絵が下手な理由は大きく分けて二つ。才能でもセンスでもないよ。

「なんで私、こんなに絵が下手なんだろう……? やっぱり才能がないとダメなのかな」

「生まれつき才能がないと絵は上手くなれないの?」

と落ち込んでいる人向け、【絵が下手な理由は大きく分けて2つだけ。それぞれの対策法】について。

絵が上手い人を見て「絵の才能がある人はいいなあ……」「私はいくら練習しても上手くならないから、きっとセンスがないんだ。ガッカリ……」と落ち込んだりすることってある。

でも同時に「才能とかセンスという言葉でぼやけさせて、逃げてしまって、努力もしてない、これがダメなんだよな」ということも分かっているんだ……。

じゃあもっとはっきり理屈を考えてみよう、そしたら具体的な行動に移せるのでは。

と思ったので、二種類の【絵が下手な理由】について原因と解決法を考えてみた。

絵が下手な原因は2つに分けられる

絵の上手い下手というのは説明が難しいから、歌に例えて考えてみた。

歌があんまり上手くない、いわゆる【音痴】というのがあるけど、ご存知の通り、音痴にも二種類ある。

そもそも正しい音がわからない感受性音痴と、出したい音が出せない運動性音痴。

絵が下手なのも、同じように分けて考えられると思う。

自分の絵の下手さが分かってないケース

音痴の一つに【感受性音痴】というものがある。

これはそもそも正しい音が聴こえていないというもの。

子どもの頃から正しい音階を聴く機会が少なかった人がなりやすいと言われていて、センスやら才能とは関係ない。(生育環境には影響されるかもしれないけど。)

絵に例えると、自分では絵が下手だということに気付いていなかったり、まわりにからかわれても「え? なかなか上手く描けてるのに……別におかしくないでしょ?」と思ったりする感じ?

ダウンタウンの浜ちゃんみたいな、いわゆる"画伯"の人たちを想像してみると分かりやすいかも。

また、"画伯"まではいかなくても、自分では上手く描けてると思っているのになぜか評価されない自分の絵の下手なところが分からない、という場合、このパターンに近いのかもしれない。

解決するためには、模写・トレース・インプット

感受性音痴の場合と同じで、正しい絵、優れた絵にたくさん触れていないことが原因なので、まずはインプットをたくさんすることが必要になると思う。

絵を描き始めの頃ってどうしても「○○っていう作品を読んで"絵が上手い!"と感動し、自分も絵を描きたくなった!」というパターンが多く、まだまだ【上手い】の基準が狭い。

人気と、いわゆる画力はイコールではないため、限られた作者の作品だけ読んでいるとどうしても感覚が狂いやすい。

いろいろな作品に触れることで「子どものころは誰々先生の絵が最高に上手いと思っていたけど、もっと上手い絵をたくさん見たらアラがわかるようになってきた……」みたいなこともある。

いろいろな作品に触れて自分の中の「上手い」の基準を随時更新していくことで、「上手さ」を見る目を肥やしていけるんじゃないだろうか。

同時に、基礎から順番に習える講座を利用してみると、自分の中の感覚が整うんじゃないかと思う。

イラストの描き方を動画で学ぶ! - sensei by pixiv
pixivが運営するお絵かき学習サービス「sensei(センセイ)」。3分動画でお絵かき上達!いますぐ無料ではじめられます。

また、自分で描く場合も模写とトレースを並行してやってみると、自分がどれだけ正しく描けていないかはっきりわかっていい。

自分の絵の下手さが分からない【画伯系】の人は……

  • いろいろな作品に触れ【上手い絵】をインプットする
  • 模写とトレースを並行して【自分がどれだけ描けていないか】に気づいていく

下手だと分かっていて思うように描けないケース

もう一つの音痴のパターンが【運動性音痴】。

これは身体(呼吸やノド)の使い方が身についておらず、出したい音程を出せないとか声量が足りないことで、素人臭くなっちゃうタイプ。

これもセンスやら才能は関係なくて、単に体の使い方を知らないだけ、ということになる。(生育環境で自然に身についている人はいるだろうから、それは天性のものといえばそうだろうけど。)

