嫉妬している時点で、その「神絵師」は大したことないってことになる。

あなたは「超えられる程度の相手が、自分より良い思いをしていること」にイラついているだけではないだろうか。

それを「絵が上手くていいなー」という言葉でごまかしてしまってるのではないか。

ここで誤解してほしくないのは、それでも別にかまわないってこと。

人にチヤホヤされたいのも当たり前だし、他人ばっかりもてはやされていれば面白くないのも当たり前。

「私だってチヤホヤされてえよー!」と思うなら、素直に認めてしまおう。

私の周りを見ていても、「俺もチヤホヤされてえよー!」と素直に言える人ほど、あっという間にチヤホヤされる立場になっている。

「いいえ私はチヤホヤされなくていい。いいねもいらない。画力だけが欲しいのです」なんて高尚ぶって自分をごまかしてしまうと、一生嫉妬に取り憑かれて生きることになる。

自分の欲しいものがわからなければ、それを手に入れることはできない。って何かのセリフにもあったでしょう。

とは言え本当の望みというのは、心の迷路の奥にしまい込まれていてなかなか「これだ」と分かりにくい。そこでおすすめなのが「ブレインダンプ」だ。

自分の望みをはっきりさせる「ブレインダンプ」をやってみよう

まずは、創作活動について思うことを全部紙に書き出してみる。全てぶちまける勢いで。創作活動関係なくてもいい。

「神絵師って言われてみたい」「Twitterの絵が認められて仕事が舞い込んでくれ〜」「自分はメカを描くのが上手いからそこを認められたい」「プロメア最高また劇場で観たい」「とにかくいいねくれ」「みんなに上手い上手いってチヤホヤされたい」「もう絵の努力したくない」「Twitterで人の絵にお世辞言うのやだ」「ワンパターンの棒立ちポーズしか描けなくて嫌になる」「センスないつらい」「デッサンはやりたくない」……

これを100個くらい書き出す。もう出ない、というくらいまで書き出す。

誰に見せるわけでもないので、汚いことも醜いこともいっぱい書いてよい。

これは最近だと「ブレインダンプ」なんて名前がついているけど、脳の中身(ブレイン)を全部出して(ダンプ)自分の本当の望みを確認する、昔からある心理学的手法の一つ。

頭が空っぽになるまで脳の中身をぶちまけていくと、しまい込まれていた本音がちょいちょい混ざり出す。

ばくぜんと「絵が上手い人が羨ましい」としか感じていなかったことが、

「あー、自分は絵描くのしんどくなってるのか」「誰かに認めてほしいと思ってるんだな〜」「もっとメカを褒められたいんだな」

など、悩みやつらさが具体的になってくる。

「画力欲しいーセンス欲しいー下手でつらいー」と言ってるだけなのは、「痩せたいー痩せたいーあーどうやったら痩せるんだろデブつらいー」と言って何にもしない女子みたいな感じで、まったく意味がない。

太ってて何がつらいのか、いつまでに何キロ痩せたいのか、痩せて何がしたいのか、自分の望みを確認する必要がある。絵も同じだ。

今自分は何がどうつらいのか、何をどう描いて、どう思われたいのか。

本当の望みを実現させるために戦略を練る

ブレインダンプをしてみて、自分が何を望んでいるか、いろいろ明らかになったと思う。

そしたら、すぐ叶えられるような手近なところから手をつけていこう。

「センスいいって思われたい」なら……

「センスいい人って思われたい!」というのが望みなら、せっせとデッサンしてチマチマ画力を上げる必要はない。

画力がなくてもセンスがいいっぽい絵というのはある。

「センスいい」と言われたいなら、配色を勉強するのが手っ取り早い。

勉強しなくても、配色の本を買って真似すればよい。

例えば私はこの本を使っている。

配色パターンがたくさん載っているので、カラーコード(♯000000、みたいなやつ)をそのまま使うだけでセンスいい感じの配色になる。

Amazonの販売ページから引用しています
Amazonの販売ページから引用しています

これはシリーズであと2冊出ている。もっといろんなテイストの配色を試したい人は揃えてもいい。

「とにかくいいねが欲しい」なら……

「とにかくいいねが欲しい、SNSで存在をアピールしたい、注目されたい」というのが望みなら、絵じゃなくて写真とかでもいいのかもしれない。

何かタイムリーな写真(春なら桜の名所とか、流行りのカフェとか)、おもしろ写真(ペットとか)なんかをアップして、いっぱいいいねがついたら、それで気が済むのかもしれない。

