「絵の練習なんて続けても意味がない」それは怠けるための心理の罠

「絵なんか練習しても上手くならないかもしれないし、練習する意味あるの?」

「絵の練習なんてやっても無駄だから意味がない、続けられない」

と思ってしまって絵の練習を続けられない人向け【それは現状維持バイアスです。心理の罠ですよ】という記事。

「自分なんか才能ないんだし、絵の練習なんてしても意味ない」ってつい言いたくなっちゃうし、こう言ってる人ってよくSNSなんかでも見かけると思う。

これって「私は才能ないんだし」「センスないし」というもっともらしい言い訳をつけてるけど、とにかく絵の練習をしたくないだけなのです。

絵がいやなんじゃなく、新しい習慣をつけるのがいやなのだ。

人は、今までと変わったことをするのをいやがるものなのだ。

これ【現状維持バイアス】というやつで、人間の心理のもっともめんどくさい罠。

これについて説明していく。

「絵の練習なんて続けても意味がない」それは怠けるための心理の罠

ずるずると怠けちゃう理由は【現状維持バイアス】

【現状維持バイアス】というのは、今までと変わったことをして変化がもたらされるのを嫌う心理。

脳にとって変化というのは大きなストレスになる。

変化に対応するためには、脳がいっぱい働かなきゃいけないからだ。

脳がいっぱい働いたらグルコースも消費するし、その分グルコースが補充されるかどうかも確約されていない。

もし脳がしゃかりきに働いてグルコースが補充されなかったら生命の危機に陥ってしまう。

だから私たちはなるべく今まで通り、変わったことをせず、現状維持を最良として生きてしまう。

要するに、脳に支配されているわけね。

台風の避難とかでよく「いや、避難しなくても大丈夫だろう」と考えてしまうのもこの【現状維持バイアス】だと言われている。

絵の練習も同じ。

「絵が上手くなりたい」という気持ちと「新しいことを始めてそこに費やす労力がもったいない、めんどくさい」という気持ち天秤にかけ、後者の「めんどくさい」が勝ってしまう。

でも「労力を費やすのもったいないしめんどいから」だと自分を納得させられないので、「どうせ私才能ないんだし」「センスがないからどうせ練習しても無駄だし」という、一見もっともらしい理由を持ってきて自分を納得させようとする。

でもこれって、無駄に自分を貶めてない?

現状維持バイアスの理由をこじつけるために「自分には才能がないから」「私なんてセンスがないから」って、わざわざ自分の自尊心をけずるのは、それこそ無駄なこと。

【現状維持バイアス】をうちやぶるのは【習慣づけ】のみ

じゃあその【現状維持バイアス】を突破して絵を描く練習を続けるにはどうするかというと、習慣化するしかない。

習慣化するにはどうしたらいいかというと、なるべく脳にストレスを与えず、しれーっと、騙し騙しやるのがコツ。

新しく動物を飼うみたいなもんです。

「よーし今日からやるぞー! いざ!」みたいに始めちゃうとそのときは脳が興奮状態だからいいけど、醒めたとたん脳が「めんどくさい」って言い出すので、なるべく盛り上がらないこと。

何も考えず自動的に始める

まずは、やる時間とやることを決めてしまい、その時間になったら自動的に何も考えず始めること。

「絵の練習しなきゃ、何を描こうかな」「今日はアナログとデジタルどっちで描こうかな、えーと」なんてやっていると脳が「考えることがいっぱいすぎてストレス! だから新しいこと始めるのいやなんだよ!」となって三日坊主になりがち。

下手すると1日でいやになってしまう。

"帰宅したら充電しといたiPadとApple Pencilで夕食前に30分だけお絵描きする"

"机の上にコピー用紙つんどいて、テレビ観てる時間の合間にらくがきする"

など、いわゆるルーティンを決めておくのがおすすめ。

描くものを決めておく

あと、iPadを手にしてアプリ起動したはいいけど「何を描こうかな」とやっていると脳がまた「考えるのいやだー! 新しいことやるのいやだー!」となってくるので、日頃から描くものをカメラロールなどに整理しておく。

もう「今日はこれ描こう」と決めて、お気に入り登録なりフォルダ分けなりしておく。

そのほかいろいろ細かいことに関しては、この記事にも書いている。

「自分は何が描きたいのか」を確かめよう

あとは、"自分は何を描きたいのか"とか"何のために描きたいのか"というのもハッキリしているとさらに良い。

【現状維持バイアス】というのは"それをやったときに得られるメリット"と"それをやらなかったときの損失"を秤にかけて、後者に重きを置いてしまうために起こる。

例えば「絵が上手くなってSNSでいいねをもらいたい」という動機で絵の練習をする場合、「苦労して練習してもたいしていいねつかないし無駄だわ」となりがち。

でもまあ例えば「推しの絵をカッコよく描きたい、推しを描くこと自体が幸せ」という動機なら、「私は苦労して練習している」とは感じないんじゃないだろうか。

人からの評価のためとか、なんとなくチヤホヤされたいからとか、そういう動機でも全然いいんだけど、練習を続けていくには動機としてちと弱いかもしれない。

絵の練習が続かないという人は、

  1. 【現状維持バイアス】が働かないようにそっと始めること
  2. ルーティン化して脳にストレスを与えないようにすること
  3. 動機を見直してみること

この3点のポイントに注意してみてほしい。

何度でも三日坊主したっていいし、何度か三日坊主しているうちに次は続いたりするので。

がんばって練習しなきゃと思わなくていい。

がんばるべきはただ一つ、上手く脳を騙すことのみ。

タイトルとURLをコピーしました