イラストのいいねを増やすために心がけたい、正当な5つのやり方

いいねを増やすためにできる5つのこと
いいねを増やすためにできる5つのこと

「イラストのいいねを増やしたい!」

「でもそのために躍起になってフォロワー増やしたり、いいね返しでいいねしまくるみたいなのはイヤだ」

そんな人向け、【いいねを増やすために心がけたい、姑息じゃない正当な5つのこと】についてまとめている。

「いいねを増やすにはフォロワーを増やすべき!」「そのためにはタグをどんどん使って、積極的に絡もう!」みたいな風潮があるけど、絵を描く人たちが求めてるのはそんなネットビジネスみたいなのじゃないんだよ。

そんな力づくでフォロワーを増やして数で殴るみたいなことじゃなくて、"自分の絵をもっとたくさんの人にいいねって思ってほしい"ってことだよ。

この記事では、そのために自分が試行錯誤してきて「こういうことかなあ」と感じている正当なやり方を5つ挙げてみる。

ネガティブ発言をしない

まず一つは、SNSでネガティブ発言をしないこと、というのはよく言われていることだと思う。

ネガティブもいろいろあるけど、「あー犬のうんこ踏んでサイアク……」とか「仕事やだよー月曜日来るなよー」とか「ゲームしすぎで肩バッキバキだよ!」とかは相手に無力感や罪悪感を感じさせないネガティブだから、別にいいんじゃないかなと思う。

私が思う「困るネガティブ」は例えば、

「下手でつらい、もう絵なんかやめたい……どうせ誰にも見てもらえないんだから」

みたいなのとか、

「上手い人が憎い……いいね多い人みると頭おかしくなりそう、病んじゃうよ……」

みたいなのとか。

それを見た人は「そんなこと言われても……いいねひとつしかつけられなくて、なんかごめんね……」「いいね少なくて病んじゃうって言われても、私はいつも見てるし毎回いいねしてるんだけどな……それでもなんの助けにもならないなら、もう私にできることないや」とか思ってしまう。

相手に無力感を感じさせてしまうような言葉は、相手の居心地を悪くさせてしまうのかなと思うので。

客のノリが悪いと不機嫌になって「お前ら楽しみに来てるんじゃねえの? もっと楽しめよ」とか言い出す勘違いバンドマンみたいな。あれも雰囲気悪くなるだけでよけい盛り下がる。

まずは(できればいい気分で)作品を見てもらわなければならないのに、場が冷え切ってしまう。

いつも元気で明るいフリをするべき! とかではなく、相手を責めるようなネガティブを言ってしまわないよう自分は気をつけている、という話です。

そもそもネガティブなことを言ってもスッキリしないんじゃないか説っていうのもある。

違和感絵を直す

二つめ、絵の違和感を直すこと。

人はウソをつくのが苦手なので、明らかな骨折絵など「ん? なんか変」みたいな、

違和感(いいねじゃない気持ち)>いいね

の作品にはいいねをしにくい。

あと「いいねを増やすために画力をめちゃくちゃ上げよう!」と思うと途方もない労力が必要だけど、まず違和感を直すことなら少しの労力から取り組める。

でも違和感って自分ではわからないから困るんであって、まわりに指摘してくれるような絵描きがいないなら添削サービスを使ってみるのもいいんじゃないかと思う。

センスを磨く

三つめはセンスを磨く(流行をとらえる)こと。

なぜならpopularは「人気のある」であると同時に「大衆的な」「一般に普及している」ものであるから。

センスの磨き方を言語化するならば、こういうことじゃないかなと思っている。

  • 流行や定番にたくさん触れる
  • 「自分ならどう描くか?」を常に想像する
  • 思い描いた通りに描けるよう努力してみる

交流をする

四つめ、きちんと交流をすること。

「出たよ交流! だからそれ苦手だしやりたくないんだっつーの!」と思うだろうけど、私の考える交流は、ウザ絡みリプをしまくるようなものではない。

相手に興味を持つこと。

相手を"いいねをする観客"のように思わないこと。

それだけ。

勘違いしている絵描きの中には「自分以外はいいねをしてくれる観客」みたいに思ってしまっている人がいる気がする。(昔の自分がそうだった)

"私の絵が好きな人はRT"系のハッシュタグが嫌われるのも、そういう気持ちが透けて見える気がするからじゃないだろうか。

二次創作をしてみる

二次創作(ファンアート)を描いてみること。

単に人集めのために描くと完全にバレるので、もし自分に作品愛や情熱があれば、の話ですけど……。

これ、自分というよりはまわりの人を見て強く思う。

それまで「普通に上手いな〜」くらいだった絵描きさんが、なにかに激烈にハマって描きまくってたらめちゃくちゃ上手くなってしまうみたいな現象を、私は何度も目撃している。

純粋に見てくれる人も増えるというのもあるし、同じテイストが好きな人に見てもらいやすい、というのもある。

二次創作もうしてるなら、別のジャンルも描いてみたり。

「人気ジャンルを渡り歩いてうまいこと人を集めろ」ということではなくて、一つのジャンルや限られたキャラクターだけを描いていても、自分の描けるもののバリエーションが増えないから

まとめ:手近でできることから何かやってみる

フォロワーを増やすハッシュタグを付けまくったはいいが対応しきれなくなり、「何あの人、つながる気ないならタグつけんな」とジャンル内で後ろ指をさされている人を見たことがある。

「いいねを増やすには画力を上げなきゃ」と焦って、かえって心が折れた人を見たことがある。

たくさんの人のいいねをもらうためにトレパク的なことをしてしまい、ジャンルを移っても「トレパクの人」と言われている人もいる。

そんなムチャしなくても、手近で簡単なところから取りかかればいいんだよ! ということを言いたくて、この記事をかいた。

たかがSNSだし、自分は軽い気持ちで試しにいろいろやってみる、実験してみるようにしています。

タイトルとURLをコピーしました