安易にやってみてもいいんじゃないだろうか。

本当は絵を描きたいわけじゃなくいいねが欲しいだけなら、画力が画力がって苦しむのはバカらしい。

中古で一眼レフなんか買ってみて、「写真を撮りに来ました」なんてやるのも楽しそうだ。Twitterだけじゃなくインスタで才能が開花するかもしれない。

「上手いっぽい絵」が描ければそれでいいなら……

「とにかく周りから上手いって言われたい」というなら、「上手いっぽい絵」を描くという方法がある。

上手い上手いとランク入りしたりチヤホヤされている人の中にも、「上手い絵」と「上手いっぽい絵」というのがある。

本当に上手い絵を描くのは、プロが血と汗をにじませて一生努力し続けるようなたいへんなことなのでおいそれと真似はできない。

「上手いっぽい絵」でいいなら、ポイントを抑えればそこそこの感じで描けるようになる。

ポイントは「構図・配色・流行りの顔」

上手いっぽい構図を利用する

構図の基本は三分割法、三角構図。

「そんなのとっくにやってるよ、でも全然上手くならないんだよ」という人は正しく使えてない可能性があるので、今一度基本を確認してみるといいと思う。

これを抑えるだけで、見る人の視線を誘導しやすくなる。

同じ絵でもグッと「上手いっぽく」なって目を惹くはず。

【イラスト上達テクニック】構図でイラストの魅力を伝えよう!
イラストの『構図』を意識したことはありますか? 構図はイラストを見る人に『こんな風に見せたい』という作者の意図を伝えるための重要なカギになります。本記事では、イラストを描く人ならぜひ覚えておきたい『構図のルール』を作例付でわかりやすく紹介します。ユーキャン「デジタルイラスト講座」からの特別掲載!

(参考:「構図でイラストの魅力を伝えよう」クリップスタジオ公式サイト)

上手いっぽく見える「流行りの顔」を真似する

「流行りの顔」ってなんぞやと思うかもしれないけど、目の描き方や髪の塗り方、歯の見え方、口の中の描き方なんかはかなり流行りの要素が高い。

これを意識すると簡単に上手いっぽくなるので、pixivなどでランキング入りしている作品を参考にするといい。

[pixiv]
pixiv(ピクシブ)のトレンド情報を参考に作られた2020年5月25日の総合デイリーランキングです。pixivで話題の最新作品をチェックして、好きな作品を見つけてみましょう。

「自分のタッチを大事にしたいから流行りには流されたくない」?

あなたのいちばんの望みはなんだったろうか。

そのためにはどうでもいいこだわりは捨てていこう。

ソフトの効果で簡単に「上手いっぽく」なる

デジタルで絵を描いているなら、何かソフトを使っていると思う。

ソフトの加工や効果を使うことで簡単に「上手いっぽく」見せられる。

最近なら「色トレス」と言って主線の色を変え、塗りと馴染ませる手法が流行っている。

デジタルお絵描きが一般的になった頃から便利に使われているのが「グロー効果」。画面が輝いて見えるようなアニメっぽい効果が付与される。

簡単にイラストをランクアップ!ぼかしを使った仕上げ技[グロー効果]
ぼかしを使った仕上げ技「グロー効果」を使うと、全体的に発光したような画面作りができます。簡単にイラストの見栄えをワンランクアップできる技なので、おぼえておくと便利です。

(参考:「ぼかしを使った仕上げ技【グロー効果】」クリップスタジオ公式サイト)

