「自分の取り柄は絵を描くことくらいしかない」と思っているあなたへ

「絵を描くことなら誰にも負けない。これが私の取り柄なんだから」

「絵を描くことくらいしか私には取り柄がない。絵だけは絶対やめないで一生描いていかなくちゃ」

という人向け【自分の取り柄は絵を描くことくらいしかない、と思ってしまう危険性】について。

私自身「自分の取り柄は絵を描くことくらいしかない」とずっと思っていて、それゆえにたいへん不安定な思春期〜青年期を過ごしている。

だって取り柄が絵を描くことしかないのに、その取り柄が全然評価されないんだもの。

取り柄はこれしかない、と思ってしまうと、「じゃあ私の生きてる価値ってなくない? 何のために生きているの?」なってしまい、あやうい。

「だってそうだもん、私には絵を描くしか取り柄がないんだからしょうがない、だからこんなに悩んでいるんだよ!」と思ってしまっている人が、ちょっとでも楽になればいいなと思ってこの記事を書いている。

「絵を描くのが得意」を取り柄にしちゃうと危ないかもしれないよ。

まず、「絵を描くことだけが自分の取り柄だ」と考えてしまうとなぜあやういのかと言うと。

SNS時代、自分より上手い人はたくさんいるので自信を無くしやすい

ネットがない頃は自分の絵を他人と比べるといってもせいぜいクラスの中とか部活の中、広くても県の美術展くらいなもんだった。

もちろん自分より上手い人の作品を目にすることはあったけど、同世代に天才でもいない限り、受けるショックは知れている。

それが今はSNS時代。スマホを覗くだけで上手い人がわんさか目に入る。

中には自分よりかなり年下なのにめちゃくちゃ上手いとか、自分の長所・特徴だと思っていた画風でとっくに何倍も上手い先達がいたとか。

下手したら毎日毎日ショックを受け続ける。

そんなの、「絵だけが取り柄だ」なんて思っていたら精神が死んでしまいます。

気軽に休んだりやめたりできなくて疲弊しがち

「自分はそこそこ上手く描ける。ジャンル内では目立つ程度に評価されている」という人もいるだろう。

けどその場合も、「絵だけが自分の取り柄」と思っているとしんどくなる。

休みたいなと思っても、休んでいるうちにもっと上手い人が現れて自分の地位を脅かすと思うと休むのがこわい。

ジャンルを移動したくても、「ジャンルで評価されている」という今の自分のアイデンティティを失うのがこわくてできない。

自分の中のモチベーションが薄れてきてインプットの時間を取りたいと思っても、絵から離れるのがこわい……。

カッスカスのモチベーションでカッスカスの手癖の絵を投稿し続けながら「違う、こんなんじゃだめなんだよ、画力が落ちたって思われてるかもしれない、どうしよう、でも描き続けなきゃ」と葛藤して。

これもまた、遅かれ早かれ、精神的に死ぬ。

自分を好きになるのに理由はいらないんです。

取り柄がなくたっていいじゃない

「絵を描くのが自分の取り柄(得意)だな」と思ってもいいんだけど、そこに自分の生きる意味を全振りしないでおく。

「絵を描くのが私の唯一の価値。絵を描いていれば私は生きていてもいいんだ」とかってすがらないでおく。

絵なんか描いても描かなくても、得意でも得意じゃなくても、褒められても褒められなくても、あなたの価値は変わらないのだから。

それを「絵が上手いからそんな自分が好き」「絵を描いて評価されているからそんな自分はすごい」「展覧会で賞をもらったから、先生に褒められたから、そんな自分は価値がある」と考えてしまうと、簡単に生きる意味をなくしてしまう。

なんの理由もなくても、「自分ってすごいな、かけがえのない人間だな、そんな自分が好き」と思っていていいわけです。

むしろ「そんなに上手い絵は描けないけど、そこがいい」「絵の練習サボっちゃってなかなか上達しないけど、そんな自分が好き」くらい思っていていい。

別の趣味を作ってアイデンティティを分散させる

なんなら、むりやり別の趣味を作るのもおすすめ。

登山とかキャンプとか、できればまったく芸術とは違うジャンルのものがいい。

アイデンティティを形成する要素をなるべくたくさん作るのだ。

私が内Pを観ていて救われた話

自分にも、絵を描くことがとっくに限界を迎えて、誇れもしない仕事に嫌気がさして、「あ〜明日終わってもいいや」と毎日思っていた頃があった。

その頃ね、内Pを観てたんです。

内Pの中で芸人さんたちがしょうもない下ネタを言って、しょうもない滑り方をして、露天風呂でダルマさんがころんだをして、はりきりすぎて靭帯断裂して、それを内村プロデューサーが朗らかに笑い飛ばしているのを観て、「生きてるってこういうことでいいんだ」と思った。

深夜に布団の中でだらしなくお菓子を食べながら内Pを観て、自分も、ダメな自分を楽しんでみた。

思いっきりダメ人間ごっこをしてみた。

私の場合はあの頃のあの考え方がかなり変わって楽になったんだけど、まあなんか、そういうことをしてみてほしいなと思うわけです。

あなたにとっての内Pも、この世界のどこかに必ずあると思うので。

(俺チョイスシリーズはど真ん中の面白さが詰まった三村マサカズ編がおすすめです。布団の中でお菓子食べながら観てみて。)

思えばこのダメ人間ごっこを楽しんだ後からがらっと人生が変わって、ジャンルの中で急に評価されるようになったり、デザインの仕事をさせてもらえることになったりした。

それまで私はプライドにすがっていて死にかけていて、なんのパワーもなかったんだと思う。

そんなやつに誰も声なんかかけたくないし、仕事を任せようなんても思わないわな。

「絵を描くのが好き」を取り柄にしよう

どうしても絵を描くことに取り柄や生きる意味を見出したい人は、

「絵を描くのが好き」を取り柄にしよう。

要するに"自分の取り柄"を渇望してしまうとき、「自分は誰かと比べて優っている」と思いたいんじゃないだろうか。

いいねの数、RTの数、商業で描いてるとか同人誌を何部刷って何分ではけたとか。

他人と比べてしまうと、すべてそういう数でしか測れなくなる。

でも「好き」なら数値化できないし、誰かと比べられないでしょう?

(それでもなお「ジャンル内で私がいちばん絵を描くのが好き。だって毎日絵をアップしてる」「私は誰よりも絵を描くことを愛している、だって参考文献こんなにたくさん買ってる」とか誰かと比べちゃう人いるかもしれないけど。)

「絵を描くのが唯一の自分の取り柄」と強く思って成功する人だってそりゃいると思うけど、そんなこと強く思わなくたって成功する人もいるんだから。

だったら気持ちが楽になるほうの道を行こうよ。

タイトルとURLをコピーしました