効果的な絵の練習方法だけを探し求めるジプシーになっちゃってない?

「絵が上手くなるための効果的な練習方法って何?どれをやればいいの?」

「結局のところいちばん効果的な絵の練習方法ってどれなんだろう?」

とネットで検索していろいろ探し求めてしまう人向け【絵の練習方法ジプシーになってしまっていませんか?】という記事。

これは自分の経験上なのだけど、「もっといい絵の練習方法はないか」「もっとうまいやり方はないか」とネットで検索して、「アレは面倒、コレは難しい、ソレはお金かかる……なんかこうもっと無料で簡単でめんどくさくなくて一瞬で絵が上手くなるみたいな練習方法ないのかよ」みたいにぐるぐる回って具体的には何も行動しないまま「あーあ、絵が上手くなりたいけど私なんか無理だよね……センスも才能もないし……」と不貞寝、みたいな時期があった。

今書いてて「私バカじゃねえの」と思ったけど、もしかしたら同じループにはまり込んでいる人がいるかもしれない、と思って記事にしている。(いなかったらそれはそれでめでたいので良し!)

練習方法ジプシーになっちゃっていないか、もしそうならどうやって抜け出せばいいか、という自分の経験について書いていく。

※ジプシーという言葉は"あちこち移動する人々"という意味で使っています。

効果的な絵の練習方法だけを探し求めるジプシーになっちゃってない?

ほんとその通りです……と耳が痛くなったツイートがあった。

「絵が上手くなるにはどういう練習したらいいのか分からないんだよなあ……」としかつめらしい顔をしてネットのハウツー記事を探してるけど、「もっと簡単に絵が上手くなるラクチンな魔法がないかな〜」って思ってるだけなんだよね……。

自分の経験上、ネットの記事を読みまくっている時期は何もしてない

自分がネットのハウツー記事をあれこれ読みまくってああでもないこうでもないしちゃっていないか、ときどき自省をしてみたい。

私の場合はネットの情報というより本だったけど「これであなたも上手くなる!」とか「○ヶ月で必ず上達!完全版」みたいなサブタイトルに踊らされてハウツー本を何冊買ったことか。

これはダイエットでも同じなんだけど、「○ヶ月で何キロ!」とか「今まで痩せなかった人もこれで痩せる!」みたいなダイエット本を買っただけでもう痩せた気になっちゃう。

絵もダイエットもそうだけど、結果が出るかどうかが不安で今すぐ何か確かなものにすがりたい

それがたかだか2、3千円の本だったりすれば飛びついちゃう。

ネット上の無料の情報だったらなおのこと、中毒みたいに毎日読みあさってしまう。

「なるほど……でももっといい方法はないか?」

「もっと効果的で万能な方法があるかもしれない、それを見逃したら損だ!」

「この記事役に立たないな! 書いてる人何もわかってない(とTwitterでこき下ろす)」

そうやって指と目と口先だけを使っているうちは、当然ながら、自分では具体的には何も行動しない。

ブクマとスクショが無駄に増えていくだけ。

絵が上手くなるわけないし、痩せるわけもない。

でも「自分は問題解決のために行動(本当は一枚でも絵を描けばいいところをネットの記事をだらだら読んでるだけ)しているんだ!」という気持ちよさが中毒になって、つい続けてしまう。

ハウツー記事読みあさり中毒からの脱出方法

脱出方法は、なんでもいいから一つ決めて始めること。

「絵が上手くなるにはデッサンがおすすめ」←「あー、それはわかってるけどめんどくさくてやりたくない」

「動きを描くにはクロッキーをしよう」←「クロッキーとかよくわかんない、クロッキーやっても意味ないって記事見たし。却下」

「模写をすると形をとらえる練習になるよ」←「本当に? 効果あるの? 証拠は? えー、証拠がないならやらな〜い」

とか言ってないで、どれか一つ始める。どれでもいい。1ヶ月続けてみる。手を動かすことを始めてみる。

同じく勉強の方法についてのツイートだけど、こちらも絵の練習方法に応用できる。

  • デッサン本を買ったら眺めるんじゃなくて模写をする(手を動かして勘所を見つける)
  • 下書きや素描を繰り返した上で、作品に取り掛かる(一発描きで傑作はできない)
  • 自分の書いたものを客観的にチェック(改善するところを見つけ次につなげる)