言われて嬉しい言葉がヒント

ここまでで解決しなかった人は、自分がなぜ絵を描きたいか、どんな絵を描きたいのか、まだわかっていないのかもしれない。

では、自分の絵をどんなふうに褒められたら嬉しいだろうか。

「色のセンスがいいですね」

「デッサンが完璧ですね」

「物語が浮かんでくるようなイラストですね」

「キャラの考察が深くて鋭いですね(二次創作の場合)」

「わ、似てる〜笑(似顔絵の場合)」

言われて嬉しいと感じたものが、あなたの描きたい絵。

私の場合、身の丈に合わないデザインの仕事をしていたので、「上手い」「センスいい」と言われなければいけない、と焦っていた。

やみくもに20年くらい筋肉デッサンをしたり、配色例の本を買いまくったりして、多少は褒めてもらえたこともあった。

でもぜんぜん満たされなかったし、デザインの仕事にも自信が持てず、ずっと見えない何かと戦っている感じだった。

そんなときに飲み会で描いた似顔絵を「似てる」と言って笑ってもらったのがとても嬉しくて「あー私の本当の望みはこっちだったか!」となった。

その後、本当にありがたいことに、しばらく仕事で似顔絵を描かせてもらったこともあった。

でも実は、飲み屋でちょいちょいっと描いてその場の人たちに見てもらうのがいちばん楽しい。

上手い似顔絵やすごい似顔絵を描いている自負も、もちろんないけどそれで十分楽しい。

似顔絵を描いて「似てる笑」と言ってもらう楽しさを知って以降、「センスいい」とか「絵が上手い」とか言われたい! という渇望がウソみたいに消えてしまった。憑物が落ちた、という感覚だった。

言われて嬉しい言葉を、慎重に考えてみたほうがよい。

回り道をする分、経験や技術も積めるので結果としてはいいんだけど、20年やみくもにつらい思いをするのはまあまあつらかったので。

さああとは行動するだけ

自分の本当の望みが分かれば、あとは行動あるのみ。

配色に凝ってセンスいいっぽい絵描きを目指してもいいし、似顔絵を描き始めてみてもいいし、ペンなんか捨ててカメラに持ち替えてもいい。

意外とそこから花開くかもしれない。私もそうだった。

「デッサンが完璧だ」と言われたければデッサン会に通ってもいいし、「物語が浮かぶような絵だ」と言われたければ一枚絵の他に漫画や絵本などに取り組んでみてもいい。

やみくもに「絵が上手い人が羨ましい」と思っていた頃より、やるべき努力、やりたい努力がはっきりして、合理的に取り組めるようになったと思う。

逆に、やりたくもない努力をして「いいね」が増えないとよけいつらくなる。

本当に自分の気持ちと向き合って、「自分はなにを褒められたいのか」をきちんと考えるのが、無駄につらくならないコツだ。

おまけ:全部読んだけどしっくりこなかった場合

今まで全部読んでみて、「うるさいうるさい! ぜんぜん意味わからん! 描きたい絵なんか無いし! とにかく絵が上手い人が羨ましいんだよ!」っていう人は、それってもしかすると、絵は関係ないかもしれない。

単に「誰かに自分を認めて欲しい」という欲求なのかもしれない

もちろんそういう気持ちは持ってて当たり前で、全然いい。でもそんなの浅ましいからとふたをしてしまいがちだから厄介なのだ。気づけたら万々歳。

まずはおいしいご飯を食べてゆっくり寝て、「そうかそうか、気づけなくってごめんね。つらい思いをさせてしまったね。もう無理に絵なんか描かなくていいんだよ。もちろん描いてもいいし、やめてもいいんだよ」と自分に言ってあげてほしい。

認めてほしいのは絵ではなく、例えばもっと仕事を認められたいのかもしれない。親に愛されたいとか、恋人(配偶者)にかまって欲しいとかなのかもしれない。

そこらへんのことも、何度かブレインダンプに取り組んでみるのがおすすめ。

自分の望むものをはっきりさせることで、スルッと解決に向かうはず。

タイトルとURLをコピーしました