「才能もセンスもない私が努力しても無駄」という言い訳と自己陶酔

「絵の練習なんてしても、自分には才能がないから意味ない」

「自分は絵のセンスが無いから、どんなにがんばって練習しても無駄」

と思ってしまっている人向け、【私の場合はそれ、言い訳にしてました。ついでに自己陶酔でした。】気づいたきっかけと、直したら楽になったという話。

タイトルと上に書いた通り、「どうせ私は才能もセンスもないから努力したって意味ないんだ……」と言って努力をしない言い訳にし、

「あーあ、絵が上手い人はいいな、才能とセンスがある人が羨ましい……私はどうせそうはなれない落ちこぼれで、生きてる意味ない……悲しい……つらい……」と自己憐憫、自己嫌悪に浸って生きてきたけど、

それって結局は自己陶酔だったんだなと気付いた話です。

気付いてやめてみたら嘘みたいに楽になった。

「私もまさにそれかも! 私もそれやめて楽になりたい」という人向けの記事です。

「才能もセンスもない私が努力しても無駄」という言い訳と自己陶酔

読んでて腹が立つと思うけど、昔の私についてもう一度書いておく。

20代の頃、絵を描いたり小説を描いたりシナリオスクールに通ったりして、何かどれかの方法で30代までには特別な人間になりたい、なれるんじゃないかと思っていた。なれなかったら生きてても無駄だから人生終わりにしようくらいに思っていた。

そもそもまわりのすごい人についていけないのが怖くて美大への入学を辞退し普通の大学に行ったくせに、まだ絵を諦めてなかったのだ。それでダメなら小説とか、シナリオライターでもいいや。とにかく人よりすごい何かになりたい。アドバンテージを取りたい、という気持ちだった。

まあ当然、たびたびプライドがへし折られたり、挫折のチャンスが訪れます。

まわりの人が、言いにくいこともたくさん言ってくれた。

「高橋はあれになりたいこれになりたいって言うわりに何も努力してないじゃん。なれるわけないよ」

「小説家は『何枚書かなきゃ』とか思わないんだよ。書かずにおれないから書くんだよ、高橋そういうのないでしょ? 偽物だよ」

「高橋は私のことそうやって妬むけどさ、言っとくけど私、あなたよりよっぽど努力してるよ」

そのすべてを私は「嫌なことを言ってくるバカ」「ムカつくバカ」として切ってしまったのでした。〜完〜

になればまだよくて、人生は続いて行く。

そして私は「だけどもしかしたら才能とセンスがあるかもしれない。なんかのきっかけで花開くかもしれない」という根拠のない望みにすがり、大した努力もせず(※1)、つらいときは「どうせ私は才能もセンスもないし……ダメな自分は生きている意味ない……」とイジイジと枕を濡らすのが気持ちよく、そのままなにひとつ得るものなくひたすらムダに年をとっていった。

※1 一日5時間くらい自己流でバカスカ描くとかは努力ではなく、現実逃避だったと思う。講座に行ってコテンパンにされるとか、上手い人と評価し合って真似し合うとか、そういうのは一切しなかった。なぜなら自分の下手さを思い知るのがこわいから。

なにも努力していなかった

「チヤホヤされる絵描きになりたい」と思って、それがかなわない場合どうするかというと、努力すればいい。

「高橋はあれになりたいこれになりたいって言うわりに何も努力してないじゃん。なれるわけないよ」

と人から言われたときに、

「はあ!? 人一倍努力してるし!」とムカッときた。

一日5時間自己流で、人にも見せず、添削にも出さず、うまい人に習うこともせず、エンエン描き散らかすのを努力だと思っていた。

だってコンクールに出したり、うまい人に習いに行ったり、添削してもらったりすると、自分がたいして上手くないことを思い知ってしまう。だからしなかった。

(そもそも「周りにうまい人がいっぱいいて挫折するのがこわい」という理由で私は美大から逃げている。)

そりゃなにがしたいんだおまえはってぶっ飛ばしたくなるよね。

たいして絵なんか描きたくなかった

一人の友人(向こうは友人とは思ってなかっただろうけど)から言われた、

「小説家は『何枚書かなきゃ』とか思わないんだよ。書かずにおれないから書くんだよ、高橋そういうのないでしょ? だからダメ。偽物だよ」

という言葉。彼女は創作の道を目指して切磋琢磨していたけど、本気の人間と自分の違いをハッキリとわかってしまったことで自分の進む方向を考え直した人だった。

だから私の「『絵を描きたい』のではなくて『絵描きになりたい』だけ」というのをすぐに見破ったんだと思う。

『絵を描きたい』のではなくて『絵描きになってチヤホヤされたい』というのでも全然いいんだけど、私の場合は「そんなことないですよ、私は絵を描きたいんです。別にチヤホヤされたくありません! 結果としてチヤホヤされるなら、まあ、受け入れないことはないですけど(チラッチラッ」みたいな感じだったからぶっ飛ばしたくなるね。