絵の練習でも、ネットの記事を読んでるだけなのは参考書やデッサン本をボーッと見ている状態と同じだと思う。一応机には向かって勉強に関することをやってる気になってそれで終わってしまい、得られるものは何もない。

勉強もスポーツも絵も、何でも基本的な部分は同じなんだなと感じる。

ただ、(受験のためなどの)勉強と違うのは、絵は自分が好きで描いている、やりたくてやっているっていうことだ。なのにずるずるサボってどうすんだ。(自分に対して言っています)

何をしていいか分からない場合はデッサン本の模写

何から始めてもいいけど(何から始めても続けなければ同じだけど)、全く何をしていいか分からないというならデッサン本の模写をするのもいい。少しずつ、一冊終わるまで続けてみる。

おすすめ理由は、何も考えず手を動かすことができるから。

あと「私絵の練習してるぞ〜!」という"やってる感"を感じられるのと、模写なので「あれ、私上手くなってるのでは?」みたいな達成感も得られる。

「でもデッサン本どれがいいか分からないし、どのデッサン本を模写すれば上手くなれるのかをネットでいろいろ調べないと……」とこれまたネットの口コミに振り回されてしまうなら、今いちばん売れているものを一冊選べばいい。

例えば"デッサン"で検索して、今いちばん評価が高い書籍といえばこれ、『モルフォ人体デッサン』だった。

ただのデッサン本ではなく、美術解剖学の要素も合わせて学べる(モルフォロジーというのは形態学という意味)のが特徴だ。Kindle版は2020年11月時点で今のところまだ無いけど、パタンと180度開くので書籍でも使いやすそう。自分も次はこれを使いたいと思っている。

どのデッサン本も自分より格段に上手い人が描いているのだから、どれを選んでも勉強になるのは間違いない。

「昔買って読んだけど役に立たなかったわ」と積んである本があるなら、本にゴメンナサイしてそれを出してきて模写してもいい。

一冊模写し終わったら好みもよりハッキリしてくるし目も肥えてくるだろうし、そうしたら今度はよりいいと思うものを自分で選べばいい。

とりあえずの一冊は「いちばん売れてるみたい」とか「いちばん評価が高かった」とか「なんとなくこの作例の絵柄が好き」くらいの雑な選び方でいいと思います。だってこれからの人生で何十冊も模写していくんだから……。

デッサン本が高くて一冊も買えないよ、というなら、Amazonの試し読みページを見て模写したっていい。試し読みページをそっと模写練習させてもらうくらいはきっと著作権の神様も許してくれる。『フランダースの犬』のネロみたいに。

愚直にやっていくのが結局のところ近道

私はファイナンシャルプランナーの資格を取るために勉強したことがあるけど、あれも、

テキストを読む→過去問を解く→分からないところを読む

の繰り返しをただただひたすら続けて取得した。

この分野でこの問題を抑えれば合格確実! みたいな参考書もあったけど、合格するためじゃなくお金の知識を身につけたくて勉強していたので全ての分野をひたすら愚直に淡々と繰り返した。

結局それが近道だし、確実だし、気持ちいい。

ファイナンシャルプランナーの試験範囲はごく限られているから正気を失わずにそれができたけど、絵の練習って無限に感じるからなかなか愚直に取り組むのが難しいんだと思う。

「絵でもああいうふうに続ければいいんだ」というのは分かっているけど、私は勉強をコツコツすることの方が得意みたい。FPの勉強楽しかったな。

でも"何かを習得したいときは、目の前のことを淡々と続けるしかない"という基本は同じ。

ともすると私はいまだに「効果的な絵の練習方法」を求めて旅に出がちになるので、たまには旅に出るのもいいけどなるべく早く我にかえるように、心がけようと思います。

※このブログを書いている高橋がTwitterを始めました。 → @tkhs_bsdz

Twitterでブログ更新のお知らせをしていくので、気軽にフォロー&声をかけてもらえればと思います。

タイトルとURLをコピーしました