「写真そっくりに模写するのって意味ある?」模写のメリットについて

「写真そっくりに模写する人ってさあ、なんの意味があるの?」

「写真そっくりに描くなら写真でよくない?」

という疑問を抱いている人向け、【私が考える、模写をするメリット】について。練習としても、SNSにアップするにしても、それなりのメリットはあるのです。

写真そっくりに描くというのは、私も昔は「そんなのする意味ある? 写真でいいじゃん」と思っていた。

でも絵の練習をあれこれ試すうち「写真の模写ってこんなメリットがあるよなあ」ということにも気付いてきたので、写真でいいじゃん派の方々の疑問を解消する助けになればと。

「写真そっくりに模写するのって意味ある?」模写のメリットについて

ものを正確に把握して写しとる訓練

絵を描くというのは、自分が描きたいものを描きたいとおりに描けないと成立しない。

"頭の中ではこう描きたいと思っているのに、紙の上に出力すると全然ダメで何がなんだか伝わらない"では成立しないわけで。

なので、"ものを見た通りに描く技術"というのはごく初歩の必須スキルになる。

写真の模写はその練習にもってこい。

観察力や、見たものを見たまま描くスキルを養うことができる。

「写真をそのまま描き写すなんてズルじゃん! 何も見ないで描けるのが本当の絵描き」という考え方から写真の模写を否定する人もいるけど、絵というのはそういうものじゃない。それはただの手癖。

絵を描くっていうのは現実ありき、資料ありきで描くものなので、資料を見た通りに描く練習というのはずっとしていかなくてはならない。

写経的な趣味として

例えば推しとか、好きなモチーフを描くのはそれだけで没頭できて楽しい。

絵の練習になるという以外の観点からすると、没入できる趣味としても楽しめると思う。

絵をそっくりに描くっていうのは観察したものをその通りに出力しなければならないので、かなり脳を使う。

そうするとよけいなことを考える脳の容量がなくなって、結果的にストレスを忘れる。

嫌なことがあったときやけ食いをするとか、友だちに延々と愚痴るとか、そういうの以外に解消法があればそれに越したことないじゃん?

静かに、誰にも迷惑をかけず、自分の心を鎮めていく趣味というのは持っていて損じゃない。

しかも絵の練習になるし。

「これだけ時間と手間をかけました」という愛の証明

あとは、根気を養うにもいい練習方法だと思う。

何も見ないで適当にペロッと描くより時間も手間もかかるし、途中で投げ出さずに夢中で取り組む集中力も必要だ。

例えば推しの写真の模写を丁寧に丁寧に仕上げることで、推しへの愛の証明にもなるだろう。

「ああ私、推しさんのことを好きなんだなあ」

それって、何より自分が満ち足りた気分になれるんじゃないかな。

SNSで目を惹きやすい

以前にも書いたけど、リアルなタッチの絵はSNSでも人目を惹きやすい。

単純に、線が多いので情報量が多いから。

人間の脳は情報量が多いところへ意識が向くようになっているので、リアルタッチの線が多い絵は人目を惹くのだ。

「すごい!」「上手い!」ともなりやすく、これが"写真の模写アンチ派"には面白くないんじゃないかと思う。私もそう感じていた時期があるし。

「すごいとか上手いとかチヤホヤされてるけど写真を模写しただけじゃん!」「何も自分の創意工夫がない、あんなの絵じゃない!」みたいな。私もそんなこと言ってた時期があるし。(今思えばやっかみだったけど)

絵の上手さっていろいろあって、何かを正確に紙の上に写しとるのだって"上手さ"の一つだと気付いてからは、考え方を改めた。

ただ注意すべき点はあります

しかし写真の模写には注意点やデメリットももちろんあるので、それについても書いておく。

著作権、肖像権の侵害になる場合も

写真には、著作権(その写真を撮影した人の権利)と肖像権(その写真に写っている人の権利)があって、それをそっくりコピーして描いてネットにアップする、というのは考え方によってはそのへんに抵触してしまう。

よく、ネットの写真をそのまま背景として描いたイラストがパクリ疑惑で問題になったりするでしょ?

被写体本人に了承をとって(ペットとかなら確認は不要)、自分で撮った写真ならOKだけど、そうでない場合は注意が必要。

ただ、推しのTwitterに上がっていた写真をそっくりに模写するというくらいなら、ほとんどの場合お目こぼしされていると思う。

でも、それを有償で描くとか勝手にグッズにして利益を得るとかは完全にアウトなのでダメです。

個人的な考えではあるけど、推しの写真をそっくりに模写して無許可でSNSにアップするのも、権利を考えるとギリギリかなと思うので私はしていない。

だって、他人の写真を勝手にアップしたらダメじゃん?

だったら、そっくりに模写した絵(コピー)だってダメじゃん?

という考え方。(個人的な考えです)

よく、転載禁止の注意書きで、

Reproduction is prohibited.

ってあるけど、Reproductionというのは"複製"、"模造"という意味だから"模写"も入るかなと私は考えているので。

(そういう考え方もあるのか、という程度に受け取ってください。)

たいていの場合、権利元からは何も言われないけど、「お目こぼしをいただいているんだ」という意識は必要かと思う。二次創作と同様で。

※特に海外は権利関係の厳しいところが多いし、何か問題が起こっても英語でやりとりしなきゃいけないしでたいへんなので、そのへんは特に気を付けている。(個人的な考えです)

写真の模写は、自分の下手さに気づきにくい

また、絵の練習としてのデメリットもある。

上でも書いたとおり、写真の模写は線が多くて情報量が多いので自分の絵のアラが見えにくい。

書き上げてすぐ自分では「めっちゃ上手い! 最高傑作だ!」と思っても、数日経ったらデッサン狂いが浮かび上がってきて恥ずかしくなって前消し……みたいなことも。

線が多い模写のリアル絵は、他人の目もごまかすけど自分の目もごまかしてしまう。

模写をするときはよりいっそう自覚的にならないと、自分の線に酔ってしまうことがあるよという話。

写真の模写を絵の練習に組み込むことは、メリットが多いと思う。

もちろん注意すべき点はあると思うので、そのあたりに気をつければ個人で楽しむ範囲なら問題ないし、いい趣味にもなるんじゃないかなと考えている。

タイトルとURLをコピーしました