コンプレックスだらけの私は「何かの方法で人より特別になりたい、人より上の立場になりたい」と思ってただけで、たいして絵なんか描きたくなかったんだ。

最後の手段、「どうせ才能もセンスもないから努力しても無駄」

当然のことながらなんの成果もあげられず、ただひたすら歳をとっていったわけですが。

そういうときに最後の手段「どうせ私は才能もセンスもないから努力しても無駄」。

何も芽が出ず、今こんなにみじめな状況なのは私のせいじゃない。

私にセンスと才能がなかったからだ。

ああ、かわいそうな私……。(見てくださいこれが自己陶酔ですみなさん)

と言って毎日布団に入るとイジイジ泣いて「ああ、朝が来なければいいのに」みたいに絶望して、でも朝になったら起きて……みたいなことを繰り返してムダに歳を取った。

ぶっ飛ばしたくなるでしょほんとに。

自己陶酔に浸ってしまっていないか?

小林秀雄がこんなことを言っている。

自己嫌悪とは自分への一種の甘え方だ、最も逆説的な自己陶酔の形式だ

人生の鍛錬―小林秀雄の言葉―(新潮社)

自分という普通でたいしたことない人間は、特別なところがなく、特に自己陶酔できる要素がない。

なので、自分の悪いところを掘り出して「私にはこんなダメな部分がある。ほんとヤダ、最悪」と思うことで、「こんなダメな自分は最悪だ。ダメすぎて特別だ。特別な人間だからこんなふうに悩みが深いのだ……」と自己陶酔するというわけだ。

小林秀雄がこんなふうに書いているくらいだから、ちょっとおごりたかぶった人の中ではよくあることなんだと思う。

なまじっか小さい頃からできが良かったり褒められたりして育っていると、大人になっても今さら自分がただの凡人だって認められなくてこうなりがちなのかも。

自分はたいしたことないんだ、ということにまずは気づくと楽になる

上で書いた逆説的自己陶酔の、

自分は普通でたいしたことなくて、自己陶酔できる部分がない

じゃあ悪いところを見つけ出してそこに陶酔しよう!

これって、どう考えても健全じゃない。

だから、

自分は普通でたいしたことなくて、自己陶酔できる部分がない

ということに、きちんと納得できればそれでハッピーエンドなわけだ。

自分のできることとできないことをハッキリさせると楽になる

とは言え「プライドを守り続けて十何年、挫折を避けまくって生きてきました。このプライドは絶対に折らせない!」みたいな私のような人間だと「自分は普通でたいしたことない」って納得するのはものすごく大変だろうと思う。

私もまだまだこの調子で死ぬまで粘るイキオイだった(だからあんまり長く生きたくないな……と思ってた)んだけど、あるとき知人からデザインの仕事を斡旋された。

なかば強引に、うまいこと逃げ道を塞がれて、その状況を正確に言うならば「無理矢理デザインの仕事をやることになってしまった」。

しかしこれはたぶん、私の人生で最も価値と愛のあるプレゼントだったのです。(先方にそんなつもりは全くないだろうけど)

デザインの仕事で私はたくさんの恥をかき、わからないことを訊き、できないことを思い知らされ、自分は普通以下で、たいしたことない人間なんだということをじっくりと思い知った。

自分は普通でたいしたことなくて、自己陶酔できる部分がない

けど、これでいいのだ。ということを。

この経験は自己評価をどん底まで突き落としただけだったのかというと決してそうではなく、「私はここまでしかできないけど、今この段階の自分を必要としてくれる場所がある」という、今まで経験したことのない救いを感じることができた。

なので私は、絵に対する入り組んだコンプレックスを持っちゃっている人にこそ「仕事として絵を描く体験してみると楽になるかもよ!」と勧めたいのだ。

カレーライスを作りたい人が人員を募集しているとする。

今までの自分は「私はカレーライスなんか作れるか分からない。自分に何ができるかも分からない。何もできなかったら恥ずかしい、ジャマになったら恥ずかしい」といって応募せず、「ま、カレーライスくらい作ろうと思えば作れるけどね」とうそぶいて終わりだった。

今の私は「私は今ジャガイモしか持っていないけど、ジャガイモの皮を剥いて切ることはできます」といって応募することができる。

また、「私がカレーライスを一人で作るには、あと何が足りないのか」ということもわかるし、材料を集めるなり調理の仕方を誰かに習うなりできる。

カレーライスではなくポテサラに路線変更をすることもできる。

今の自分がたいしたことないってことを受け入れて、それでも今の自分に何ができるのかを正しく知ることで、人として健全に存在することができるんだと思う。

タイトルとURLをコピーしました