イラストのいいねを増やすために心がけたい、正当な5つのやり方

いいねを増やすためにできる5つのこと
いいねを増やすためにできる5つのこと

「イラストのいいねを増やしたい!」

「でもそのために躍起になってフォロワー増やしたり、いいね返しでいいねしまくるみたいなのはイヤだ」

そんな人向け、【いいねを増やすために心がけたい、姑息じゃない正当な5つのこと】についてまとめている。

「いいねを増やすにはフォロワーを増やすべき!」「そのためにはタグをどんどん使って、積極的に絡もう!」みたいな風潮があるけど、絵を描く人たちが求めてるのはそんなネットビジネスみたいなのじゃないんだよね。

そんな力づくでフォロワーを増やして数で殴るみたいなことじゃなくて、"自分の絵をもっとたくさんの人にいいねって思ってほしい"ってことだよね。

この記事では、そのためにできる正当なやり方を5つ提案している。

ネガティブ発言をしない

まず一つは、SNSでネガティブ発言をしないこと。

「おっ」と思うようなイラストを見かけて普段のツイートを読んだら、「うわ、近寄らんとこ……」となって引いた、みたいな経験あるんじゃないだろうか。

ネガティブもいろいろあるけど、

  • お決まりの"はあ……絵が下手でつらい"
  • 家族や会社、学校、友人へのリアル愚痴
  • ニュースへの激しい批判
  • 過激な政治思想

などなど。

自分の考えをきちんと持って発信していくのはいいけど、行きすぎると「この人と仲良くなったらめんどくさそう」というオーラが出てしまう。

作品を見てもらいたいのなら、その前に人柄で避けられてしまうのはどう考えても損だ。心の深いところをみせるのは、仲良くなってからでもいい。

違和感絵を直す

二つめ、絵の違和感を直すこと。

人はウソをつけない生き物なので、明らかな骨折絵など違和感の強いものにはいいねをしにくい。

「いいねを増やすために画力をめちゃくちゃ上げよう!」というのは誰にでもできることじゃないけど、違和感を直すくらいのことは少しの労力から取り組めるはず。

そのためには美術解剖学やクイックスケッチを取り入れて、少しずつ練習してみるのがいいと思う。

ざっくりとでも正しい人体が把握できれば、それだけでもだいぶ違和感は減るはずだ。

センスを磨く

三つめはセンスを磨くこと。

「私はセンスなんか無いし無理……」というのは間違いで、センスは有る無しではなく"磨くか磨かないか"。

センスの磨き方としては、

  • 流行や定番にたくさん触れる
  • 「自分ならどう描くか?」を常に想像する
  • 思い描いた通りに描けるよう努力してみる

詳しくはこの記事でも書いている。

交流をする

四つめ、きちんと交流をすること。

「出たよ交流! だからそれ苦手だしやりたくないんだっつーの!」と思うだろうけど、私の考える交流は、ウザ絡みリプをしまくるようなものではない。

相手に興味を持つこと。

相手を"いいねをする石っころ"のように思わないこと。

それだけだ。

絵描きの中には、「自分以外はいいねをする石ころ」みたいに思ってしまっている人がいる気がする。(そうでない人ももちろんいる)

"私の絵が好きな人はRT"系のハッシュタグが嫌われるのも、そういう気持ちが透けて見える気がするからじゃないだろうか。

そういう考え方は、絶対に相手に感づかれてしまう。

Twitterの交流って具体的にどうすればいいの? という記事はこちら。

二次創作をしてみる

最後の提案は、二次創作をしてみること。

純粋に見てくれる人も増えるけど、何より、同じテイストが好きな人に見てもらいやすいからだ。

他にもいろいろと、自分のイラストのためにもメリットがある。

二次創作もうしてるよっていう人は、別のジャンルを描いてみたりするのもおすすめ。

何も「人気ジャンルで人を集めろ」ということではない。

一つのジャンルや限られたキャラクターだけを描いていても、自分の描けるもののバリエーションが増えないからだ。

ちょっと興味があるなあ、という作品やキャラクターがあれば、どんどん描いてみていいと思う。

※「あの人別ジャンルに浮気してる」みたいなことを言う人は、ただのやっかみ。他人が世界を広げていくことに焦って妨害しようとするフレネミーってやつなので無視!

まとめ:手近でできることから試してみてほしい

ここに挙げたものは、比較的どれも取りかかりやすい5箇条だと思う。

フォロワーを増やすハッシュタグを付けまくったはいいが対応しきれなくなり、「何あの人、つながる気ないならタグつけんな」とジャンル内で後ろ指をさされている人を見たことがある。

「いいねを増やすには画力を上げなきゃ」と焦って、かえって心が折れた人を見たことがある。

たくさんの人のいいねをもらうためにトレパク的なことをしてしまい、ジャンルを移っても「トレパクの人」と言われている人もいる。

そんなムチャしなくても、手近で簡単なところから取りかかればいいんだよ! ということを言いたくて、この記事をかいた。

何も5つ全部がんばる必要なんかもなくて、「そういえば自分はそれやったことないかも」「あんまりそのへんがんばってみたことないな」というようなものがあれば、試しにやってみてほしい。

軽い気持ちで試しにいろいろやってみるそのフットワークの軽さこそが、SNSでお絵描きするときには役に立つのだと思うので。

タイトルとURLをコピーしました