絵に例えると、描きたいレベルの絵は頭にあるのに、それをどう描いていいか分からない、技術がついていかない、という感じ。私を含めて「絵がうまくならない……」と悩んでいるのってだいたいの場合こちらのケースだと思う。

上手い絵というのはどんなものかしっかり分かっているのに、そこに手が届かないので苦しく、もどかしく、自分がふがいないと感じてしまう。

解決するためには、デッサン・クロッキー・解剖学

運動性音痴の場合は、適切なボイストレーニングを受ければ比較的短期間で改善すると言われている。

ボイストレーニングでは、呼吸法、唇や舌の動かし方などのノウハウをプロに学び身体で覚えるけれど、絵も同じでやみくもに練習するのではなく、技術やコツ、ノウハウを学ぶと早い。

そのボイストレーニングにあたるのは、絵で言うデッサン、クロッキー、解剖学の知識などだと思う。

できればボイストレーニングのようにプロの講師がいればより効率的で早いけど、なかなかそうもいかない時代になった。(デッサン会も密なので。)

「デッサンとかクロッキーってやったことない。どうやってやるの?」という人は、デッサン本や解剖学の本の模写からだと始めやすい。

解剖学の本だと、最近のおすすめはこちら。骨格、筋肉ともに学べる。

クロッキーに関してはこちら。模写をしていくと一息で描く線の美しさが身につくと思う。

さらにその上を目指すとしたら

理屈で言えば、絵の上達に必要なのは以下の二種類のみ、ということになる。

  • 優れた絵をたくさん見て「絵が上手いってこういうことか」という感受性を磨く
  • 思い通りに描くために技術やコツ、ノウハウを学ぶ

やっぱりセンスとか才能ではない。

でも、歌も絵もそうだけど、さらにその上というのが無限に続いている。

表現力とか、熱量とか、個性みたいなもの。

これは練習を積み重ねたり、新しいものに触れてセンスを磨き続けたりすることで培われていくけど、たぶん終わりはなく、一生かけてやっていくことだと思う。絵が上手い人たちも、みんなこれで悩んだりがんばったりしてる。

また、より自分に合った絵柄(自分の良さが出やすい絵柄)を描くこと、「これを描きたい!」と強く思えるものを描くことなども重要になってくる。

歌だっていくら上手くてもキーに合わない曲は歌いづらいし、歌いたくない曲には気持ちも入りにくいように。

絵が下手で悩んじゃう人は、もっと現実的に考えてみる

本気で音痴を直したい人は「呼吸法や喉の使い方を身につけるために、ボイストレーニングに行こう」と考えると思う。

なのに絵が下手で悩む人って、私もそうだけど、なぜか「どうせ私は才能やセンスがないから仕方ないんだ……」「神様に選ばれなかった私みじめ……」とそこで思考停止しがち。

技術やコツ、ノウハウを身につけるべく理論的に練習すれば、ある程度は必ず上手くなるのに。

また「デッサン必要ないから」「解剖学は難しいからやりたくない」というのも、「そんな面倒なものやらずに、自分のセンスや才能でなんとかしたい」という心理なんじゃないかと思う。

それって「歌が上手くなりたいけど発声練習したくない」と言うようなものだよね……。

自分もまさにそうだったんだけど、あまりにも無茶で、傲慢な考え方だと今では思う。自分では何もせず神頼みしてるだけに近いもの。

「絵が下手でつらい……」と言いつつも、たぶん、どこかで自分には才能やセンスがあると思ってて、それがいつか自動でパカッと花開いてなんとかなるんじゃないかと思っちゃってた。

ただじっと待ってて念力だけでなんとかしようとするとイライラするし、だからつい自分の才能とかセンスのせいにしたくなってしまってたんだと思う。才能とかセンスって、言葉の意味もぼんやりしていて、かっこうの言い訳になるから。

絵以外でも、結果が出ないことや思うようにいかないことに対してイライラしそうになったら、「ああ、自分がじっとしているからイライラするんだ」と気持ちを切り替えて自分が動くようにしている。

タイトルとURLをコピーしました