絵を描くとストレス解消になるって本当? そこらへん詳しく。

「絵を描くとストレス解消になるって本当? 逆にストレスたまってる気がするんだけど……」

「普段から絵は描いてるけど、どうせならストレス解消したい。どんなふうに描いたらいいのな」

という人向け【ストレス解消のためにお絵描きをするコツ】について。

絵を描くなどのアート活動をすることでストレスが緩和された、という実験結果がある。

アート経験の有無、上手い下手を問わず、クリエイティブな活動を45分続けるとコルチゾール(ストレスに反応して出る物質)が減った、というもの。75%もの人に効果が見られたそうだ。

絵を描くとストレスが減る。下手でもOKみたい(研究結果)
アートの経験がない人にもいいニュースです。

でも「えー、私は絵を描いてるとむしろストレス溜まるけど……」という人もいるかもしれない。

そこで、絵を描くとなぜストレスが解消されるのか、また、なぜ解消されないのかについて書いていく。

絵を描くとストレス解消になるって本当? そこらへん詳しく。

ストレッサー(ストレスを発生させるもの)は過去か未来にしかない

ストレスを解消する方法というのはただ一つ、"今"に集中することだ。

というのは、ストレッサー(ストレスを発生させるもの)は過去と未来にしかないから。

今おうちでソファに座ってこのブログを読んでいるあなたは、"今"は何のストレスもないはずだ。(このブログ、なんかもったいぶりやがってイラつく! というストレスはあるかもしれないけど)

さっきまで仕事でわけわからんクレーマーの対応をしていたとしてもそれは過去のストレスだし、「将来どうなっちゃうんだろう、親の介護、子どもの学費……」という心配事があったとしてもそれは未来のストレスだ。どちらも"今"目の前には存在しない。

"今このとき"に集中することでストレスは解消される

そこで古来より人間は「今このとき」に集中するためのものをいろいろ編み出してきた。

それが【瞑想】だったり【座禅】だったりするわけです。

最近だと、「【掃除】に集中することで開運・ハッピーに!(ハートマーク)」という提案をよく見かけるけど、これも「"今このとき"に集中してストレスを解消しようや……」ということに他ならない。

瞑想も座禅もちょっとな……掃除も家事だし……という人は、【絵を描くこと】で"今このとき"に集中できるよ、ということです。

思った通りに線を引くことだって、色を塗ることだって、今目の前に集中しなければできないことの連続だ。

「絵を描いても逆にストレスたまるんだけど……」という場合

と言っても「絵を描いても逆にイライラしてストレスたまるんだよね」ということもあると思う。

つまりそれは、"今このとき"に集中できていないからだ、と言える。

上の空で、惰性で絵を描いちゃっている

手癖でなんとなく絵を描いている場合、目の前のことに集中しにくい。

ざかざか惰性でクロッキー帳は埋めつつも頭の中は別のことでモヤモヤ……というのでは、いろんな意味で無駄になってしまう。

手癖で描いても上達はしないし、ストレスは解消されないし、クロッキー帳は無駄になる。

"今このとき描いている絵"に集中するクセをつけることで、手癖で描くこともなくなり、ストレスも解消され、その上絵が上達する。

絵の評価を気にしちゃって集中できない

あとはSNSにアップする人の場合だと「こないだ5時間かけて描いた絵にいいねが7個しかつかなかったよな……むなしい」とか「今がんばって描いてるこの絵、いいねが10いかなかったら泣くんだけど……想像するだけで萎える」みたいなストレスもあるかもしれない。

でもそれも過去と未来のストレスだ。

"今絵を描いていること"と"過去にいいねがつかなかったこと"はなんの関係もない。

"今描いているこの絵"に、"未来にいいねがつくかつかないか"はまた別の話。

"今このとき描いている絵"に集中するクセをつけることで、いいねの数に思い悩んで手が止まっちゃう……みたいなこともなくなるし「誰々と比べて私は絵が下手。私なんか絵を描いて意味あるのかな」なんて考えてモヤモヤすることもなくなるのだ。

いいねがつかなかった過去はとりあえず"今は"忘れて、その絵に集中する。

下手でがっかりするかもしれない未来はとりあえず"今は"置いといて、その絵に集中する。

いいねが少なくてもうしこたま悩んだんだから、別の絵を描いている今にまで引きずる必要はない。どうしてもまだ悩みたかったら、その絵を描き終えてからゆっくり悩みを反芻すればよい。

どうせSNSにアップしたあと落ち込むんだから、そのときに未来で思う存分落ち込めばいい。今から落ち込む必要はない。いちいち落ち込みの予行練習いらんでしょう。

"今このとき"に集中することで、絵を描くことを純粋に楽しむ

「どんな悩みも過去と未来にしかないんだとりあえず今は目の前のこれに集中しよう」というふうに意識するだけで、たいていのことはストレス解消になる。

上に述べた、アート活動をするとコルチゾールが減少するという実験結果も、こういった要素が多分にあると思う。別にアートじゃなくてもいいけど、アートだと楽しんで集中しやすいというだけで。

ストレス解消っていうと、「くそー! 誰々ムカつくー!」とか言いながらサンドバッグを殴るとか、失恋してカラオケで悲しい曲を歌いまくって号泣する、みたいなのを思い浮かべてしまうけど、それってどれもストレッサー(ストレスを引き起こした原因)に集中してしまっている。

ストレッサーに意識が集中してしまっている以上、ストレスを忘れることはできない。ストレスに浸ってしまっている状態だ。

ストレッサーを忘れよう忘れようとするとよけいに固執してしまうから、ストレスを解消するには"今に集中する"しかないのだ。

かと言って瞑想も座禅もハードルが高いと感じる人も多いだろう。

まずは目の前の、今描いているその絵、その線の一本一本に集中してみるといいかもしれない。

私たちはせっかく絵を描いているんだから。

タイトルとURLをコピーしました